モーニング娘。’17 佐藤優樹 2月下旬までステージ活動休止

2016年末より「急性腰痛症、腰椎椎間板ヘルニア」としてステージ出演をセーブし、経過観察中だったモーニング娘。’17 佐藤優樹について、予告されていた「再診察の結果」が1月6日に発表された。
結論は、「ステージ活動を再開できる状態ではない」とのこと。

1月4日の再診察の結果、現状ステージ活動を再開できる状態ではない、と診断されました。
公式サイトニュース モーニング娘。’17 佐藤優樹 ステージ活動休止のお知らせ

再診察の結果、「普段の生活に支障はないものの、ステージでのパフォーマンスをすぐに再開すると近いうちに再発する恐れがある」とのことで、2017年2月下旬までの活動をお休みし、再発防止のための筋力トレーニングに励む、とある。

幸い、再起不能といった絶望的状況からはほど遠いようだが、佐藤優樹は過去にも同様の腰の故障を経験しており、今回が懸念される「再発」であるということもあり、過去には足の故障を結局はリカバーしきれず卒業していったメンバーもいることから、心配するファンの気持ちは晴れないようだ。

モーニング娘。’17 佐藤優樹といえば、生来の天真爛漫さに加え、その成長過程で培ってきたメンバーとの信頼や、自由に振る舞ってもなんとなく許される絶妙な加減の察知具合などが特徴だ。モーニング娘。の「幸せの風景」やメンバー同士の切磋琢磨の緩和剤として欠かせない存在でもあった。ステージのパフォーマンスにおいては、荒削りながら、そのボーカルやダンスの緩急における「天然」の嗅覚が、モーニングの迫力のステージを構成する必須の要素ともなっているだけではなく、近年になって、時折見せる表情の、その消え入りそうな美しさに刮目するファンも増加していたところだった。

そんな大事なメンバーがしばらくステージに登場できないことは、大きな痛手でもある上に、上述の経緯を踏まえ、ハロプロのステージがアスリートも真っ青の過酷なものであることの一端を知るファンにとっては、やはり心配は募るところだろう。

しかし、その天真爛漫さで、ステージどころか、しっかり編集の手が入っているはずのDVDの企画すら「かきまわし」、時には「台無し」にしながら、一方の天然の嗅覚によって、当初の企画以上の面白さであったり感動をもたらしていた佐藤優樹は、多くのファンにとって、良い結果に転ぶばかりでもないと知られながらも、その言動に【嘘がない】と信頼されてもいる。

その佐藤優樹本人は、現状について、公式のニュースに加え、個人のブログで次のように語っている。

辞めた方がいいょって思う方もいると
おもいます
でも
ここでモーニング娘。諦めることができません
モーニング娘。天気組オフィシャルブログ 今日から>_<佐藤優樹chan

自分流に周囲をかき回しながら、それでもモーニング娘。の活動については常に大事に守り続けてきた佐藤優樹。個別握手会ではブースに収まりきらないほど自由である一方で、その言動の真っ正直さと嘘の無さが、かえって信頼されている「まーちゃん」こと佐藤優樹。そんな彼女がここまで言うのだからと、しばし、その心配を押し殺して、まーちゃんの復帰を待ちたいところだ。

(文=ニュース部 ハロプロ担当)

エンタメアライブでは、皆様からの投稿を募集しています。
詳しくはこちらを御覧ください『寄稿について

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ

名前*必須