ネタ動画『2nd Greeting ~嗣永桃子~』の完璧ぶりに「さすが嗣永プロ」と賞賛の声

YouTube『2nd Greeting ~嗣永桃子~』より

YouTube『2nd Greeting ~嗣永桃子~』より

ハロー!プロジェクトの5人組アイドル、カントリー・ガールズの嗣永桃子が、YouTubeの公式チャンネルで『2nd Greeting ~嗣永桃子~』を7月14日、公開した。

カントリー・ガールズは、2014年11月に活動開始したハロー!プロジェクトの新人グループ。「ももち」の愛称でおなじみ嗣永桃子は、Berryz工房の活動停止後はプレイングマネージャーとして参加している。

『Greeting』というのは、ハロー!プロジェクトが所属アイドルのデビュー直後に、顔見世的に発売する恒例のファンクラブ向けDVD商品だ。ごくまれに発売されないメンバーもいるが、基本的にはほぼ全てのメンバーが1回だけ制作する。(ちなみに嗣永のデビュー時には『Greeting』企画はなかったため、『1st』は存在しない)

今回は、カントリー・ガールズの森戸知沙希のDVD『1st Greeting』の撮影に同行した嗣永が、「ついでに」ということで撮られた企画映像とのことで、Web限定公開となった。
ブログで、嗣永桃子は冗談交じりにボヤいている。

これはね、
ちさきちゃんのメイク中とか
衣装チェンジ中とか
とにかく空いた時間で
暇してるスタッフさんが
撮った作品です。

ちなみに、ももち
メイクさんいないから!
ちさきちゃんはいるのに!
いわゆる自メイクってやつ!怒

カメラマンさん
メイクさんは
いわゆる素人。
プロはモデルだけ

一方、ネットでは、ギャグになってしまいそうな企画を完全にやり切る嗣永の姿勢と、ちゃんと「かわいい」アイドルとしても成立しているプロ意識に、「さすが嗣永プロ」と賞賛の声が集まっている。後輩の撮影のために富士山麓まで付き合う面倒見の良さも好印象だ。

本誌編集長の宮元望太郎も「ともすれば、かつての保田圭(モーニング娘。)のように、アイドル扱いされないポジションになりかねないのがこのプレイングマネージャーという立場ですが、そこを抑えた上で、かつギャグとしても成立していることを十分に意識しつつ、全力でぶりぶりアイドルをやりきって、『アイドルのイメージDVD風映像』というセルフパロディ作品に仕上げている。このアイドルスキルとバラエティセンスの高さは、やはり現在のアイドルシーンでは突出した存在ですね」と改めて高く評価した。

なお、当作品『2nd Greeting ~嗣永桃子~』は、森戸知沙希のDVDプロモーションを兼ねたネタ企画のため、販売の予定はない。

(文=エンタメアライブ ニュース部)

コメント

名前*必須