アンジュルムに北海道から2名の新メンバー参加、ゆっくりと2019年の新体制へ

アンジュルムに新メンバーが加わることになった。
新たにアンジュルムに参加する、どちらも中学3年生の2名のメンバーは、いずれも北海道から。

■ 太田遥香 ハロプロ研修生北海道より
■ 伊勢鈴蘭 北海道出身 オンリーユーオーディションより

アンジュルムに新メンバーが加入することは、事前に深夜枠のテレビ番組で告知されていたが、そこでは詳細を11月23日に開催されるライブの現場で発表するとして、核心のアナウンスは先送りされていた。そして、予告された11月23日、2018年の秋ツアーとしての位置づけである『電光石火』のパシフィコ横浜 国立大ホールにおける公演にて、新メンバーが発表されたという流れだ。
パシフィコ横浜での電光石火ライブ昼公演を終えた段階で、現場からの報告によって新メンバーのプロフィールなども周知されつつある。新メンバーの正式稼働は、2019年の冬のハロコンからになるという。

公式サイトのニュースでも新メンバーのビジュアルを含めて紹介されている。

アンジュルムに、新メンバー2名の加入が決定しました!
新メンバーが加入しパワーアップしたアンジュルムを、これからも応援よろしくお願いいたします!
公式サイト ニュース詳細 アンジュルム 新メンバー決定!

ハロプロ公式サイト ニュース詳細より

アンジュルムは、改名前のスマイレージ時代にも追加メンバーの参加を経験しており、2014年に3期メンバー(室田瑞希相川茉穂佐々木莉佳子)の参加と改名後も、2015年に4期として上國料萌衣を、2016年に笠原桃奈を、2017年の新体制に伴って船木結川村文乃を迎え、新メンバー加入についてはモーニング娘。に匹敵する頻度でメンバーの変化を受入れ、その都度、新しいアンジュルムを形作ってきた “変動に強い” 定評もあるグループだ。今回、新たに参加するメンバーも、新メンバーの受入れにも慣れた先輩たちの導きもあって、やがてまだ見ぬ新しいアンジュルムを創り上げていくことだろう。
また、そんな “受入れ慣れ” している先輩たちにあって、リーダーの和田彩花は2019年の春での卒業がアナウンスされている。当人も語っているように、卒業までに、まだしばらく時間がある。新メンバーに大事なことを伝えるための時間が。

2019年には、いよいよオリジナルメンバーが全員卒業し、グループ発足後に “新メンバー” として参加してきた者だけのグループとなるアンジュルム。まさにグループとしてモーニング娘。と同じ体制になり、アンジュルムとしての独自色をどう出していくか、改めて問われる正念場となりそうだ。

また一方で、今般の新メンバー追加は、アンジュルムだけに影響するわけではないと指摘する向きもある。
新メンバー太田遥香がハロプロ研修生北海道からの昇格である点にも注目が集まっているが、やはりもう一人の新メンバーである伊勢鈴蘭が “ONLY YOU オーディション” 組であることが注目されているようだ。
というのも、このオーディションは、現在、BEYOOOOONDS (ビヨーンズ)に包摂されるCHICA#TETSU (チカ#テツ)と雨ノ森 川海 (あめのもり かわうみ)のメンバー(あるいは、同じくBEYOOOOONDS に組み込まれる第三の新グループのメンバー)選考のために開催されるものであるとアナウンスされていたからだ。

今後結成される2つのグループ
「一岡伶奈がリーダーを務める新グループ」
「高瀬くるみ・清野桃々姫が在籍する新グループ」のメンバーを選出すべく、
オーディションを開催いたします。
公式サイト ニュース ハロー!プロジェクト“ONLY YOU”オーディション開催のお知らせ

そんな具合に目的が限定されていたはずの “ONLY YOU オーディション” からアンジュルム新メンバーが選ばれたとなると、「CHICA#TETSU」と「雨ノ森 川海」に次ぐ第三の新グループだけでなく、既存の、Juice=Juice、カントリー・ガールズ、こぶしファクトリー、つばきファクトリーにもオーディションからの新メンバー参加がないとは、誰にも断言できなくなったと言えよう。

その従来の姿を大きく変える可能性も含めて、2019年に向けて、やはりハロー!プロジェクトからは目が離せないようだ。

この新メンバーが発表された『電光石火』パシフィコ横浜公演において、メンバーの竹内朱莉の誕生日と笠原桃奈の凱旋が重なり、おめでたいことが3つも一緒になったと喜んでいたメンバーたちの姿からは、どんなにハロー!プロジェクトの姿が変わろうとも、ファンを魅了したエッセンスは不変だろうとする見通しを添えて、記事を終えたい。

(文=椿道茂高)

エンタメアライブでは、皆様からの投稿を募集しています。
詳しくはこちらを御覧ください『寄稿について

No comments yet.

Leave a comment

名前*必須