稲場愛香ファンクラブツアー in 北海道 開催決定!

ハロー!プロジェクト所属のアイドル、稲場愛香のファンクラブツアーが決定した。

6/16(土)~6/18(月)で
2泊3日の
ファンクラブツアーが
決定しました~

稲場愛香オフィシャルブログ まなかんめもりーず な、なんと!!

稲場愛香ファンクラブツアー in 北海道~のっこり とうきび けぇ!~ 開催決定!
ファンクラブニュース 稲場愛香ファンクラブツアー in 北海道~のっこり とうきび けぇ!~ 開催決定!

それは、土・日・月の日程で、各地の空港から北海道に集合して二泊三日でファンクラブツアーが開催されるというもの。(イベント名の「のっこり とうきび けぇ!」は、北海道弁で「たくさんトウモロコシを食べてね!」といった意味)

一定の固定ファンが見込めるハロプロOGでもなく、誕生日イベントでもなく(稲場の誕生日は12月)、現役メンバーがソロで、というのは、前例がないわけではないが非常に珍しい。また、これまでも平日にファンクラブバスツアーが開催される例はあったが、それらは SATOYAMAイベントとの連携があったり一泊二日だったりしたので、土日を含めた二泊三日で平日にはみ出す日程は、かなり異例だ。

確かに、ダンスを中心としたパフォーマンスの冴えや、愛らしい表情、舞台での演技力やステージでの立ち振る舞いまでがハイレベルで、アイドル的才能の塊とも評された稲場愛香であれば、多くのファンの参加が見込めるだろう。
一方、好評だった舞台を中断し所属していたグループを脱退して療養に専念しなければならなかったこともあって、その療養環境を望ましいものに保つ必要から、地元の北海道が活動の中心となっていることで、ファンクラブツアーの行き先が北海道であることも頷けるところだ。

と、このように、考えてみれば至極順当なものであるはずの稲場愛香のファンクラブツアー開催の知らせだが、いま一つ “異例” との印象はぬぐい難いものがあるようだ。

それは、ハロコンや「ひなフェス」のステージで、一岡伶奈、高瀬くるみ、清野桃々姫らと一時的なユニットを組んでいたり、それが正式なグループになるわけでもなかったりといった、従来の “ハロプロのアイドルグループ” を応援する形に慣れたファンにとって、稲場愛香が活動を再開してからの変則的な露出にも由来するのではないだろうか。
だから、これまでも例がないわけではないソロのファンクラブツアーだったり二泊三日のツアーといったものが、ことさら異様に感じられるのだろう。
いわば、活動を再開してからの稲場の露出そのものが、従来的なハロプロの枠組み内では、上手く位置づけられない、と。

しかし、まさにその変則的な活動ともされる、その一時的なユニットを組んでいた一岡、高瀬、清野について見れば、それこそ “これまでになかった新しい形でのデビュー” が公式にアナウンスされてもいる。「身体表現」に主軸をおいた「パフォーマンス集団」や「小劇団」のイメージが目指されるといったように、それこそ「従来の “ハロプロのアイドルグループ” を応援する形に慣れたファン」にとって、新しい形こそが提案されるようだ。
また、アップフロント全体を見渡しても、一時期のハロプロを牽引した知名度の大きいOGについても、それぞれに新しい形で “アイドル以降” の様々な活動の形が模索され、積極的に押し出されてもいる。

こうした背景から、この稲場愛香ファンクラブツアー開催もまた、従来通りではない新しい形での提案の一環であるとも受け取れる。

そうであれば、きっと二泊三日のツアー日程中も、「従来の “ハロプロのアイドルグループ” を応援する形に慣れたファン」にとって異例とも思える企画が準備されているのかも知れない。
それこそ “アイドル的才能の塊とも評された稲場愛香” のソロファンクラブツアーでもあればこそ。

ファンクラブ限定のツアーだが、今からファンクラブに加入しても間に合うようだ。申込用紙は上記のリンク先(こちら)からダウンロードできる。

(文=椿道茂高)

エンタメアライブでは、皆様からの投稿を募集しています。
詳しくはこちらを御覧ください『寄稿について

No comments yet.

Leave a comment

名前*必須