元モーニング娘。工藤遥、スーパー戦隊シリーズ大抜擢! ブログ開設し喜びの声

2月からスタートする2018年の「スーパー戦隊」シリーズ最新作の情報が公開された。

次期のスーパー戦隊シリーズは「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」と題され、2つの戦隊が「快盗」と「警察」、「民間」と「公的組織」という異なる立場から、悪の組織と戦っていくという物語のようだ。それぞれに悪の組織と三つ巴の戦いを繰り広げるのか、お互いに正義の立場で2つの戦隊が切磋琢磨するのか、公開された初期設定だけでも、シリーズの展開が楽しみでならない。

そして、一方の「快盗」で「民間」である快盗戦隊ルパンレンジャーのルパンイエロー(早見初美花(はやみ うみか))として、2017年12月の武道館をもってモーニング娘。を卒業した、元10期メンバー工藤遥がキャストに名を連ねている。

工藤遥については、モーニング娘。を卒業するにあたって、役者の道へと進むことがアナウンスされ、当人も意欲的なコメントを残していただけでなく、卒業後に大きな仕事が決まっていることも、それとなく示唆されていた。さらには、時期的に2018年のスーパー戦隊のキャストに抜擢されている可能性もあるのではないかと、ハロプロのファンの間でも憶測が乱れ飛んでいた。
そうした憶測が嬉しい方向で裏付けられた形だ。情報解禁にともなって公開された動画によって、ネット上では「ハルちゃん、茶髪やん!」「怪盗チェンジ!可愛すぎ」などと、祭り状態になっている。

ハロプロを卒業して演技の道へ進むメンバーにあって、ある者は舞台女優として地歩を固め、ある者は地上波テレビの深夜枠からスタートして映画にも出演するなど幅広く活躍し、ある者はドキュメンタリーなども含めた多様な映像作品に顔を出しながら女優としての活躍のフィールドを広げている。そして、元モーニング娘。10期メンバー工藤遥は、日曜の朝の顔でもある戦隊シリーズに抜擢されたというわけだ。

さらには、この情報解禁にともなって、工藤の個人ブログも開設された。そこでは、新しい活躍のフィールドに意気込む本人の言葉として、次のようなものが確認できる。

全国のちびっ子や特撮ファンの皆さまを/虜にできるよう、憧れてもらえるよう、
精一杯頑張らせて頂きます!

クリックすると、ブログへアクセス

今現在のハロプロの多くのメンバーが、幼い頃に『イナズマイレブン』だったり、『きらりん☆レボリューション』などに接したことがハロプロに憧れるきっかけだったとの証言を残していることに鑑みれば、この工藤遥の活躍が、まだ見ぬ明日のハロプロメンバーのリクルートにも貢献することになるのかも知れない。

ネットには、ファンの喜びにあふれたコメントが溢れている。
「幼い頃から “ちょーケンカが強”くて、ライブのポエムコーナーでは “空間を歪ませる” などの特殊能力を発動したり、水泳でオリンピックを目指しかける身体能力を持っていたり、超イケメン吸血鬼男子に『変身』したりしてきた工藤さんにピッタリすぎるハマり役!」
「毎週朝にハロメンを見られるなんてハロモニ。以来」
「Gロッソのショーが落選祭りになるな」
「卒業してからも毎週どぅーが見られるなんて夢みたい!」

また、スーパー戦隊シリーズといえば、主たる視聴者である子供たちの保護者の懐具合が暖かくなる頃合を見計らって、決戦メカがバージョンアップされたり、戦隊メンバーが増加したりすることで知られる。いわば、スーパー戦隊シリーズは、お子様たちの背後に控える大人たちも、潜在的な顧客として、しっかり見据えているというわけで、その意味では、まだ見ぬ明日のメンバーのリクルートのずっと手前で、新規のファン獲得にも貢献するかも知れない。

(文=椿道茂高)

 

エンタメアライブでは、皆様からの投稿を募集しています。
詳しくはこちらを御覧ください『寄稿について

No comments yet.

Leave a comment

名前*必須