10月2日 道重さゆみのブログ再生記念日に改めてメンバー公式ブログの意義を考える

10月2日。それは、モーニング娘。を卒業してから2年近くにわたって沈黙していた道重さゆみのブログが、突然、更新を再開した記念日である…と、当の道重さゆみが、自らブログを更新してお知らせしてくれている。

休業してからずっと更新していなかったブログを約1年10ヶ月ぶりに更新した、去年の今日

すっごく緊張した(笑)

めっちゃ手震えたもん

道重さゆみ オフィシャルブログ サユミンランドール 『みなさん』 (2017-10-02 12:11:3)より

現在では、ほとんどのハロプロメンバーが公式のブログを開設して、日々の活動報告や日常のおしゃべりなどを、それぞれに味のある語り口で届けてくれている。こうした今でこそ当たり前となったメンバーブログのきっかけとなったのが、道重さゆみだった。メンバー公式ブログを開設することについて、様々な事情から当初は事務所側は前向きではなかったようだが、それが認められたのも(道重ブログ開設の経緯を本人が当時ラジオで語った限りでは)ブログでファンとの接点を持ちたいと道重が懸命に訴えた結果であったらしく、単純にきっかけであるだけでなく、道重さゆみこそは、そもそものメンバーブログというコンテンツの開拓者とも言えるだろう。
しかし、そんな道重のブログは、卒業の翌日(2014.11.27)の更新を最後に、沈黙していた。
それが、2年近い沈黙の後、当人の「再生」に先立って、なんの前触れもなく更新され、ブログエントリーの頭文字を連ねて「再生」のメッセージを象りながら、カウントダウン風の更新が続いたことは記憶に新しい。

その2016年の10月2日に、突如更新されたブログがこちら。

お久しぶりです。

更新、、、してみた。

道重さゆみ オフィシャルブログ サユミンランドール みなさん (2016-10-02 12:28:40)より

そのブログ再生記念日でもある2017年10月2日のエントリーでは、ブログ「再生」の裏話風に、饒舌な道重の「おしゃべり」が綴られている。

ブログをいきなり再開したときのリアクションがすごくて「すっっっごく嬉しかった」こと、ただ単純に更新するのではなく、ちょっと意味のあるものにしようと思ってカウントダウン風にしたところ、「思ってた以上にすぐバレた」ことから、ファンのみなさんを甘く見すぎていたことに触れつつ、「何か愛感じた」こと、そして、待ってくれている人がいることを改めて実感できたことなどが語られている。

待ってくださってる方がいっぱいいてくれたんだなって、ありがとうって心から思ったし、
待たせてしまってごめんなさいって思ったし、
何より早く会いたいって思ったなぁ

道重さゆみ オフィシャルブログ サユミンランドール 『みなさん』 (2017-10-02 12:11:3)より

続けて、「楽しい事も嬉しい事もたまには嫌な事も」、人生、いろんなことがあるけれど、「いつだって頭の中に浮かぶのはやっぱりファンのみんなの顔」だと、改めてファンへの感謝を述べている。

公式のブログがしばらく更新しなかっただけで、やれ「卒業か」と過剰に先回りして身構えてみたり、無理に周辺事情とブログの内容を絡めてみては「病んでる」などと評してみたりと、アイドル活動の一貫として公式ブログが認知度を高めるにつれて、むしろファン側が変に依存してしまっているような観もないではない。そして、当初、事務所側が積極的ではなかったように、メンバーのプライベート情報が漏れてしまう、うっかり発言で炎上してしまう、などでブランドイメージが毀損されかねないという意味からも、メンバーが書いているブログは、危ういセキュリティホールとなる危険性は常にある。

しかし一方で、ブログに寄せられるファンの声は、ときに挫けそうになる日々にあって自分を支えてくれていると、多くのメンバーが伝えてもいる。他にも、多くのハロメンOGは、ブログだけでなくインスタグラムにも進出し、インスタグラムに寄せられたコメントに対して、嬉しそうに「コメント、ありがとう」という趣旨のブログを更新したりもしている。

そんな道重さゆみのブログが更新を「再生」した記念日である10月2日、改めてファンのみなさんへ向けて、こんな言葉が綴られている。

これからもこんな私ですがどうぞよろしくお願いします💓

(文=椿道茂高)

エンタメアライブでは、皆様からの投稿を募集しています。
詳しくはこちらを御覧ください『寄稿について

No comments yet.

Leave a comment

名前*必須