つばきファクトリー1st アルバム 11月14日発売決定に伴う情報公開に響くファンの悲鳴!

その公式の第一報がもたらされたのは、2018年10月1日(日付が変わって2日)深夜放送の『The Girls Live』にて。

これまでも非公式にファンのSNS経由で未確認情報が拡散していたものの、それはファンがCDショップで目にした “新譜リリース予定” といった店内掲示を根拠としたものだったので、多くのファンは色めき立ちながらも、静観していたところだった。それが、ついに公式にアナウンスされる運びとなったようだ。
すなわち、つばきファクトリーの1st アルバム『first bloom』の発売が決定したのだ。

上記の通り、地上波の深夜番組上でメンバーたち自身によって告知され、続けて、公式サイトにも情報が公開された。

つばきファクトリー 結成以来初のオリジナルアルバムのリリースが決定しました!公式サイト ニュース詳細 つばきファクトリー 1stアルバム 11月14日(水)発売決定!!

この、つばきファクトリー1st アルバムは、2018年11月14日発売とのこと。
デビュー曲から最新のシングルにいたる楽曲だけでなく、ライブ現場で披露されながら正式に音源化されていなかった楽曲も収録されるという。その数、6曲とも云う。

この初音源化されるという6曲について、2月の記念日に初ワンマンライブ@ディファ有明で披露した『雪のプラネタリウム』、春の初恋ツアーで披露された『フリサケミレバ』と『ハッピークラッカー』に、現在開催中の秋の微熱ツアーで披露されている『可能性のコンチェルト』と『表面張力』までをカウントしても5曲にしかならず、熱心なファンほど「あと一曲は何だ!?」と右顧左眄しているようだ。

こうした初音源化だけでなく、初回限定盤には特典が満載で、公式のお知らせには “ジャケット撮影メイキング映像” や “3時間を超えるBlu-ray” といった文言も踊っている。

まだ公式サイト上には公開されていないが、メンバーによる報告では(「また一つ楽しみが増えましたね。浅倉樹々」)、初回限定盤には次のような特典が準備されているという。

初回生産限定盤A 初回生産限定盤B
  • メジャーデビュー以降のシングル曲全バージョンのMVクリップス
  • インディーズシングルのMV
  • ジャケット撮影メイキング映像
  • TV-SPOT映像
  • 「つばきインディーズ&カバーズ」と題したハロプロの楽曲カバー
    全11曲を収録したCD付き

これらの特典に、多くのファンが「待ちきれない!」との叫びをかみ殺していることは想像に難くないが、一層その懊悩が深まることには、発売記念の販促イベントも豊富に準備されているようで、先頃からメンバーのブログなどでも断片的に情報が公開されていた沖縄でのイベントも、この1st アルバムのリリースイベントとなるという。

メジャーデビューまでに、じっくりと時間をかけた雌伏の時期を取り戻すかのように、2018年になってからの活動が加速しているともされる つばきファクトリーだが、沖縄でのイベント開催は、メンバーたちが希望していたものでもあった(リーダー山岸理子が社長に直訴した形になった千夜一夜のレポはこちら)。

すでに秋ツアーのライブハウスツアーの落選祭で、熱心なファンからも悲鳴が聞こえていた つばきファクトリーだが、初めてのアルバムのリリースイベントに沖縄が加わって、また別の意味でもファンの悲鳴が響くことになるのかも知れない。その悲鳴が “嬉しい悲鳴” であることを祈るばかりだ。

(文=椿道茂高)

エンタメアライブでは、皆様からの投稿を募集しています。
詳しくはこちらを御覧ください『寄稿について

No comments yet.

Leave a comment

名前*必須