新企画『ハロプロhere』から加賀温泉郷の『SATOYAMA&SATOUMIへ行こう2018』への出展まで

北陸は石川県にて粟津温泉や山中温泉といった複数の観光地を包摂する加賀温泉郷が、来る2018年3月31日よりパシフィコ横浜で開催される『SATOYAMA&SATOUMIへ行こう2018』に出展するようだ。クリエイターにしてCMプランナーの大久保浩秀氏のTwitterによってつぶやかれ、各地で話題だ。

これは、これまでも意図的にフライング気味に伝えられていた件の、最新の続報となる。つまり、モーニング娘。13期メンバーである加賀楓と、加賀温泉の「加賀」の名前が同じであることから、ポスターや販促グッズなど、加賀温泉のPRにモーニング娘。の加賀楓を登場させるべく、水面下で交渉を進めていたらしき案件の暫定的な結論と見て良いだろう。
ファンが思い描いていたような活動、たとえば加賀温泉郷のPRポスターや動画に加賀楓が登場したり、加賀温泉をフィールドとするお馴染みの DVD Magazine のロケであったり、北陸を中心としたモーニング娘。13期バスツアーといった展開が、依然として期待できるのかどうかは不透明だ。
しかし『SATOYAMA&SATOUMIへ行こう2018』への出展によって、アップフロントグループと加賀温泉郷との関係は、友好な方向で順調に強まっていると見て良いのではないだろうか。
今後、どのようなコラボレーションが期待できるかは、さまざまな大人の事情に左右されるとはいえ、少なくともパシフィコ横浜展示ホールの出展ブースへの加賀楓らモーニング娘。メンバーの降臨は期待できそうで、併設の『ひなフェス』ライブの開演時刻だけでなく、今後公開されるであろうイベントタイムスケジュールは、ファン必見となりそうだ。

さらに、この加賀温泉郷が所在する石川県は、Juice=Juice リーダーである宮崎由加の出身地でもある。その宮崎といえば、故郷石川への愛を公言し、Juice=Juice の DVD Magazine にあっては、一本まるごと石川県ロケで制作されたものもあったほど。

こうした経緯も影響してか、Juice=Juice だけに限らず、ハロー!プロジェクトの各ユニットが北陸(富山、石川、福井)でのライブをツアー日程に含めるケースも目立ってきている。

そこで注目されるのが、先日スタートした新企画『ハロプロhere』だ。

これは公式の企画紹介に次のようにあるとおり、広く海外にも働きかけ、積極的に現地のファンとの交流を図って、ハロプロのファン層の裾野を広げようという意図がうかがえるものとなっている。

皆さんの住んでいる場所の名物や名所と一緒に、
ハロー!プロジェクトファンをアピールできるものを撮影したムービーや写真に
ハッシュタグ「#hp_here」と共に、地名を入れて、どんどん投稿してください。

 公式サイト 新企画『ハロプロhere』 About

さらに、毎週配信されている公式のWeb番組でもこの新企画が紹介され、次のような紹介文の後半も告知され続けるとあっては、これは、単に、直接の交流を介して(海外まで含めた)ファン層の底上げ・裾野拡大が意図されているだけではあるまい。

盛り上がっている地域があれば、これからのツアーやコンサートでお邪魔するかもしれません

 公式サイト 新企画『ハロプロhere』 About

上述のとおり、ハロー!プロジェクト所属メンバーの出身地域への配慮やツアー日程への組込みだけでなく、いわば “苗字が同じだっただけ” というところから転がり始めた企画までも併せて考慮するなら、これはアップフロントグループが取り組む『SATOYAMA&SATOUMIへ行こう』というイベントの趣旨にも鑑みて、より広い視野で、日本全国の地域おこしに貢献しようと考えているのかもしれない。
また同時に、東京オリンピック絡みで首都圏各地のコンサートホールが続々と改修工事などのために閉鎖していく現状に鑑み、アップフロントグループが、これまで関係を持てていなかった各地の準ホールや市民会館などの発掘、連携などを目論んでいると見る向きもある。

この一連の動きが、地方在住でなかなか “遠征” も侭ならなかったファンや、ライブハウスツアー巡りが体力的にキツくなってきた年かさのファンにとっての朗報へとつながることを願いたい。

(文=椿道茂高)

エンタメアライブでは、皆様からの投稿を募集しています。
詳しくはこちらを御覧ください『寄稿について

No comments yet.

Leave a comment

名前*必須