℃-ute いよいよラストへ向けての日程が鮮明に

℃-ute のラストコンサートの日程が明らかになった。
℃-ute は ハロプロが誇る実力派パフォーマンスグループ。先だって2016年の8月20日未明に「解散」を電撃的にアナウンスし、そのまま日が昇って開催された夏ハローのコンサート会場である中野サンプラザで、本人たちが口頭でファンに向かって表明したという経緯がある。そこで、2017年6月をもって解散することのみは明らかにされていたが、それに向けての詳細なイベントスケジュールなどは未定のままだった。

明らかにされたラストの日程は、6月12日の月曜日。会場は、メンバーたちが夢見てきたという「さいたまスーパーアリーナ」で確定のようだ。
公式のアナウンスはまだないが、このお知らせは、1月5日に中野サンプラザで開催されていた『℃-ute新春コンサート2017 ~℃OMPASS~』にて告知された。

結成記念日の11日の翌日となることについては、「新たな一歩を踏み出す」という意味が込められているという。また、平日でのラストコンサートということで、ファンの多くが日程調整に苦慮するであろうことをメンバーも充分承知しているようで、有給申請にあたっての配慮をコミカルに心配する姿も見られた。

最終的な日程が告知された『℃-ute新春コンサート2017 ~℃OMPASS~』は、2016年の秋ツアー(同じくツアー名称は「℃OMPASS」)の延長戦として、年をまたいで実施されているもの。
あまりに好評で秋ツアーが年をまたいで翌年に追加公演されたといえば、その渋谷公会堂への追加の結果、正式名称が『℃-uteコンサートツアー2012-2013冬』となった『神聖なるペンタグラム』ツアーが思い出されるが、あの頃と同様、あと半年で解散するとは思えぬ迫力あるステージが中野サンプラザで「威風堂々」繰り広げられた。
そして、そのように新春ツアーとして ℃-ute のライブに専心しているように、夏冬の恒例であるハロー!プロジェクトのコンサートには、℃-ute は参加していない。

新春の単独ライブを追加で行い、いよいよ解散へ向けた日程がアナウンスされ、「まだまだ先だ」と思っていた “その日” が、にわかに現実味を帯びてきて、いよいよ覚悟を固めるファンも多いのではないだろうか。

一方で、この1月2日から4日まで開催されていた冬のハロコンにおいては、℃-ute が参加していないことで、カントリー・ガールズ、こぶしファクトリー、つばきファクトリーの存在感が増しているとの評価もあり、また℃-ute の跡を襲う実力派として、Juice=Juice が、その迫力を隠さなくなっているとも言われる。
モーニング娘。において、先輩が卒業していくことで、後輩たちに改めて自分の力を伸ばす余地が、「歌割りを引き継ぐ」といったことに留まらずに、都度、改めて与えられるように、「アイドルがあこがれるアイドル」として、その圧倒的な存在感によってハロプロに君臨した ℃-ute が旅立っていくことで、モーニング娘。における新陳代謝が、ハロプロ全体に及んだかのような、新しい局面が見え始めてもいるようだ。

(文=ニュース部 ハロプロ担当)

 

エンタメアライブでは、皆様からの投稿を募集しています。
詳しくはこちらを御覧ください『寄稿について

No comments yet.

Leave a comment

名前*必須