Juice=Juice宮本佳林、復活!ライブ全編に参加

1月に首の痛みを訴えて休養し、2月には突発性難聴と診断され、コンサート活動を制限していたJuice=Juiceの宮本佳林(19)が、とうとうステージにフル参加できるまでに回復した。

ハロー!プロジェクト公式サイトの発表によると「2月から部分的にライブに参加しており、その後の経過も良好なため」改めて医師、本人、両親とも相談し、決定したとのこと。3日宮崎、4日鹿児島で行われる『Juice=Juice LIVE GEAR 2018 ~Go ahead~』から全編参加した。

宮本本人も公式ブログで、「今日の宮崎県の単独ツアーから、フルで参加させていただくことになりました!ものすんごく、ものすーんごく嬉しいです!!」と喜ぶと同時に、「昨日今日と朝早くて筋トレサボってしまった、、取り戻さなきゃ、、」と、ストイックな体調管理を怠っていないことも語っている。

その後、メンバーの金澤朋子も「7人全員で全編パフォーマンスさせて頂くことができました。 かりんちゃんおかえりなさいっ やっぱりみんな一緒が1番だなぁ、と今日改めて感じました。」と報告している。

同じくメンバーの植村あかりは、「今日から、りんかがフルでライブに参加しました。りんかもすごい楽しそうにパフォーマンスしてたし。元気すぎて汗が 復帰を待っていた方も目がキラキラでした」とステージの様子を伝えた。宮本の復帰を祝うブログを更新したメンバーは多数いたが、植村は本人のステージ上での様子まで描写している。

「宮本佳林は、研修生期間も長く、デビューしてからも骨折してMVに参加できなかったりと、色々と不遇な子でした。今回の件も、歌手にとって致命的とも言える聴覚に関する症状でしたが、無事復活できて、本人はもちろん、ファンもメンバーも相当喜んでいますね。
メンバーブログでも多くのメンバーが復活を祝っていますが、中でも植村あかりだけが、喜ぶだけではなくステージ上での宮本佳林の様子を綴っているあたり、この2人の関係性が垣間見られて面白いですね。」
(Juice=Juiceをデビュー時から知るアイドルライター)

ただしグループの公式サイトの報告は「今後も参加の度合いについては、引き続き経過を見つつ医師とも相談しながらの判断とさせていただきます」と結ばれており、まだ手放しで喜べる状況ではないようだ。

(文=宮元 望太郎)


No comments yet.

Leave a comment

名前*必須