道重さゆみ、ファンクラブバスツアー開催決定で浮上するハロプロファンを悩ます新たな問題とは?

道重さゆみの2018年のファンクラブバスツアーが決定した。12月1日~2日の土日の週末、1泊2日で開催される。

道重さゆみファンクラブツアー2018 in浜松開催決定!FANCLUB NEWSファンクラブニュース 道重さゆみファンクラブツアー2018 in浜松開催決定!

道重さゆみのバスツアーといえば、2017年に長い沈黙から “再生” し、その12月に個人としては3度目となるソロバスツアーを伊豆で開催して、バス6台におよぶ衰えぬ集客力を示したことも思い出されるが、2018年のバスツアーの行き先は、浜松。募集定員を250人としており、昨年のツアーと同程度の規模が想定されているようだ。

その参加費用について、バスツアーの通例からすれば1泊2日の場合は6万円台後半が相場と見られていたところ、この道重の浜松ツアーは8万円台後半となっており、少々高めの金額設定であることを指摘する者もあるが、過去に道重さゆみのバスツアーに参加したことのある向きからは「そのホスピタリティと可愛さからすれば、全然安い」との声も大きい。

しかしながら道重のツアー開催が公表されて、ファンの間で一番に大きく響いている声は、そのツアー仕様や値段についてではない。
道重のツアーが開催される12月1日~2日にかけて、道重が巣立ったモーニング娘。は、秋ツアー『モーニング娘。’18コンサートツアー秋~GET SET, GO!~』の愛知公演、三重公演を予定しており、厳しい取捨選択を迫られるファンの痛切な声が確認できる。
他にも「熊井ちゃんのディナーショーと被ってるじゃん!」という者や、「さすがに つばきの岡山から飛んでゆくわけにはいかない…」という者など、切ない響きをネット上では採取できる。

そう、従来からハロプロOGの活動は盛んだったとはいえ、昨今、モーニング娘。の卒業メンバーも人数が増え、活動停止したり解散したりしたグループのメンバーも、その大部分が芸能活動を継続していたり、秋のフェスで復活するメロン記念日のように一時ハロプロと縁遠くなっていた者が戻って来たりと、昨今のハロプロ周辺にあっては、ファンが参加したいと望むイベントやライブなどの日程がぶつかってしまうことが、比較的大量に発生しがちなのだ。
それは、一時代を築いたOGたちの衰えぬ人気や、現役メンバーの先輩たちに負けない輝きによるものであるからには、ハロプロの隆盛を象徴するものでもあり、ファンとしても “嬉しい悲鳴” と言う他ないが、この日程被りの件は、近年のハロプロに静かに、秘かに忍び寄っていた “問題” として、いよいよ深刻なようだ。

とりわけバスツアーにあっては、ライブツアーや舞台公演のように複数の日程の中から取捨するわけにもいかないところが悩ましく、一方では、メンバーとの “距離の近さ” という点で、ライブツアーや舞台公演とは質の異なるファン体験ともなるわけで、ファンの取捨選択の悩みは一層深まるという次第。

衰えぬ人気で改めてファンを悩ます道重さゆみのファンクラブツアーは、12月1日~2日の土日で開催される。申し込みの締め切りは10月26日とのこと。

(文=椿道茂高)

エンタメアライブでは、皆様からの投稿を募集しています。
詳しくはこちらを御覧ください『寄稿について

No comments yet.

Leave a comment

名前*必須