More from: 演劇女子部

演者の成長を体感するという新体験/レポ:つばきファクトリー演劇女子部 「遙かなる時空の中で6 外伝 ~黄昏ノ仮面~」

はじめに 積み上げてきたからこそ響く魅力 ダリウス的には梓はどうでしたか? 東京公演の千秋楽(6/16)ダブル・カーテンコール(← って言うのかな?)での小片リサさん(梓役)が岸本ゆめのさん(ダリウス役)に向けて放ったセリフです(つまり、このセリフは「きしもんとしては、私、小片リサはどうでしたか?」と翻案できるわけです…

続きを読む


キャスト変更の功罪の「功」、小片リサと岸本ゆめの/レポ:つばきファクトリー演劇女子部 「遙かなる時空の中で6 外伝」

最初に結論から。いろんなことがありましたけど、そんな “いろんなこと” を受けて、しかし、こんなにも素晴らしい舞台を創り出している つばきファクトリーは、もう愛らしいばかりのユニットではありません。明らかに、つばきファクトリーはプロフェッショナルとして、腰の座った仕事ぶりを示しています。もう、初…

続きを読む


つばきファクトリー、先輩から照らされる健気な雰囲気も健在な、演劇女子部 公開記念トークショー@ハロショ その2

はじめに 司会進行 清水佐紀 トークショーの最後に司会の清水佐紀さんが「何か言い残したことがある人~~」と発言を促すと、元気よく手を真っ直ぐ上に挙げたのが秋山眞緒ちゃん。そして、嬉しそうに曰く「大好きな清水さんと一緒にお話しできて嬉しかったです」と。その秋山まおぴんの発言を受けてリーダー山岸理子ちゃんも「そう!うちら …

続きを読む


つばきファクトリー​演劇女子部に友情出演でハロプロメンバーの客演決定!

2019年6月6日より東京は池袋のサンシャイン劇場からスタートする、つばきファクトリー主演の演劇女子部『遙かなる時空の中で6 外伝』に特別企画としてハロプロメンバーの友情出演が決まった。 公演期間中 下記のメンバーが、日替わりで友情出演致します。 出演者達の演技にもご注目下さい。 公式サイト ニュース詳細 演劇女子部「…

続きを読む


この先の つばきファクトリー自体も楽しみになる演劇女子部『遙かなる時空の中で6 外伝』公開記念トークショー@ハロショ

はじめに:大丈夫だった つばきファクトリー 2019年5月9日の木曜日、つばきファクトリーが主演する演劇女子部『遙かなる時空の中で6 外伝』の公演記念トークショーが、秋葉原のハロー!プロジェクト オフィシャルショップ(以下「ハロショ」)で開催されました。 このイベントは、その前日にメンバーでエースとも目される浅倉樹々ち…

続きを読む


CAPTAIN 清水佐紀、そのグッズ展開から深読みするキャプテンの立ち位置とは?

ハロプロアドバイザーから転身し、ファンの前に戻ってきてくれた(活動停止中の)Berryz工房 キャプテンである清水佐紀のグッズが販売される。 ネイビーに黄色で CAPTAIN と、、、 黄色にネイビーで CAPTAIN  SAKI SHIMIZU OFFICIAL BLOG CAPTAIN 2種類の “CA…

続きを読む


演技を上書きするアンジュルムの圧倒的な個性 演劇女子部『夢見るテレビジョン』

アンジュルム主演の演劇女子部『夢見るテレビジョン』の公演が新宿の全労済ホール スペース・ゼロにて順調に日程を消化しています。 演劇女子部『夢見るテレビジョン』は、同じくアンジュルムが出演して大評判をとった『MODE』の、いわば業界を変えての変奏曲ともいうべきお芝居。出演は、アンジュルムのメンバーに加え、演劇女子部の石井…

続きを読む


元℃-ute矢島舞美 解散後初の舞台でBerryz工房 清水佐紀と共演!

元℃-ute リーダーの矢島舞美の、℃-ute 解散後のソロ仕事が決定したようだ。 11月に、BS-TBS の丹羽多聞アンドリウ氏のプロデュースによる演劇女子部への出演が告知されている。 現時点(2017.8.1 20:10)ではタイトルも未定だが、紀伊國屋サザンシアターにて全席指定で公演される。すでにファンクラブでの…

続きを読む


次のモーニング娘。の産みの苦しみへ 演劇女子部『ファラオの墓』

2017年6月2日から6月11日までの日程で、池袋はサンシャイン劇場にて、演劇女子部公演が行われています。今回の演目は竹宮惠子さん原作の『ファラオの墓』。 【太陽の神殿編】と【砂漠の月編】の2パターンの公演です。 原作者の竹宮惠子さんも大絶讃です。直接埋め込むのは何ですんで、竹宮惠子さんの絶讃Tweetをリンクしてみま…

続きを読む


どうやら本当に「正解」がない舞台 【観劇レポ】演劇女子部『ネガポジポジ』 in 池袋シアターグリーン BIG TREE THEATER

はじめに 正解のない舞台? 11月3日から池袋シアターグリーンでスタートしている演劇女子部公演『ネガポジポジ』、その公式パンフレットには、プロデューサーや脚本・演出の言葉が掲載されています。 かつて青山円形劇場で、Berryz工房の熊井友理奈さんを泣かせたことから、一部(含む投稿者)の怨嗟を浴びたBS-TBSの丹羽多聞…

続きを読む