つばきファクトリー 浅倉樹々 ハロプロ「継承」が胸に沁みるバースデーイベント2017

2017年9月4日月曜日、渋谷のMt.RAINIER HALLにて、つばきファクトリー浅倉樹々さんのお誕生日をお祝いするファンクラブイベントが開催されました。

この樹々ちゃんのバースデーイベントの構成は、他のユニットの他のメンバーが開催する場合と同様に、オープニングトークからいくつかの企画コーナーへと進行し後半にミニライブが配されるという定番の構成に従ったものでした。けれど、個人的に、まずはミニライブのセトリを最初にご紹介してみたりして。

01.TODAY IS MY BIRTHDAY(Berryz工房)
02.ホントのじぶん(Buono!)
03.伊達じゃないよ うちの人生は(Juice=Juice)
04.春 ビューティフル エブリデイ(モーニング娘。)
05.Bravo☆Bravo(Buono!)

フライング気味にセトリだけ先に紹介しちゃった理由は後述します。
その理由とも関連して、イベントが終わってMt.RAINIER HALLから渋谷に向かう道すがら、何度かつばきのリリイべでお顔だけ存じ上げている方と、思わず「良いイベントでしたねぇ~~」と、お互いに声をかけあってしまったことだけ最初に。
そんな、素晴らしいイベントだらけのハロプロ バースデーイベントにあっても、とりわけ浅倉樹々という人の「ピュアさ」が伝わる今般のイベントから、開場19:15、開演19:45 の第2回目公演の模様をお届け。

つばきメンバーも、一階席後ろの関係者席に何人か見学に来てましたよ。(小野さん、新沼さん、秋山さんまでは、なんとか確認)

入場前にご挨拶の一コマ

2回目公演入場列が作られているというので勇んで並びに行ってみると、結果的にほとんど先頭になってしまって、1回目公演終わりで物販ブースに降臨していた樹々ちゃんとご挨拶できちゃったりして。
この2回目入場列を、グッズを買う人の列だと一瞬勘違いしたらしき樹々ちゃんは、「この人たち、どうして物販ブースに進んで来ないんだろう」みたいに不思議そうな顔をしていましたが(この樹々ちゃんの不思議そうな顔を、私の脳をこじ開けてダイレクトにお伝えできないのが悔しい!)、やがて、入場の待機列だと理解したみたいで、「こんにちは」的にペコッとご挨拶してくれました。

浅倉樹々バースデーイベント2017 in Mt.RAINIER HALL

樹々ちゃんは、まだヘルニアの療養・経過観察中につき、つばきファクトリーのメンバーとしての活動も制限されています。ので、今般のお誕生日イベントもファンの間では心配する向きもありました。
実際のイベントは、基本(登場してきてのご挨拶とかを除いて)オールシッティングにて、樹々ちゃんのみならず客席も含めて、全員着席で進行します。(入場前と入場後にも、入念なアナウンスあり)

ここで冒頭にフライング気味にセトリだけ紹介した理由その1を。
ずっと椅子に座った状態でのイベント進行は、ミニライブ中も同様です(いやミニライブ中こそ)。
ずっと着席での進行ですよとお知らせされた段階で、投稿者は「じゃあ、ライブは、しっとりとしたバラード中心だったりするのかしら」と思います。しかし、実際のセトリは上のとおり。
しかも、着席ながら、上半身はけっこうノリノリでリズムを刻む(だから着席してる下半身との動きのズレにはらはらする客席と、そして、きっと、ほんとは身体全体を使って踊りたかったんだろう)樹々ちゃんでした。

オープニングからサプライズメッセージまで

イベントは上々軍団さわやか五郎さんMCで進行します。
最初に、さわやか五郎さんだけが登場してきて、楽屋で緊張MAXな樹々ちゃんの様子を伝えてくれます。なんでも、すでに1回目の公演を終えてるってのに、本番が「明日になりませんか?」というほど緊張してるんだとか。
緊張するのはともかく、「明日になりませんか?」ってのが可愛いですね。

そんな風に登場前から客席が「ああ、樹々ちゃん可愛い」って雰囲気に満たされたところで(やはり、さわやか五郎さんグッジョブってところかと)樹々ちゃんが呼び込まれます。17歳になっての抱負的なところを問われて「自分の殻を破りたい」という樹々ちゃんでした。

さて、オープニングから続けてサプライズの「おめでとうVTR」が流されますが、メッセンジャーとして登場したのが、なんとモーニングOGの高橋愛さん。
昨年の秋の千葉県いすみ市での SATOYAMAイベントであったか、説得力抜群の変わらぬパフォーマンスで客席を魅了してくれた愛ちゃん、やっぱり微妙に福井県のアクセントが抜けず、ところどころ、危うく「噛み噛み」なところを辛くも切り抜けたって感じの「おめでとうメッセージ」です。しかも編集が明らかなVTRであって、さわやか五郎さんは「お話が長かったんでしょうか、愛ちゃん」とコメントしてましたけど、わたくしが思うには、きっと明らかにカットされた部分は、噛み噛みのグダグダだったんだと思います。
つまり、愛ちゃん、相変わらずであった、と。

一方の樹々ちゃんはといえば、いきなりの愛ちゃんの(VTR)登場に、悲鳴をあげてステージの隅っこに飛びのき、しゃがんで、口元を抑えて、小ちゃく縮こまっています。
第一に、つばきの樹々ちゃんが、モーニング5期の高橋愛さんを尊敬する先輩として挙げているってだけで、胸に響くものがありますよね。愛ちゃんのメッセージを受けて樹々ちゃんがお話してくれたところでは、「高橋さんと直接お話させてもらったことはない」けれど、それでも、つばきが結成された時にメンバー全員で「ご挨拶」に行ったんだとか。後輩としてハロプロに加入すると、時期的にもグループ的にも接点がなかったとしても、ちゃんとOGの諸先輩方に「ご挨拶」をするんですね、アップフロントって。
このこともまた、ひとつ新鮮な知見でもありました。

そして、おそらくは噛み噛みだった一方で、「まもなく31歳を迎える先輩が、17歳の後輩に送る言葉」を伝えてくれた高橋愛さんは、やっぱり、いろいろあったけれども、偉大な先輩だなとも思いましたし、愛ちゃんを尊敬する先輩だと言う樹々ちゃんとの対比を通じて、やっぱり「ハロプロの継承の構図」が見えて、同時に「継承」されながら、先輩たちが消えちゃったわけじゃなくて堂々とそこに「居る」感じも(愛ちゃん相変わらずの噛み噛みとか)、後輩たちがちゃんと先輩を仰ぎ見てるところも伝わって、高橋愛さんがメッセージVTRに登場するという、ただそれだけのことなのに、いろんなことが語られたような場面でした。

チャリコハプレゼンタイム 愛犬たち好きすぎ樹々ちゃん

企画コーナーの第一弾は、つばきファンにはすっかりお馴染み、浅倉家の愛犬、チャーリーと琥珀を語り倒す一幕。題して「チャリコハプレゼンタイム」。
さわやか五郎さん曰く「一番、尺を取ってる」んだとか。
絶叫マシンでもお化け屋敷でも、何かっていうと「チャーリー大好きです」って呪文のように唱えては、「チャーリーがお化け屋敷にいるわけないでしょ!」とか小片リサさんに(泣きながら)突っ込まれてましたもんね。

まずは愛犬のご紹介からってところで、「自己紹介」とか言っちゃう樹々ちゃん。愛犬たちのことが好きすぎて、どうやら彼我の境界すら曖昧になっている模様です。なお、琥珀は犬なのに顔認証されちゃうくらいに「人面犬」であるとのこと。確かに、なかなかのイケメンです、琥珀。

さて、浅倉家の愛犬たちは、いろんなところに潜り込んでるとのことで、その写真を一覧にしてスクリーンに表示してくれるわけですが、結果として、愛犬たちが潜り込んでいる先として「浅倉さん家のトイレ」だったり「浅倉さん家のお風呂」だったり、愛犬たちの背景としてではあれ、ファンの前にいろんなものが顕になる始末。さわやか五郎さんもさすがにスルーできなかったのか、「はは~、浅倉さんのところのトイレは、こんな感じなんですね~」とコメントせざるを得ないくらい。いや、そこは注目しないでくださいよって、五郎さんのコメントをもらって初めて、いろいろ明らかになってしまっていると気づいて恥ずかしがる樹々ちゃんでした。
ってか、スタッフは事前に指摘しなかったんですかね。それとも、お誕生日イベントの企画コーナーは、ほとんどメンバーの自主性に任せられているんですかね。

愛犬たちのことを嬉しそうに語る樹々ちゃんに、「いっそ、いつか、これだけで一本イベントを」とボケてみせるMCのさわやか五郎さんでしたが、それを受けて樹々ちゃんは、「みなさん良いですか?」と真面目に応じたり(望むところですよね)。

浅倉家の愛犬たちについては、樹々ちゃんが撮ってきたという動画も。
お散歩シーンと、何やら激しくベッドのシーツの匂いを嗅ぐ模様が公開されます。「犬は鼻が賢いから」と言う樹々ちゃんですが、あまりに激しく延々と匂いを嗅ぎ続けているので、「なんか臭いのかな」と恥ずかしくなるんだそうで。
いろいろと大好きなチャリコハのことをプレゼンする中で、いっぱい恥ずかしいことを経験しちゃう羽目になった浅倉さん家の樹々ちゃんでした。

企画コーナーあれこれ

続いて、事前に募集していた質問をランダムに抽選してお答えする定番コーナー。
質問BOXから取り出す仕草すら、ぎこちなくて、よちよちしていて、初めてのソロイベント感満載にてお送りされる企画コーナーでした。

質問:全力の「ききちゃんラブリン」をお願いします

振り向きざまの全力「ききちゃんラブリン」を披露してくれるものの、「やっぱり、これは牧野さんじゃないとできない」と、若干ご不満げな樹々ちゃん。
「そのうち、樹々ちゃんオリジナルのを作りましょ」と、五郎さんがフォロー。
「ラブリンききちゃん、とかさ」
「それ、反対にしただけじゃないですか」
「反対にしただけってので押すんだよ!」と、何故か謎の五郎さん指導が入る場面も。

質問:最近のマイブームは?

最近のブログでもお馴染みの「空の写真を撮ること」がマイブームなんだそうで。「同じのが一つもない!」と嬉しげです。
活動が制限されてからブログに頻繁に空の写真がアップされるようになったことを一部に心配する向きもあったけど、それってマイブームだったんですね。
ほんとに何がきっかけで新しい趣味に目覚めるか、わかったもんじゃありませんね(ハロプロにハマった我々としては一層)。

質問:魔法で男子になったら、つばきメンバーの誰とデートする?

みんなとデートしたいと即答していたのを五郎さんにダメ出しされて、考えた挙句、研修生時代からの盟友でもある小野田紗栞さんの名前を挙げる樹々ちゃん。でも、小野田さんは握力が強いから手をつないでのデートはご勘弁ということで(「いや、そこは小野田さんも、デートなら配慮するでしょうよ」という五郎さんのツッコミをスルーして)腕組みデートになる模様です。

質問:勉強を頑張れる一言をください

応じて曰く「勉強、頑張ったら私に逢えるよ!だから頑張って」だそうで、質問した方は(その「勉強」が何を指すのか不明ながら)どんな難関に挑んでいるのであれ、これで余裕で合格していくのではないでしょうか。

質問:小野田さんと2人で行きたいところ

先の質問と呼応するかのような質問で、あえて差をつけようとしたのか「ペットショップ」とのお答え。
メンバーにも好きになってもらいたいもんね、という五郎さんのフォローに、「でも、私が愛犬の話を始めると、みんな、はやく終われみたいな顔をする」と、樹々ちゃんの白熱する愛犬トークが、つばきの楽屋では、かなり冷遇されているという ぶっちゃけ も飛び出したり。

質問:希空ちゃんにされたことは?

お誕生日おめでとうメールで「樹々ちゃん…あ、まちがえた。チャリコハ、おめでとー」と、樹々ちゃんが愛犬との自我境界が曖昧になっているところを的確にイジってきたという新沼希空さん。他にも、いつも楽屋で樹々ちゃんに変顔してきたり、変な風に「ききちゅぁ~~ん」とか言ってくるらしく、樹々ちゃんは希空ちゃんにオモチャにされて遊ばれている模様です。
このとき、関係者席で見学してる希空ちゃんはどんな顔してるかなと思ったけど、残念ながら暗くて確認できず。

質問コーナーの最後に、山手線ゲームで五郎さんと樹々ちゃんが対決します。
五郎さんが勝ったら、樹々ちゃんの可愛い写真を撮影してブログに上げるという趣向で、1回目公演では「あっち向いてホイ」対決で五郎さん完敗だったところ、2回目公演では山手線ゲームで「犬の種類」対決を。結果は、意外にも五郎さんの勝ちで、可愛い写真がブログにアップされておりました(「イベント&1年。」:掲載されたのは全部じゃないみたいですけどね)。

企画コーナーは続けて「プレゼントゲットを目指せ ききちゃんチャレンジ」へと進みます。
これは、樹々ちゃんが「箱の中身は何だろな」ゲームにチャレンジして、成功したら果物詰め合わせ(だっけな?)をゲットというもの。
箱の中身は「モルモット2匹」だったんですが、箱の中にいるのが生き物だと察せられたりと徐々に真相に向かって迫っていく中で、「チャーリーだと思って触ろう」との発言があって、さすがにそこまで徹底した上に、非常に状況的に的確で、これは客席も唸った次第。で、樹々ちゃんのお答えは「ねずみ」で、おまけで正解ってことに。

そして、イベントはいよいよミニライブに突入します。

選曲だけでもいろいろ深かったミニライブ

というわけで、改めてセトリをご紹介。

01.TODAY IS MY BIRTHDAY(Berryz工房)
02.ホントのじぶん(Buono!)
03.伊達じゃないよ うちの人生は(Juice=Juice)
04.春 ビューティフル エブリデイ(モーニング娘。)
05.Bravo☆Bravo(Buono!)

5曲中2曲までを Buono! で攻めてきました。
って、5月の横アリでの Buono! ラストライブのタイミングで、樹々ちゃんは、アイドルを目指したのは、たまたま見ていたアニメで知ることになった Buono! に憧れてのことだったと、そうブログでも述べたましたもんね(「Buono!さん。浅倉樹々」)。
と、樹々ちゃん本人が Buono! ファンであることに加え、やっぱり『ホントのじぶん』って、何度聴いても、名曲すぎます。すばらしかった。

そして、樹々ちゃんは『春 ビューティフル エブリデイ』を歌ってくれます。
これがまた、この日、樹々ちゃんが身に纏っていた赤を主体にした Buono! 風の衣装が、ライサバの、あの日の横アリ、6期3人での『大きい瞳』の衣装に、なんとなく似てたりして、亀井絵里さんのことが急に想起されちゃったりして。加えて、冒頭での、おめでとうメッセージに愛ちゃんが登場してたことで、ハロプロの「継承」って図式が強く印象づけられていたことも背景として。
あくまで個人的なことかとも思いますが、浅倉樹々さんが披露してくれた『春 ビューティフル エブリデイ』は、だもんだから、とんでもなく響くことになってしまいました。
いや、泣いてはいませんけどね。

こぶしファクトリーと並んでBerryz工房のスピリットを継承するとして名付けられた「つばきファクトリー」ですが、確かにその自由さ奔放さにあって色濃く独自にBerryz工房のスピリットを継承しつつ、投稿者は、つばきファクトリーには、9期が加入する前の段階のモーニング娘。っぽいイメージを強めに感じてたりします。『独り占め』のプラチナ感というか。そんなこともあって、この曲を、今、樹々ちゃんが歌ってくれるってのが、なんだか響いてしまった次第。

そして、上記セトリの振り付けを、上半身だけではあっても、かなり忠実に、客席が思わず腰を心配してしまうほど大きな動作で再現している樹々ちゃんは、最後に、「きっと、ちゃんと良くなって、みなさんの前に戻ってきます」と言ってくれました。

みなさん、学校やお仕事で、辛いことや嫌なことがあっても、私たちを見て元気になってもらえるように、そんな私たちであるよう、みなさんが逢いに行きたいと思ってくれるような私たちになれるよう、がんばります。きっと、ちゃんと直して、みなさんの前に戻ってきますから、これからも、つばきファクトリー、ならびに、浅倉樹々の応援、よろしくお願いします。(趣旨)

イベントの最後に、樹々ちゃんは、そう言ってくれました。
お見送り会でも、参加したファンの方が、口々に「おめでとう」とか「楽しかったよ、ありがとう」と声をかけていて、樹々ちゃんは、それを嬉しそうにニコニコしながらお見送りしていましたよ。

*****

一部に「ちゃんと回復するまではお休みしていて良いんじゃないか」とする向きもあり、投稿者も、あんまり無理しないでと思っていたりしました。
ええ、浅倉樹々さんの腰の状態について。

今般、一部のライブなどを欠席しながらバースデーイベントが開催されることにも(喜び半分)驚きもし、着席でのイベントであるというアナウンスに、着席の状態でパフォーマンスすることになる当のメンバーも、他のメンバーも、スタッフさんたちも、状況次第で必要以上にいろんな負荷を背負うことになりかねないので、その意味でも「ちゃんと回復するまではお休みしていて良いんじゃないか」とも思わないではなかったというのが正直なところだったのでした。
でも、それは、少なくとも樹々ちゃんの場合については、余計な心配だったようです。座ってでもステージに出たいと、きっとそれはメンバー本人の希望だったんですね。

ちゃんとステージに立ちたいと当のメンバーは願い、本来のフォーメーションではないイレギュラーな対応を「強いられる」他のメンバーも、ステージ進行に応じて関係者席から笑い声が聞こえるくらいに(特にチャリコハのお散歩動画のとき)屈託ないようです。

関係するみんなが「必要以上にいろんな負荷を背負うことになる」とか「強いられる」といった上記の記述におけるニュアンスは、どうやら実態とはまるっきり無関係で、ただ私の心の汚れを反映していただけだった模様。

いろんなところで「継承」の構図が見え隠れしていただけでなく、腰に不調を抱えて活動制限を強いられたからこそ、自分がステージに立つということについて、結果的に、その真摯さまでも示してくれた、つばきファクトリー浅倉樹々さんの初めてのソロイベントだったのでした。そして繰り返し、ステージに立つことに真摯であればそれだけ、先輩から受け継いだものがあることが明瞭でもあって。

それは、汚れたこちらの心が洗われるような、すばらしいイベントでした。
繰り返し、イベントが終わってMt.RAINIER HALLから渋谷に向かう道すがら、顔だけ存じ上げてる参加者さんと、思わず「良いイベントでしたねぇ~~」と声を掛け合ったくらいに。

いや、泣いてはいませんけどね。

(文=kogonil)

エンタメアライブでは、皆様からの投稿を募集しています。
詳しくはこちらを御覧ください『寄稿について

コメント一覧

1 : avatarpuke:2017/09/07(木)14:08:27

>「でも、私が愛犬の話を始めると、みんな、はやく終われみたいな顔をする」

自覚があることが明らかになったのはなかなかの衝撃かと。それにしても、あんなに幸せそうに話す樹々ちゃん、はじめて見ました笑 「チャリコハプレゼンvol.2」も本気で期待です。

いやぁ、いいイベントでしたねぇ〜。

2 : avatarkogonil:2017/09/07(木)16:47:28

>puke さん

けっこう、あちこちですれ違ってるみたいですね(笑

ほんと、良いイベントでした。
希空ちゃんがどんな顔してたのかだけが心残り

Leave a comment

名前*必須