More from: 小片リサ

つばきファクトリー 小片リサ 可愛くマニアックに「あざとい」バースデーイベント2017

先日の9月の、つばきファクトリー浅倉樹々ちゃんのバースデーイベントのレポでも同じ構成にしたような気がしなくはないけれども、2017年11月6日の月曜日に、半蔵門は Tokyo FM Hall にて開催された、つばきファクトリーの小片リサさんのバースデーイベントについて述べていくにあたって、まずはそのミニライブのセトリか…

続きを読む


つばきファクトリー メンバーもファンも最高だった秋の大感謝祭

非常に唐突で申し訳ありませんが、最初に印象的だったシーンを。 この日(2017年11月5日)は、つばきファクトリー小片リサさんの誕生日当日ということで、昭島市のモリタウンで開催されていたイベントの第三部は、小片さん自ら企画した『小片リサプロデュース公演』とのこと(詳細は後述しますね)。その公演の終わりのご挨拶で、小片さ…

続きを読む


日本有線大賞新人賞に、つばきファクトリー!

ハロー!プロジェクトの末っ子ユニット、つばきファクトリーが日本有線大賞新人賞に輝いた。 つばきファクトリーは2015年4月に結成されてから1年10ヶ月におよぶインディーズ活動を続けていたが、2016年の9月以降開催されていたファンクラブイベント「応援企画」などでは順調な集客による人気を示し、ついにデビューした2017年…

続きを読む


Radio NEO「HELLO! DRIVE! -ハロドラ-」大幅リニューアル

ハロー!プロジェクトのメンバーやOGが多数出演していたRadio NEO『HELLO! DRIVE!』が大幅にリニューアルする。 Radio NEO「HELLO! DRIVE! -ハロドラ-」リニューアル!! この「HELLO! DRIVE!」は、月曜から金曜までの帯番組として「平日夕方のドライブタイムに役立つ情報と音…

続きを読む


明日の希望による明日のドラマの予感 つばきファクトリー 2ndシングル発売記念スペシャルイベント

2017年9月16日、三連休の最初の土曜日に、つばきファクトリーの 2ndシングル発売記念のシリアルイベントが開催されました。 つばきファクトリーのシングル発売記念シリアルイベントといえば、楽曲にちなんだシリアスな寸劇が披露されるということで『シリアス』イベントとされています。このシリアスイベント、来月に向けて名古屋や…

続きを読む


笑顔で迎えてくれる嬉しさを つばきファクトリー『就活に ちょっと一息 浴衣day』

2017年8月12日の土曜日に、東京メトロ六本木一丁目駅から直結の(ま、長大なエスカレータを上り下りするけども)ベルサール泉ガーデンギャラリーにて、つばきファクトリーの2nd トリプルA面シングル『就活センセーション/笑って/ハナモヨウ』の発売を記念する「盛りだくさん会」が開催されました。 こちら、個別チェキ会や個別握…

続きを読む


心洗われる麗しき珠玉の数々 つばきファクトリー リリイベ in ららぽーと豊洲&池袋サンシャイン

紀貫之が古今和歌集假名序にて在原業平について評したものとされる『その情余りて詞足らず』(「そのこころあまりてことばたらず」)ですけども、「だって、ほんまに想いを伝えようと語り始めちゃったら、めちゃくちゃ言葉が必要になるんだもん!」といった具合にブーたれてる在原さんが脳裏に浮かびます。思わず歴史上の人物についてまで忖度し…

続きを読む


細部の些細な愛らしさこそ全て つばきファクトリー リリイベ in イオンモール幕張&後楽園ラクーア

リリース週を迎えて首都圏で怒濤のリリイベラッシュを展開する つばきファクトリー。発売日を異例のサンシャイン4回まわしのリリイベで終えた後も、ラッシュは緩みません。発売日の翌日の7月27日には、千葉はイオンモール幕張新都心にて、28日には、後楽園の東京ドームシティはラクーアにて、それぞれ2回まわしでミニライブ&握手会が開…

続きを読む


つばきファクトリーがリリイべで示した「プロ意識」と明日の希望 ~2nd シングル発売記念ミニライブ&握手会 in 大阪あべのキューズモール~

ハロー!プロジェクトの末っ子ユニット、つばきファクトリーの 2ndシングル 発売記念ミニライブ&握手会イベントが全国各地で開催されています。 ハロコンが7月15、16日の土日で大阪からスタートしてるもんだから、祝日の7月17日の月曜日には、そのまま大阪で、あべのキューズモール3階のスカイステージにて、ミニライブ&握手会…

続きを読む


つばきファクトリーのリリイべに見るハローの流儀 ~2nd シングル発売記念ミニライブ&握手会 in イオンモール木曽川~

℃-ute が解散し、嗣永桃子さんがステージを降りて、ホールツアーを打っても興業的に安定した集客が見込める「名のある」メンバーやユニットを失って、こうした「集客が見込めるかどうか」といった興業上の不確定要素があるからこそ、先般の「新体制」への移行も、さらなる再編への不安が払拭できないところです。 それでも【ハロプロは大…

続きを読む