Berryz工房 清水佐紀 アドバイザーの凱旋帰還

活動停止中Berryz工房のキャプテンにしてハロプロ・アドバイザーである清水佐紀のブログが更新された。

ただいま〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!
清水佐紀 オフィシャルブログ おぱょ♡ より

上記引用が全文であり、評論部と引用部とのバランスという点で昨今話題の"引用の要件"を満たしているか微妙なところだが、それはともかく、引用の通り、清水のブログが更新された。

清水は、こちらの記事にもあるとおり、短期の語学研修に集中したいということから、しばらくブログの更新をお休みしていた。
もちろん、こうしたブログのお休みについて清水本人が明かしてくれた理由を疑う必要はどこにもなかったとはいえ、多くのファンは、その事情について過剰な「察し」を見せてもいた。

ブログ休止のお知らせが、公式のアナウンスをともなわぬ本人からのものだけだったこと。「短期」とのみ記して、具体的な期間や日時の特定を避けたこと。かつて、あれほど更新し、アドバイザーとなってからもファンとの接点を維持してくれていた窓口を、自ら休止したこと。かつては海外公演の日程中であっても、海外からでも(あれこれ試行錯誤して、ときには上手く行かなかったことも含めて明け透けに語りながら)ブログを更新してくれていたこと。そもそも「語学研修」が何のためなのか明らかではないこと。

アイドルとしての活動を停止してから2年以上を経て、ゆっくりと、いわゆるファンの前からフェードアウトして、一人の自律した女性としての人生と幸せに向き合おうとしているのだろう。ファンの一部には、こうした諸々から、そのように察し、そして静かに、清水のこれまでに感謝し、清水のこれからの幸せを祈っていたのだった。

それが、ほんとうに、表明されたとおりに「短期」で、帰ってきた。
そして、ちゃんと「おぱょ♡」とブログを更新してくれている。

折しも、ハロプロの明日を担うであろう若いグループに激震が走ったタイミングでもある。折しも、研修生たちに公式のデビューが予告された者が数名待機しているタイミングでもある。
ダンスの指導だけではなく、イベントにおけるメンタル面でのサポートにと、後輩たちを支えてくれていた清水佐紀が、このタイミングで帰ってきてくれた。

何より、℃-ute のラストにも、嗣永桃子の花道にも、間に合ったことが大きい。

私たちは、これまで様々に翻弄されてきたことから、自分の心と、自分の心が応援していた虚像を守るために、過剰に忖度し、過剰に裏面を憶測し、過剰に察して、過剰に反応することが常となっている部分も多く、私たちをそうさせた様々な過去の翻弄要因の衝撃度も大きかったことは間違いない。
しかし、ちゃんとハロプロ・アドバイザーである清水佐紀は短期で帰ってきたし、ちゃんと「おぱょ♡」と更新してくれた。

昨今のお知らせの衝撃度に気持ちが揺れる向きも、その気持ちはよくわかるが、今一度、信じてみるだけの価値はあると思う。自分の心が応援していたのは、虚像なんかではないと。

改めて、清水佐紀のブログが、「おぱょ♡」と更新された。
おかえりなさい、キャプテン!

(文=kogonil)

エンタメアライブでは、皆様からの投稿を募集しています。
詳しくはこちらを御覧ください『寄稿について

No comments yet.

Leave a comment

名前*必須