小片リサ無双?4月の bon voyage! 公演 in COTTON CLUB で示した歌声だけじゃない魅力とは?

小片リサ 楽曲テイスト増幅器?変幻自在な歌の魅力

先程述べたことを繰り返しますね。
部屋とYシャツと私』のカバーで、つばき結成時の “薄幸そう” ってイメージが思わぬ形で活きて、楽曲の押し出しにも大きく貢献していたこと、しかしながら同時に、『私がオバさんになっても』の、初々しさの中で、交替する世代それ自体を切なく表現すること、そのことを体現するかのような、愛らしい表情が実に魅力的であったこと、この相反するかのような魅力が同居していることを、さっき述べました。

小片さんは、1月のコットンクラブ公演に続いて『ルビーの指輪』をカバーします。
小片リサさんが歌う『ルビーの指輪』が “渋い” ことに改めて驚きつつ、「♪そうね 誕生石ならルビーなの」といったあたりのフレーズの継ぎ目の鼻濁音というか、鼻の奥を音響のための器官として使っているというか、独特な音質に、やっぱり驚きます。小片さん喉と口だけじゃなく、空気の通る器官は全部使って歌っているようです。そして、どこかダークな雰囲気も、すっかり堂に入って、はっきりと令和の時代に『ルビーの指輪』を蘇らせています。

かと思ったら、他の登壇メンバーと一緒になって『青空がいつまでも続くような未来であれ!』を、ほんとに嬉しそうに披露します。いや、この曲の振り付けを、あの手を振り回すようなジェスチャーを、嬉しそうな笑顔で小片さんが… もう可愛くて可愛くて、ひっくり返りそうでした。

どこか低めなダークな雰囲気は、小片さんがパフォーマンスすることで加速するようです。かと思えば、嬉し気で楽し気な、私たちがハロプロのステージで馴染んだ、心から沸き立つような浮き立つような雰囲気もまた、小片さんがパフォーマンスすることで、楽しさや嬉しさが倍増するようです。

このうえ、アンコールの『いのちの歌』の哀切さについては、言葉を加えるまでもありますまい。

小片リサさんは、そのルックスが、とても “すっきり整っている” と思います。そして歌声が “透明” だとも。
その整った透明さは、どうやら、楽曲のテイストに応じて変幻自在に変化して、楽曲の持つ色合いを増幅するようです。
思わぬ楽曲テイスト増幅器として、今後の小片さんのステージにも注目です。だって、1月のコットンクラブで、どこか恥ずかしそうにしていた小片さんは、4月になって、あんまり恥ずかしそうじゃなかったですからね。

そうそれは、小片さんの清楚で控えめな整い方を見て、小片さんにアイドルとして真摯に恋していたファンすら、その歌に接して、自分が観ている演者は屹立した “歌い手” なのだと気づいて、自分の想いを振り返るほどに。

(文=kogonil)

小片リサ「bon voyage!」 in COTTON CLUB
2022年4月12日(火) 
01・『Far away』 |小片リサ
02・『SEXY』 |小片リサ
続く楽曲のイントロに重ねてご挨拶
03・『ルビーの指輪』|小片リサ
04・『部屋とYシャツと私』(平松愛理)|小片リサ
05・『ロマンス』(岩崎宏美)|小片リサ
06・『私がオバさんになっても』(森高千里)|小片リサ
07・『フラリ銀座』(モーニング娘。)|小片・田﨑・長谷川・米村・窪田
08・『恋はマグネット』(カントリー・ガールズ)|小片・田﨑・長谷川・米村・窪田
09・『笑って』(つばきファクトリー)|米村・窪田
10・『ラブストーリーは始まらない 2022 Ver.』(Bitter & Sweet)|田﨑・長谷川
11・『涙の糸』(Bitter & Sweet)|田﨑・長谷川
小片さん赤い衣装で ダンスパフォーマンス
12・『雨音はショパンの調べ』 |小片・米村・窪田
13・『愛が止まらない~Turn it Into Love~』 |小片リサ・田﨑あさひ
ちょっとトーク(小片リサ、田﨑あさひ)
14・『ないものねだり』(Bitter & Sweet)|田﨑・長谷川
15・『誰にもナイショ』(Bitter & Sweet)|小片・田﨑・長谷川
16・『たそがれマイ・ラブ』(大橋純子)|小片リサ
17・『真夜中のドア ~stay with me』|小片リサ
今日の感想(小片リサ、田﨑あさひ、長谷川萌美、米村姫良々、窪田七海)
18・『青空がいつまでも続くような未来であれ!』 (モーニング娘。)|小片・田﨑・長谷川・米村・窪田
↓↓↓↓↓アンコール↓↓↓↓↓
19・『いのちの歌』|小片リサ

エンタメアライブでは、皆様からの投稿を募集しています。
詳しくはこちらを御覧ください『寄稿について

コメント

名前*必須