療養中の稲場愛香、カントリー・ガールズを卒業

カントリー・ガールズの稲場愛香が、2016年8月4日をもってカントリー・ガールズを卒業することが発表された。持病の喘息の経過が思わしくなく今後のグループ活動に十分な参加が見込めないことから、グループを卒業するということになったようだ。

公式サイトの告知だけではなく、カントリー・ガールズのブログで、本人のエントリーとしても、プレイング・マネージャーの嗣永桃子のエントリーとしても、掲載されている。

卒業がアナウンスされた段階ですでに公式サイトのメンバー一覧からも名前が消え、グループのバナー映像も6人のものに差し替えられている。今後のハロプロのダンス・パフォーマンスの中核とも見込まれ、カントリー・ガールズの愉快なMCのリード役(劇団ももちの主演女優)としても得難い存在であった彼女の卒業のインパクトは大きく、ネットでも混乱の声や事態を受け止められないファンの悲痛な声が飛び交っている。

当エンタメアライブ ニュース部も、状況を見極められるまでは報じるに躊躇したのが本当のところだ。しかし、以下のことを述べたいがために、拙速を顧みず記事にした次第である。

公式のお知らせでは、西口社長のものとして、こう述べられている。

今後については、引き続き治療の経過を見ながら、稲場愛香としての活動の可能性を探っていきます。

カントリー・ガールズ 稲場愛香に関するお知らせより

この公式のお知らせには「グループの活動にもこれ以上迷惑をかけられない、という本人の気持ちも汲み取り」という文言も明記されており、むしろ事務所としては引き留めたかったのではないかとも読める。

また、ももち先輩は、ブログにこう書いてくれている。

元気になった時には、いままでとは形は違ってしまうけれど、また一緒にお仕事できたら嬉しいです。(中略)
これからもカントリー・ガールズそして稲場愛香の応援よろしくお願い致します。

ご報告(ももち)より

そして当人も、こう書いている。

今後の事はまだ決まっていませんが、私、稲場愛香を応援して下さった皆様に恩返しをしていける様な活動が出来たらなと思っています。
引き続き、事務所の皆様にお世話になりながら、今後の自分について考えていきたいと思います。

カントリー・ガールズ 稲場 愛香より

つまり、事務所の社長も、偉大なる先輩も、そして本人も、この卒業をもって稲場愛香という希有の才能がファンの前から姿を消してしまうわけではないと明言してくれているのだ。

全国を巡るツアーこそ、体調面から厳しいと判断されたのだろうが、「引き続き、事務所の皆様にお世話になりながら」とあるとおり、カントリー・ガールズこそ卒業するという判断に至ったものの、事務所から離れるわけではないことも読み取れる。
この先、どれだけ時間がかかるかわからないけれど、それがどんな形になるのかもわからないけれど、あの愛らしい笑顔に再会できる可能性は、まだ残されているということだ。

そう、このことをはっきりと明記しておきたいから、拙速を顧みず、記事を投稿した次第。ももち先輩が述べているように、今後も引き続き、カントリー・ガールズならびに稲場愛香の応援をよろしくお願いされている、と。

country

(文=エンタメアライブ ニュース部)

No comments yet.

Leave a comment

名前*必須