つばきファクトリー第4弾シングルリリースを巡る5つの注目ポイントとは?

先日、メジャーデビュー一周年を迎え、念願だったライブツアーを敢行中のハロー!プロジェクトの末っ子ユニット、つばきファクトリーが、第4弾となるシングルをリリースする。深夜のテレビ番組で告知された他、公式のサイトでもアナウンスされている。

つばきファクトリー、勢い良く2018年2作目、メジャー通算4作目のシングルリリースが決定しました! ハロプロ公式サイト ニュース つばきファクトリー 4thシングル 7月18日(水)発売決定!!

リリースされるシングルは、2018年7月18日の水曜日発売で、やはりトリプルA面シングルとなる。そのタイトルは『デートの日は二度くらいシャワーして出かけたい/純情cm(センチメートル)/今夜だけ浮かれたかった』。

この、つばきファクトリーの新曲リリース情報は、ファンの間にいくつかの波紋を呼んでいるようだ。

第一に、リリースのペースが早いこと。たとえば80年代のアイドルシーンに詳しい者にとっては、そうでもないだろうが、昨今の楽曲リリースのペース、とりわけここ数年のハロプロの楽曲リリースペースに比べると、つばきファクトリーの楽曲リリースペースが、いかにも矢継ぎ早な印象であること。

第二に、第4弾となってもトリプルA面であることが維持されていること。デビュー曲だったり、ここぞという勝負のタイミングだったり、トリプルA面で楽曲がリリースされても、続くリリースでは両A面シングルへ、いわば “グレードダウン” する例が多い中、つばきファクトリーはデビュー以来すべてのリリースがトリプルA面であること。

第三に、つんく♂の楽曲が含まれていること。『デートの日は二度くらいシャワーして出かけたい』について、「「Just Try!」以来のつんく♂楽曲」であることが公式のニュースにも明記されていること。

第四に、従来好評だった発売記念スペシャルイベント(通称:シリアスイベント)が開催されないこと。これまで、つばきファクトリーでは、初回生産限定盤SPボックスなどに応募券が同封されたスペシャルイベント(リリース楽曲にちなんだ寸劇+ミニライブ)を開催してきたが、これが今回は開催されないとのこと。

第五に、これまでのステージで公開されてきた新曲『雪のプラネタリウム』(2.22 初ワンマン)、『フリサケミレバ』、『ハッピークラッカー』(4.15 ライブツアー初日)といった楽曲が含まれていないこと。

第一(リリース間隔)、第二(トリプルA面)の点から、つばきファクトリーの勢いはいよいよ増してると見るファンも多いようだ。また、第三(つんく♂曲)の点から、ハロプロ内でもつばきファクトリーは推していく体制になっているのではと見る向きもある。
さらに第四(シリアスイベント開催せず)の点から、先のリリースイベントで、つばきファクトリーは今後、これまでのようなリリースイベントは少なくなる旨のアナウンスがあったことから、第4弾シングルのリリイべスケジュールに神経を尖らせる者も多いようだ。
そして第五(未公開音源)の点について、ハロプロ内の他のユニットのように、ライブの現場で披露されるだけで音源化されない名曲が、つばきファクトリーでも増えていくのではないかと懸念する者もあり、いよいよファーストアルバムへの期待を高める向きもある。

このように、第4弾シングルのリリースに絡んで、ファンの思惑・期待・憶測が、さまざまに乱れ飛ぶ様子からも、メジャー・デビューから1年と3ヶ月を経て、つばきファクトリーはしっかりとハロプロの一翼を担うグループへと成長中であるようだ。

5月20日の京都FANJ での公演では、ようやく椎間板ヘルニアによるパフォーマンス制限を脱したかに思えた浅倉樹々が、リハーサル中の負傷により昼公演を欠席するというハプニングにも見舞われたが、それでも夜公演には(限定的ながら)参加し、しっかりブログも更新している。
そんな単独ツアーも5月には千秋楽を迎え6月には研修生のライブにゲストで出演する つばきファクトリー、この第4弾シングルのリリースを控えて、今後のイベントスケジュールの告知に注目だ。

(文=椿道茂高)

エンタメアライブでは、皆様からの投稿を募集しています。
詳しくはこちらを御覧ください『寄稿について

No comments yet.

Leave a comment

名前*必須