道重さゆみ、再生直前についに写真公開!

18日のヤングタウン土曜日出演、19日からの COTTON CLUB でのイベントと、順調にカウントダウンを刻んでいた道重さゆみの再生だが、ここへきて、ひとつ大きな節目を迎えたようだ。

2016年10月に更新が再開されてから自身の「再生」に向けて大事なお知らせの都度、更新を重ねてきた公式のブログに、ついに写真が掲載された。

もうすぐ道重再生です!!!

写真、、、あげてみた。
道重さゆみ オフィシャルブログ みなさんより

現時点(2017.3.17.12.43)で公式ファンクラブの m-line の肖像イメージも差し替えられている。

上記のように更新を重ねてきた公式ブログにも頑なに写真をアップせず、ブログに自撮り写真がアップされないどころか、再生のイベントでのグッズ紹介ですら、写真は公開されていなかった。

もちろん、こうした写真が、卒業後2年を経て、今まさに再生せんとしている現在の道重さゆみを写し取ったものであることは明示されていないため、自他ともに認める可愛さの化身であると同時に卒業間際には美しさの化身ともなっていた道重さゆみの、その昔日の未公開写真である可能性は絶無なわけではないが、ここへきて、そんな持って回ったことをする必要もないだろう。これが現在の道重であると見て良い。

卒業以降の沈黙期間中に道重と接触した数少ない後輩の中からは、いずれもラジオでの発言として、飯窪春菜や石田亜佑美から、維持しているとか衰えていないとかではなく、むしろ磨きがかかっている旨の証言があったが、一部には「ついに髪を染めたのではないか」「季節的に、さゆが丸くなる時期だ」といった不安も表明されていないではなかった。
そんな不安を払拭するような、変わらぬ、いや、むしろ磨きがかかった道重さゆみの姿が公開されたということになる。

冒頭で述べたとおり、いよいよ道重さゆみは再生する。
しかし、そんなタイミングだからこそ、一部のネット上では、上述の不安にからんで「2年ぶりに、さゆの顔を見るのが怖い」といった話題も出ていたところだった。そうした不安や話題にターゲットを合わせてきたかのような【ここへきて】の写真公開は、ネットパトローラーを自認する道重当人の思惑が働いているかのようだ。
相変わらず、ネット上でのファンの動向をウォッチして、くすくす笑いながら、いろいろな仕掛けを考えているのだろうか。

そう考えた場合、このほど再生する道重さゆみは、思った以上にファンが愛した「あの」道重さゆみのままであるとも言えるようだ。2年という月日にも拘わらず、かえって磨き抜かれたその美貌と同様に。

(文=ニュース部 ハロプロ担当)

saisei

価格: 3,963
出版社/メーカー:アップフロントワークス(ゼティマ)
発売日: 2015/02/11

出版社/メーカー: ワニブックス
発売日: 2014/10/26

出版社/メーカー: ワニブックス
発売日: 2013/1/27

価格: 2,700
出版社/メーカー:ワニブックス
発売日: 2011/10/27

価格: 3,342
出版社/メーカー:ZETIMA
発売日: 2014/11/19

価格: 3,240
出版社/メーカー:ワニブックス
発売日: 2013/10/27

価格: 3,000
出版社/メーカー:ワニブックス
発売日: 2014/10/26

価格: 1,500
出版社/メーカー:ワニブックス
発売日: 2014/7/13

エンタメアライブでは、皆様からの投稿を募集しています。
詳しくはこちらを御覧ください『寄稿について

No comments yet.

Leave a comment

名前*必須