℃-ute矢島舞美、重い沈黙をやぶってブログ更新 「自分の気持ちに整理が付かず」

℃-uteのリーダー矢島舞美が、10日ぶりにブログを更新し、ファンの間には安堵の声が広がっている。矢島舞美は、℃-uteの中で最も頻繁にブログを更新しており、その更新も熱心な長文ブログだったり、ハロプロメンバー全員の誕生日を忘れずしっかり祝っていたりと、精力的なブログ活動で知られていたが、先日、メンバーの隠し撮り写真が掲載された写真週刊誌が発売されたのを期に、更新が止まっていた。

maimiblog久しぶりに更新したブログで矢島は、ファンの心配の声を意識しつつも、「それでも昨日まで、自分の気持ちに整理が付かずにいて、ブログの更新をお休みさせて貰っていました」と正直な心情を述べた。その整理がつかない気持ちについては、「今年の結成日に、これからもみんなで頑張って行こうと、改めて気を引き締め直したのに、解散発表をして、残りの時間は全力で応援して下さる皆さんに、『ありがとう。』を返して行こう!と言っていたのに、正直、やるせない気持ちになってしまいました。」と、写真週刊誌の件が影響していることを示唆している。

さらには、自身が在籍するハロー!プロジェクトの後輩たちに与える影響を考え、「このタイミングでハロー!プロジェクトを抜けるべきじゃないか?」とまで悩み、会社にも進退を相談していたことが明らかになった。別のメンバーの写真報道があった時に「次はない」とブログで断言してしまった以上、その「次」が発生してしまったことによって、身動きが取れなくなってしまったものと考えられる。会社との話し合いは、「最後までハロー!プロジェクトの℃-uteであり続けたい」との解散表明時の気持ちを組む形で、「最後までハロー!プロジェクトの℃-uteとしてやり遂げるべきだ」との結論に達したとのことで、予定通り℃-uteは最後までハロプロの筆頭グループとして走り続けることは決まった。

この10日ぶりの更新を受け、ネット上では
「こんな素晴らしいアイドルは後にも先にも舞美だけ」
「率直な気持ちを書いてくれてうれしい」
と素直に賞賛する声があふれる一方で、
「真面目すぎる」
「いつか心労で倒れるぞ」
と、ストイックに責任を背負い込む矢島の心労や精神状態を心配する声も多く見られた。
また、一部には、「舞美をここまで追い込んだことを考えると…」と、問題のきっかけとなったメンバーに対して複雑な思いを抱いたファンも少なからずいるようであるが、これはある程度いたしかたないことと言えるかもしれない。
「生まれてから一度も頭痛になったことがない」というほどの健康体で知られる矢島だが、精神面の負担は見えないところで蓄積していくもの。メンバー、事務所、ファンで支えていくしかないだろう。

音楽プロデューサーのつんく♂は、矢島の更新に先立って22日、Twitterでこんなつぶやきを残している。

卒業を発表すると注目させるのでついサービス過剰になったりもするが°C-uteに限らず、自分らしく最後まで進んで欲しい。なぜ辞めるのか、なぜ卒業を決めたのか。
そこに向かって欲しい。勿論ファンと真摯に向き合った上で。絶対に理解してくれるから。
13:27 – 2016年10月22日

このツイートは、14年前に℃-uteメンバーを見出し、以降ずっと見守り続けてきた立場からの、矢島への心温まるアドバイスであり、エールであると見られている。

(文=エンタメアライブ ニュース部)

コメント一覧

1 : avatarkogonil:2016/10/23(日)22:51:51

どうか、その美しい心に、必要以上の重荷を背負い込みませんように

コメント

名前*必須