モーニング娘。’15鈴木香音、10キロ弱の激痩せで明石家さんま愕然「何やせてんねんお前!?」

suzuki

モーニング娘。’15の鈴木香音がダイエットを断行、9kgの減量に成功していたことが分かった。
6月27日、2014年6月27日放送のラジオ番組「MBSヤングタウン土曜日」(MBSラジオ)で久しぶりに会った鈴木の異変に気づいた明石家さんまが「何キロ痩せた?」と聞くと、「9キロちょっと」と答えた。

番組のオープニングトークで、さんまが鈴木に話を振ろうとしたところで「お前どう思…!? 痩せたな、お前。」と鈴木の変化に気付くと、そこから体型トークが延々と続いた。

さんま「やせたな、お前。何やせてんのお前! お前、個性死ぬぞお前!」
鈴木「なんでですか」
さんま「お前俺、お笑いやったら説教な、終わってから!『何痩せてんねん、お前』って!」
鈴木「お笑いじゃなくてアイドルですから!」
さんま「何やせてんねんお前…」
鈴木「痩せたいから痩せました」
さんま「全然おもろないわ!」
鈴木「だってアイドルですよ!?」
さんま「お前はアイドルやろけど俺らは違うからね。アイドルとして見てない。全然面白くない!ちょっと綺麗になってしもてな、スタイルも良くなってしもてやな」
鈴木「やった!」
さんま「やったやないねん。個性死ぬぞお前」

と、さんまは執拗に”ぽっちゃり時代”を懐かしむが、鈴木の決意は固く「(太っていた頃に)戻りたくないです!」とキッパリ。

さんま「これだけ痩せて…何キロ痩せた?」
鈴木「今9キロちょっと」
さんま「そら10キロ弱痩せてもうたら雰囲気変わるよ。しゃあないな、鈴木も女やな。お笑い捨てたな、もうデブネタできなくなるで。」

さんまはさらに「太ってる頃に好きになったファンは悲しんでいるのでは」とまで食い下がったが、鈴木は「そういう方にも、今の自分を好きにさせてみせます」と断言した。

ネットでも、

「 9kgてマジかよ…この身長で9kg落としたら相当スリムだぞ」
「 痩せたらすごい美少女ってだって思いながら応援してたけど、実際痩せたらなぜか寂しい… 」
「 せっかくキャラ確立したのに、バラエティとかどうするんだろう」

と、”ぽっちゃりキャラ”を失うことへの不安の声と、

「 体型ネタでできる仕事はもうある程度やったし限界も見えた 」
「 やっと俺達の香音ちゃんが戻って来た!」
「実際、やせて美少女になってトークもできるならグループとして間違いなくプラス」

とダイエットの成功を歓迎する声と、両方の意見が見られる。

ダイエットと食生活に詳しい本誌ライターの宮元望太郎は、
「鈴木香音は、ミュージカルの選抜に漏れてから、『みんなが舞台に取り組んでいる2ヶ月の間に痩せる』と決意を固めていました。それ以来、あの日課のごとくカレーを食べていた鈴木が外食を一度もしていないというから、かなりの決意です。先日の、『テレ東音楽祭(2)』の出演時にも、あきらかに体型が絞れていましたね。それなりの期間をかけて、食生活の見直しや体幹トレーニングなどで痩せているので、急なリバウンドなどはなさそうです。」
と分析した。

一方で、”キャラ”を失うことについては、
「”ぽっちゃりキャラ”の喪失は確かにデメリットでもあるかもしれません。しかしアイドルにとって一番大事なのは、自信を持って心からの笑顔でステージに立つこと。鈴木香音は『ぽっちゃりキャラ』を解禁して笑顔を取り戻しましたが、どことなく無理をしているようにも見えました。やはり、本人が『なりたい自分』になって、自分を好きになった時こそが、アイドルが一番輝ける瞬間なのではないでしょうか。」
と持論を展開している。

鈴木は、本日(27日付)に久しぶりに更新したブログでも、『私の猛烈頑張る期はあともう少しだけ続きます』と最後の決意表明をしている。

(文=エンタメアライブ ニュース部)

コメント

名前*必須