カントリー・ガールズ 森戸知沙希 待望のファースト写真集発売決定!

ハロー!プロジェクトのグループ、カントリー・ガールズの森戸知沙希が、初の写真集を発売することになった。

公式のニュース欄にはないが、リリース情報一覧で、次のような告知が確認できる。

撮影は約1年をかけ、四季折々の風景と共に行なわれました。
(中略)
16歳から17歳に向かう瞬間、軌跡と変化を切り取った珠玉の1冊です。
「カントリー・ガールズ 森戸知沙希ファースト写真集『森戸知沙希』」カントリー・ガールズ:リリース詳細|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト

森戸知沙希は、2016年の後半より、そのトレードマークでもあった愛らしいポニーテールを封印し(Dマガ Vol.51 では「変わったんだよ!」と何故かタメ口でカメラに発言する森戸の姿が収められている)、セミロングの髪をおろした姿があまりにも美少女すぎるとアイドルファン界隈の注目を集めていた。これまで、カントリー・ガールズに加入した初期の頃のご紹介DVDからミニ写真集が企画されたことはあったが、ついに待望の一般発売の写真集が登場するようだ。

アイドル本人の「人」としてのあり方こそがファンに愛される「アイドル家業」にあっては、写真集という部材の、その集金フックとしての効用については、非常に費用対効果が悪く、近年ますます収支をプラスに持ち込むことが難しい情勢が続いている。よほどの知名度があるメンバーであっても、撮影のロケが近場で済まされたり、海外や沖縄といったロケが選ばれる場合でも、撮影日数がごく数日しか取られない強行軍での撮影だったりと、その経費削減ぶりはファンにも周知されていた。しかし、ワニブックスの告知文による限り、森戸知沙希初の写真集は、充分にゆっくりと時間をかけながら製作されたもののようだ。

「ファンがお金を払う宛先として、CDだったり写真集だったりDVDだったりグッズなどがあっても、アイドルは、そのアイドルとしてある姿そのものが愛されているわけですから。
加入当初、まだまだ子供だった頃から、その可愛らしさには定評がありましたが、ファンがメンバーの「成長過程」をこそ愛するハロプロにあってすら、美少女としての成長著しいのが森戸さんであってみれば、その一番に変化したプロセスを追跡するのは、納得というか、むしろ当然でもありますよね。」

森戸知沙希の変化に刮目しているというファンは、上のように語るが、2月にはカントリー・ガールズとしての新曲も発売が予定されている。またワニブックスの写真集が発売される場合、関連するイベントも開催されることが恒例となっており、2月は、森戸もファンも、忙しい日々を送ることになりそうだ。

(文=ニュース部 ハロプロ担当)

 

 

エンタメアライブでは、皆様からの投稿を募集しています。
詳しくはこちらを御覧ください『寄稿について

No comments yet.

Leave a comment

名前*必須