工藤遥、「ハルカメラ」発売記念握手会が占う “卒業後” という新しい形

2017年秋にモーニング娘。を卒業し、2018年春現在、日曜朝は地上波スーパー戦隊シリーズの『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』でも活躍している工藤遥が、メモリアルな写真集の発売を記念して、卒業以来初となる握手会を開催する。

2017年12月にモーニング娘。を卒業した工藤遥が自ら撮影したモーニング娘。メンバーのオフショットを中心に、工藤遥卒業前の最後の撮り下ろしショット、ラスト武道館公演、そして過去のソロイメージビデオ撮影時の秘蔵カットなどを収録したメモリアル写真集!!
 公式サイト ニュース 工藤遥「ハルカメラ」発売決定!!

この写真集発売を記念した握手会は、発売日からしばらく経った4月22日に神田神保町の書泉グランデにて開催される運びとなっていたが、それに先立つ参加券配布の段階で応募が殺到し早々に予定数に達してしまうほどの人気となっている。

参加券配付終了いたしました。(4月8日)電話・メール受付は終了しました(4月7日22:30更新)メールでご予約されたお客様へ(4月7日22:30更新)
 書泉 イベントページ 「ハルカメラ」発売記念 工藤遥さん握手会(神保町)

相変わらずの人気を誇る工藤遥であった…というだけなら、(その人気のほどは)当然でもあって、大きなニュースバリューがある話題でもないのかも知れない。
しかし、こと工藤遥に関しては、そのアイドルグループからの卒業以降の展開が特異でもあることから、この変わらぬ人気を示していることも別の角度から注目すべきだろう。

ハロー!プロジェクトは、複数のグループに所属する多数の女性アイドルを抱える一方で、近年は、一時期のハロプロを牽引した著名なメンバーの卒業が相次いでいる。そして、そうした卒業したメンバーの大部分が、ハロプロOGとして活動を継続している。しかしながら、ソロのタレントとしての活動を継続するにあっても、例えばモーニング娘。6期メンバーでありハロプロのファンを超えて大きな知名度を誇った道重さゆみは、活動を再開するまでに2年半におよぶ沈黙を続け、再開にあっても、さまざまなチャンネルを介して、その不安を吐露していた。また活動停止中の Berryz工房メンバーも、それぞれに現在の立場に落ち着くまでには(スムーズに立場を移行させた者でさえ)アイドルとしての活動停止から、幾ばくかの期間にわたって、いわば冷却期間ともいうべきインターバルを置いていた。グループの解散後、比較的すぐにソロの活動を展開させ始めた℃-ute メンバーも、従来のアイドルとしての活動時とは、登壇するステージも、ファンとの接点も、大きく変化することになった。

しかるに工藤遥の場合、その卒業に “哀切” な印象が一切なかっただけではなく、卒業直後に大きな仕事(毎週の地上波ドラマ出演)が告知され、ほぼ活動の切れ目なく、ほとんどインターバルを置くことなく、継続的にメディアへの露出を続けていた。
その上で、メモリアルな写真集の発売にともなって、久しぶりにファンとの接点を持てる握手会を開催するというところで、瞬殺に近い勢いで参加券の配布が定数に達するという、依然衰えぬ人気ぶりを示したというわけだ。

この工藤遥の卒業後の経緯は、繰り返し多数の女性アイドルを抱えるハロー!プロジェクトの今後の展開に大きく影響する可能性もある。少なくとも、アイドル “以降” を考えるメンバーたちの今後の大きな指針となることは間違いない(他の活躍中のOGと並んで)。

アイドルとしてモーニング娘。に在籍中も、ファンの人気もさることながら、モーニング娘。を超えて、ハロプロ内でのメンバー間人気をこそ誇った工藤遥。卒業後の現在も、その背中を多くの後輩が見つめているようだ。

(文=椿道茂高)

エンタメアライブでは、皆様からの投稿を募集しています。
詳しくはこちらを御覧ください『寄稿について

No comments yet.

Leave a comment

名前*必須