ひなフェス併設 SATOYAMAイベントのタイムスケジュール発表

ハロー!プロジェクト総出演でお届けされる春の祭典『ひなフェス』に併設される入場無料のSATOYAMA & SATOUMI イベント。
例年、メインのイベントステージだけではなく、協賛の自治体や企業ブースの売り子さんとしてもハロプロのメンバーが顔を出すとあって、ファンの注目を集めてきた。

そんな SATOYAMA & SATOUMI イベントの、2017年のタイムスケジュールが公開された。

例年と同様のラインナップもあれば、℃-ute 矢島舞美中島早貴がレギュラーを務める番組のイベントが新規に追加されていたり、例年ほぼ皆勤に近かった Berryz工房 熊井友理奈が宇治市のブースでしか名前が出ていなかったりと、微妙な変動も見て取れる。
また、例年同様のラインナップでも、担当してくれるハロメンが変化していて、今年ならではのステージも期待できそうだ。

これらイベントは観覧無料だが、大部分のイベントには“優先観覧エリア”が設けられている。その優先エリアに入場するための“優先入場券”は、イベントがスタートするよりもずっと朝早くから配布されるのが常であったが、今年も朝8時からの配布となるようだ。
ただ、昨年までと異なる点として、例年ならば優先入場券はイベント毎に指定する方式で、2つ以上のイベントの優先入場券を手に入れようとするなら配布列に並び直さねばならなかったところ、今年は「3種の優先入場券と2回の入替え」との記述があり、イベントによって優先入場券を指定できるのかどうかは、わからない。当日、配布デスクに陣取るスタッフに十分確認する必要があるだろう。

一方、メインのステージでイベントが開催されている間にも、イベントのステージに登壇しないハロメンが協賛団体のブースに出没し、その出没のタイミングは、まったく読めないことから、特に優先入場券を確保せず、会場内を遊弋していた方が結果的に満足度が高いとする意見もある。さらにグループによっては、この『ひなフェス』近辺の日程でリリースされるCDの販促握手会も過去にはあったが、これらについては、まだ情報は公開されていない。こうした握手会がある場合は、握手会場と SATOYAMA & SATOUMI イベントの行き来も考慮しなければならなくなる。

このように、イベントスケジュールが公開されたからといって、それだけで当日の最適ルートを導くことは出来ず、場合によっては、いろんなものを断念しなければならないのが  SATOYAMA & SATOUMI イベントではある。しかし、それでも、メインのイベントステージに「誰が」「何時から何時まで」登壇しているかを把握しないでは、協賛団体のブースへの出没可能性を推し量ることもできない道理だ。

今年も、公開されたイベントスケジュールを睨みながら、幕張メッセ 国際展示場 2・3ホールで足を棒にして右往左往するファンが大量発生しそうだ。

(文=椿道茂高)

エンタメアライブでは、皆様からの投稿を募集しています。
詳しくはこちらを御覧ください『寄稿について

No comments yet.

Leave a comment

名前*必須