モーニング娘。10期ファンクラブツアー in 山梨 開催決定!

モーニング娘。10期メンバーによるバスツアーが決定した。

ファンクラブツアーとして、先だってリーダーの譜久村聖(9期)と石田亜佑美(10期)がバスツアーを開催していたモーニング娘。だが、今度は10期メンバー4人によるバスツアーを開催する。
10期バスツアーは、2017年の11月8日の水曜から翌9日の木曜までの、一泊二日。その日程では、最年少の工藤遥も18歳の誕生日を迎えており、21時というシンデレラタイムの制約は取り払われて、深夜にかけて十分な時間的余裕も持てることから、イベントの幅も広がることが予測される。

モーニング娘。10期メンバーは、飯窪春菜、石田亜佑美、佐藤優樹、工藤遥の4人。
モーニング娘。への加入は、2011年9月29日で、しばらくメンバーの変動がない時期を経験していたモーニング娘。にあって、9期が加入してからさほど間を置かずに、永らくモーニングを支えた高橋愛(5期)と入れ替わりで参加することになった。先輩である9期とも、それほど経験や年齢の差が大きくないことから、9期10期まとめて一部では「モーニング中興の貢献者」ともされる。
当人たちの証言としても、加入当初はよく同期で喧嘩していたという10期は、「同期の絆」として現在ではその仲の良さでも知られており、そんな10期のバスツアーともなれば、ファンの期待も高まっているようだ。

ハロプロのバスツアーに何度か参加してきた本誌ライターは語る。

「10期メンバーは、加入から6年を経て、個性が独特である点でも際立っています。
ハロプロの外に多くの知人を得るどころか芸能界の大御所の懐にも自然に飛び込む驚異のコミュ力を示しながら、意外に素の愛らしさを発揮している飯窪春菜さんや、現在のハロプロにあってダンスを初めとするフィジカル面で右に出る者がなく、厳しくも面倒見の良い先輩としての一面を見せながら、ところどころ “おばちゃん” 風味を強めている石田亜佑美さんなど、過去に類例をみない独特すぎる個性ですから、そんなメンバーが織りなす一泊二日のバスツアーは、きっと楽しいものになるでしょう。」

ネット上では「平日じゃん、なんとかならんか」、「(日程が近い)飯窪さんのバースデーイベントはどうなるのか」、「10期でバスツアーやるんなら12期のバスツアーも期待」、「小田ちゃんは、13期と14期を引率してバスツアーをすべき」、「い、い、今からファンクラブに入って間に合いますか?」など、様々な反応が出るなか、何よりも、この秋のツアーをもって卒業することがアナウンスされている工藤遥にとっての最初で最後の同期バスツアーであるという点でも注目されている。
「どぅのラストバスツアーなんだから、工藤遥ファンを優先してほしい」という声から、工藤遥の盟友(?)である佐藤優樹を心配する声まで出ているようだ。

「大人数の参加が見込めるバスツアーであれば、個々のイベントを一斉に開催することが難しく、参加者を複数のブロックに別けて、別々にオペレーションすることも多くなります。たとえば、あるブロックが昼食を取ってる間に別のブロックがイベントを楽しむといった具合に。そういった複雑なオペレーションに合わせて、メンバーたちも、昼食会場に顔を出したり、イベント会場に顔を出したりと、かなり忙しい移動や対応を迫られることになります。
そんなイレギュラーで忙しい対応に、天才肌ながら自由人すぎる佐藤優樹さんが、どこまで付いてきてくれるか、あるいは、まーちゃんの自由さや奔放さを邪魔しないように、まーちゃんに意識させないような変則的なオペレーションをどう設計するか。ひょっとしたら、卒業をひかえた最後のバスツアーなのに、工藤遥さんは、結局、最後まで佐藤優樹さんのフォローをし続けるばっかりの一泊二日になってしまうかも知れません。けれども、そうであってこそ、”まーどぅ” であるとも言えて、むしろ、まーちゃんに振り回される工藤さんこそ、求められているのかも。」(本誌ライター)

ハロプロのバスツアーといえば、事ある毎に蒸し返される戦慄のエピソードが依然としてネットを徘徊している。
しかし一方で、昨今のハロプロのバスツアーは、ファンイベントとしての企画やメンバーとの距離の近さも、ツアーとしての宿泊や食事も、大サービスであるとの評判も多い。
その上で、上述のようにファンに親しまれた個性が際立つモーニング娘。10期メンバーによるバスツアーならば、きっと素晴らしいイベントになるのではないだろうか。

(文=椿道茂高)

エンタメアライブでは、皆様からの投稿を募集しています。
詳しくはこちらを御覧ください『寄稿について

No comments yet.

Leave a comment

名前*必須