2017年ハロプロ新体制 リーダーにアンジュルム和田彩花、サブリーダーにモーニング譜久村聖 2グループの切磋琢磨に期待

2017年からの Hello! Project 新体制が明らかになった。
ハロプロリーダーにはアンジュルムの和田彩花が指名され、新設ポジションのハロプロサブリーダーにはモーニングの譜久村聖が指名された。2016年12月31日、中野サンプラザで開催されていた『Hello! Project COUNTDOWN PARTY 2016 ~Goodbye & Hello~』の第一部のMCで、2016年までのハロプロリーダーだった矢島舞美から発表された。

矢島は「6月に解散する私たちは、もうお正月から始まるハロコンには参加しないから、ハロコンでハロプロリーダーがいないってことになっちゃうので」と、次代のリーダーを指名した。

℃-uteの解散後、ハロプロの旗艦モーニングのリーダーが襲名するのか、年長者としてアンジュルムのリーダーが襲名するのか、ファンの間でも見方が分かれているところでもあった。しかし、℃-ute の解散がまだ半年先のことでもあり、正月のハロコンに℃-ute が参加しないことは周知のことであったにもかかわらず、「ハロコンでハロプロリーダーがいないってことになっちゃう」ことに改めて気付かされ、動揺したファンも多かったのではないだろうか。

だがしかし、そんな次期リーダー指名にあたっても、℃-ute 矢島舞美は、1月2日からスタートする冬のハロコンも、「明日から」と、すっかり1月1日から始まることにしてしまったり、「新リーダー」と言うべきところ、すっかり「新メンバー」を迎えることになってしまったりと、あらゆる大事なポイントがボケまくりで、しかし満面の笑顔で自らの失言を自らフォローしつつ、矢島らしさ満開のまま、明るく楽しく、ハロプロリーダーの引き継ぎ指名を終えた。

そして、襲名が行われた『Hello! Project COUNTDOWN PARTY 2016 ~Goodbye & Hello~』の第一部では、モーニングも、℃-ute をも差し置いて、新リーダー和田彩花が率いるアンジュルムがトリを勤めた。
スマイレージ時代以来、メンバーの加入、卒業、グループの改名と、思えば様々な辛酸を経験しながら、しかし気丈にグループを率いてきた和田彩花も、また、ずっとハロプロに憧れ続け、劇的なサプライズ加入よりこの方、先輩たちが守り続けてきたバトンを見事に受け継いでみせた譜久村聖も、ハロプロに人生を捧げてきたことにかけてはキッズに劣らない。必ずや、ハロプロという歴史ある大所帯を、見事に率いてくれることだろう。

会場MCで、また後日ブログで和田彩花は「アンジュルムがハロプロを引っ張っていく」と力強く宣言している。

また、アンジュルムとして、いい意味でハロー! プロジェクトの枠を壊していきたいですし、アンジュルムがハロー! プロジェクトを引っ張っていけるように頑張っていきます!
リーダー|アンジュルム 和田彩花オフィシャルブログ「あや著」Powered by Ameba

するとこれに対し、普段からハロプロ内で和田と仲が良いとされるモーニング娘。飯窪春菜が「アンジュルムが引っ張る、という発言を素直に受け取れない」と対抗意識をムキダシにしたブログを更新したことが話題になっている。

大好きな彩ちゃん、私も本当に嬉しいし祝福しています!
だけどアンジュルムが引っ張って行く、という発言を素直に受け取ることは出来ません。
モーニング娘。リーダー譜久村さんを筆頭に、やっぱりハロー!プロジェクトはモーニング娘。あってこそだと思っているので、負けないよう誇りを持って活動していこうと思っています。
迎春色 飯窪春菜|モーニング娘。‘16 天気組オフィシャルブログ Powered by Ameba

℃-uteの解散後、2大グループとしてハロプロを率いていくことになるモーニング娘。’17とアンジュルム。新年早々、お互いの対抗意識が垣間見える展開は、ファンの間でも物議をかもしている。

『Hello! Project COUNTDOWN PARTY』第二部冒頭、出演できる18歳以上のメンバーから「研修生出身者」によって『彼女になりたいっ!!!』が披露されたが、その顔ぶれの多くが、なんらかの形で、これまでに℃-ute のツアーに帯同しているメンバーたちだった。6月でハロプロを去っても、その背中で後輩たちに示し続けた「℃-uteの遺伝子」は、しっかりハロプロに受け継がれていくことも、そのパフォーマンスを通じて示された。

2017年も、ステージ内外でハロプロから目が離せない。

(文=ニュース部 ハロプロ担当)

エンタメアライブでは、皆様からの投稿を募集しています。
詳しくはこちらを御覧ください『寄稿について

No comments yet.

Leave a comment

名前*必須