元モーニング娘。道重さゆみ 675日ぶりにブログ更新か??

道重さゆみのブログが、675日ぶりに更新された。

お久しぶりです。

更新、、、してみた。
道重さゆみ オフィシャルブログ みなさんより

道重さゆみの公式ブログは『サユミンランドール』、自身がプロデュースから関与した写真集のタイトルに由来している。

道重さゆみは、モーニング娘。の6期メンバーであり8代目のリーダーとして、ここで逐一形容するのが愚かしいほど、近代の芸能史に不滅の金字塔を打ち立てた不世出の伝説的アイドルであり、2014年11月26日の横浜アリーナ公演をもってモーニング娘。を卒業していた。
その2014年11月26日の横浜アリーナ公演が千秋楽となった2014年秋ツアーのスタート直後に「卒業後は、これまでアイドルとして突っ走ってきたこともあり、すこし休養しようと思います」とアナウンスしていた道重さゆみ。そのアナウンスが「あ、少しお休みするってだけで、そんな大げさなことじゃないから」と続いたにもかかわらず、その「休業」は、およそ2年に達しようとしており、この間、一部の後輩と極プライベートに接触していること、一部の先輩のお祝いに駆けつけていることのみ報じられ、ほとんど目撃情報すら飛び出してくることはなかった。

そして、かつて、あれほど熱望し、叶えられてからは精力的な更新を欠かさなかったオフィシャルのブログも、卒業の翌日(2014.11.27)の更新を最後に、674日間、一切の音沙汰がなかった。
しかし、休業以降、なんら情報が公開されることはないにも関わらず、多くのファンが道重さゆみのことを愛し続けていることが折に触れて明らかになるように、およそ2年にわたって放置されていたかのようなブログではあっても、アカウントが削除されることもなく、最後のエントリーのコメントも3万を越えていた。

そんな中、なんら前兆があったわけでもなく、突然の更新。
更新があった10月2日は、道重さゆみとモーニング娘。の歴史において、なんら記念日というわけでもなく、更新内容も、冒頭にあげたとおりのものだ。これを「そっけない」と評する者もあり、一方で「こうタイプしてる背後で、うっすら笑いを浮かべている さゆ の顔が思い浮かびます。道重さんのファンイジリは定評がありますからね」と、わずか2行の背後に道重さゆみの悪戯心と裏腹な小心さまで汲み取る向きもある。
すでに「おかえり!」と先走ったコメントを書き込むファンもある一方で、この更新が何かの前兆であるとは限らないと慎重に構える向きもある。

道重さゆみを敬愛するある芸能ライターは、こう語る。

「安易な推測は慎むべきでしょう。
それでも、参考になるかもしれない最近の事例をひとつだけ挙げておきます。
Berryz工房が活動停止してから、ずっとブログの更新をストップしていた最後のメンバーとなる菅谷梨沙子さんのブログが再開されたのは、つい先日のこと。それでも、仲間たちの節目となる大舞台に関係者席で目撃されることはなく、お姉さんメンバーの時に思わせぶりな、時に真摯な語りかけにも反応することはなく、ブログが再開されたからといって、ファンが待ち望んでいたような意味での活動再開というわけではないということが示されてしまったかのようでした。しかるに、先日、同じくBerryz工房メンバーである須藤茉麻さんのブログに、メンバーとのツーショットという形で、菅谷さんが登場しています。繰り返し、かすかな痛みと共に ”ファンが待ち望んでいたような意味での活動再開というわけではない” と覚悟した途端に、メンバーと一緒に写った写真が公開されるという顛末に、多くのファンが喜こび、安心し、慰められたことでしょう。かすかな痛みは、改めて『活動停止の悲しみ』として大きくなったかもしれませんが。
あくまで参考例として、そんなことを挙げてみました。
依然として、安易な推測は慎むべきです。」

更新されたエントリーには、更新されたタイミング(2016-10-02 12:28:40)から1時間半程度の時間(2016-10-02 13:59:35)で、すでに739件のコメントが寄せられ、夜には2714件にまで達しており(21:17)、今後どのくらいまで伸びるのか、想像もつかない。
その可憐さと美しさに「実在しているとは信じられない」とまで評された道重さゆみ。卒業から音沙汰のないまま 675 日が経過しようとも、多くのファンからは、今でも愛され続けているようだ。

(文=ニュース部 ハロプロ担当)

 

エンタメアライブでは、皆様からの投稿を募集しています。
詳しくはこちらを御覧ください『寄稿について

No comments yet.

Leave a comment

名前*必須