モーニング娘 。’18 加賀楓、加賀温泉郷観光大使に就任!

モーニング娘。’18 の13期メンバーである加賀楓が、加賀温泉郷観光大使に就任した。
この「プロジェクト」について推進しているクリエイターにしてCMプランナーの大久保浩秀氏のTwitterによって速報された。

加賀温泉郷については、先だってパシフィコ横浜で開催された春のSATOYAMAイベントにも出展し、アップフロントとの良好な関係が進展しているのではないかと見られていたことは報じられた通りだが、ついに企画の本丸である加賀楓の観光大使就任が実現した。
加賀楓本人もブログでその喜びを伝えている。

この度、「加賀温泉郷観光大使」に
就任いたしました!!!

モーニング娘。’18 13期14期オフィシャルブログ 加賀温泉郷。 加賀楓

ハロプロ側での公式なアナウンスはまだ確認できないが、すでにいくつか報道が出ており(毎日新聞テレビ金沢など)、ネット上では「おめでとう」という祝福の声が溢れている。

観光大使に就任したことで、今後、加賀温泉郷とアップフロントとの関係がどうなるのか、加賀楓の活動にどんな影響がでるのかは、実際のところは未知数だ。
多くのファンの予想、期待としては、モーニング娘。のDマガで加賀温泉郷でのロケ企画や、加賀温泉郷の広告(テレビからネットから)に加賀楓をはじめモーニング娘。メンバーが登場することや、果ては Juice=Juice を巻き込んだ(リーダーが石川県出身だから)加賀温泉郷を中心とする北陸バスツアーといったことまで、ファンの期待は膨らむばかりだ。

ここで、ひとつ参考になるのが、抹茶ーず(Berryz工房 熊井友理奈:元℃-ute 鈴木愛理)が宇治市観光大使に任命されていることだ。

元々、カドカワムックの『ハロー!チャンネル』の、DVD版での企画くらいしか活動がなかった抹茶ーずだが、宇治市観光大使となってからは、専用のDVDも発売されるだけでなく、宇治市を巡って、様々な特産物を紹介する特設動画も複数公開され、先日は、ついに宇治茶ソムリエの養成講座に登壇(城南新報 ON WEB)し、その場にハロプロ時代からのファンを呼んでイベントを開催するなど、ちゃんとハロプロ時代からのファンにとっても嬉しい形での活動が活発だ。

これを前例として考えると、加賀温泉郷の観光大使となった加賀楓についても、今後、嬉しい知らせを相次いで聞くことができるのかも知れない。

他にも先例を求めるなら、すっかり各地のアンバサダーとして引っ張りだこの元℃-ute 中島早貴のことも忘れてはいけない。

加賀楓の場合は、元々から “お抹茶が大好きだ” と公言していたところから観光大使につながった抹茶ーずとは異なって、名前が同じ “加賀” という、いわばネタから転がった話であるという意味で、違いはある。しかし、元がネタであったことから、ちゃんとこの企画の背後にはCMプランナーというプロが、しっかり後見してもいる。
さらには、アップフロントが推進する SATOYAMA イベントの理念から大胆に推測すれば、こうした「観光大使」が先鞭となって、今後、ハロー!プロジェクトは、アイドルの枠を超えて日本全国各地で大きく地域経済と伝統文化に貢献していくことになるのかも知れない。
もしかしたら、それは “芸能の巫女” の本来の姿としても。

(文=椿道茂高)

エンタメアライブでは、皆様からの投稿を募集しています。
詳しくはこちらを御覧ください『寄稿について

No comments yet.

Leave a comment

名前*必須