矢島舞美、ステージから人柄の清らかさが伝わる不思議なファンクラブイベント

ステージの中央で矢島舞美さんが歌ったりトークしたりしていると、ライティングの関係で、ステージ左右の下手側と上手側の壁に舞美ちゃんのシルエットをそのまま象った影が出来ます。
その、輪郭が象られた影すら美しいという次第で、あたかも矢島舞美さんが3人になったかのよう。

舞美ちゃんの美しさは目に見えるから当然としても、あくまでイベントを客席から観覧していたに過ぎないはずなのに、なんだか楽しそうにしている矢島舞美さんの心の清らかさまで伝わってくるような、それは、不思議なイベントでした。

Maimi’s Photobook 入手の薦め

2018年3月10日の土曜日、代々木は山野ホールにて、2017年2月の誕生日イベント以来、℃-ute が解散して初めての矢島舞美ソロイベントとなる『Maimi’s SQUALL』が、2回まわしで開催されました。(あれ?COTTON CLUBは?とも思いましたけども、ここは当日のご本人の発言に従って)
投稿者は、こちらのうち “開場17:00/開演17:45” となる2回目の公演に当選できたので、いそいそと代々木に向った次第。先日の中島早貴さんのバースデーイベントでも学んだはずなのに、2回目に入場しようとすると物販グッズはほとんどソールドアウトという羽目に、こちらでも遭遇(遭難)。それでもかろうじてフォトブックは入手できたんですが、後日通販があるとのことなので、この「Maimi’s Photobook」だけは、何があろうとも入手しておくことを強く推奨です。
矢島さんって美しいじゃないですか。加えて、こちら「Maimi’s Photobook」の舞美ちゃん、はしゃいでる舞美ちゃんの可愛らしいところが見事に活写されています。舞美ちゃんの写真集といえば、そのあまりのルックスから非常に理解可能だとはいえ、芸術的な舞美ちゃんの「美しさ」を描き出そうとするあまり、ファンが見出す愛らしい舞美ちゃんの魅力を捨象しているものが多かったことからすれば(参考:こちらの記事の「矢島舞美ソロ作品 傾向の変化」の項目)これは特筆に値するかと。入手推奨です。

矢島舞美ソロ ファンクラブイベント Maimi’s SQUALL

ライティングの関係でステージの左右にできた舞美ちゃんのシルエットまでが美しかったと述べた、このイベント。左右に展開する光のマジックはそれだけではなくて。
山野ホールは、客席部分の左右に、アクリルと思しき素材でできた半透明な反射板が壁面上部に設えてあって、舞美ちゃんを迎えるための客席の赤のペンライトが、そのアクリル部分に反射して、実数以上にホール内が “真っ赤” です。
きっと同じように、舞美ちゃんを迎えるファンの気持ちも増幅されたのではないでしょうか。

この点だけを取っても、山野ホール、すばらしい会場だと思うのです。
(だから、Juice=Juice や、こぶしつばき合同なんかでも、ライブハウスじゃなくて、この辺りの準ホールで日程を組んでみれば良いのに…ってのは別のお話でしたね。はっはっは)

Live中継から、いきなりの降臨

MCを勤めてくれるのは、ニレンジャーから川田さん(自己紹介が「申し遅れ」過ぎだったのは面白かったです)。
いつも「上々軍団じゃないやつ」「上々軍団のスケジュールを押さえられなかったときに呼ばれる」と、微妙に自虐な自己紹介ですが、かつて卒業前の道重さゆみさんのバスツアーで誠心誠意勤めてくれたり、去年の新沼希空ちゃんのバースデーイベントで、希空ちゃんを面白くイジってくれたりと、ハロメンのイベントで川田さんが出てきてくれると個人的には嬉しかったりして。

イベント開始早々、控え室からステージに向う途中の様子が(って、山野ホールの物販スペースの奥だよね、あそこ)ステージのスクリーンに映し出されます。相変わらずニッコニコな舞美ちゃんが、周囲のスタッフさんに向って「がんばる!」とか言ってる様子なんかが映し出されてます。
スクリーンの向こうから「みんな~~」と呼びかける舞美ちゃんに、ホール内の客席からは「うおおお~~!」という雄叫びが返されるわけですが、ライブ中継の向こうの舞美ちゃんが「聞える」と嬉しそうに。℃-ute のDマガでも、ライブを終えて裏に引っこんでから、客席の「℃-ute 最高!」コールを嬉しそうに聴いていたシーンは収録されていましたけれど、ついに生「聞える」ですよ。続けて舞美ちゃんは(やや調子にのって)「朝ごはん何食べてきたの~?」と、映像の向こうから。もちろん揃わぬ会場からのレスポンスですけど、幽かに大きめの反応を拾っては「わたしもパン食べてきた」的な応答を(映像越しに)しながら歩みを進める矢島さんです。

と、そのままステージに登場するかと思ったら、私たちが入場してきたホールの入り口から、いきなりの客席降臨の形で登場してくる矢島さん。
ストレートにステージに向わず、ずいぶんと客席をグルグルしてくれます。投稿者は、かなり後ろの席次だったんですが、すぐ側まで舞美ちゃんが来てくれました。ほんとに(どこ見てるんだ的な見苦しい描写で恐縮ですが)足の指までスーっと真っ直ぐで、矢島舞美さん、ほんとに美しいです。
メンバーが降臨するからっていうことで、若干入場が遅刻気味になってしまったファンの方々が(チケット記載の自分の席じゃなくて)ホールのロビーへ抜ける部分に少しだけ溜めておかれてたんですけど、それに気付いた舞美ちゃんは、「なんで、そこらへん固まってるの?お友達なの?」とか、あくまで天真爛漫だったり。客席をグルグルするにあたって、実に気さくに、そこらのファンの方に話しかけては「えっ!神戸から来てくれたの!遠くから、ありがと~」とか会話してたり(この「神戸からの参加者」は、これが伏線であるかのように後に回収されるエピソードに:後述)。
もちろん、この日、山野ホールに参集したファンは全員がそう思っていることですが、矢島舞美さんは、まことに慈母のようです。

ようやくステージに上がって、川田さんとオープニングトークを。
昨年のお誕生日のイベント以来、400日ぶりのソロイベントとなるこの日、「マイナスイオンならぬ舞美イオンを」浴びて癒されて下さいと、ドヤ顔で「言ったった!」感じの舞美ちゃんでした。

舞美の、10秒で出来るってよ

ご無沙汰してました的なご挨拶も特になく、このあたりは、昨今の舞美ちゃんのスケジュールを把握しまくってるファンばかりの客席ですから特に違和感もなく、いきなりソロイベント恒例のゲーム企画コーナーへ。

最初の企画コーナーは、「舞美の、10秒で出来るってよ」というもので、10秒間で舞美ちゃんが様々なお題にチャレンジするというもの。チャレンジ毎に客席が前から3列ずつ指定され、舞美ちゃんがチャレンジに成功したら、指定された客席列にはオリジナル缶バッチが配布されるという趣向。全部で10回のチャレンジのうち、半分の5回クリアできたら罰ゲーム回避という仕様です。

そのチャレンジのお題は、次のとおり。

舞美、10秒で出来るってよ お題10件
① けん玉
② 物干し
③ なわとび
④ さいばし
⑤ 神スイング
⑥ 漢字
⑦ 空き缶積み
⑧ 記憶
⑨ 四字熟語
⑩ じゃんけん

これを、指定された3列ずつの客席からの声で、順番に何に挑戦していくのか決めていくという進行になっています。…って、なんだか舞美ちゃん、客席と会話できるのが、とっても嬉しそうです。

「けん玉」にチャレンジ
10秒以内にひとつでも皿に載っけたりできれば成功 → NGでした
川田さんからコツを教えてもらって再チャレンジしてみて、3回目くらいで成功
「じゃんけん」にチャレンジ
川田さんとじゃんけん対決
舞美ちゃん、川田さんに向って「やさしいから」と、負けてくれますよね的な圧を。
川田さんが、それとなく何を出すか仄めかして(「あー目が痒い」とか言いながらチョキの形で両目を同時に掻く仕草)舞美ちゃん勝利
神スイング」にチャレンジ
バットでサインボールをバッティング(ボールは川田さんがトス)
しかし、空振りを連発する舞美ちゃんに会場から「えーーー??」の声が
わたし、エーイング、こんなにもらったの初めて!」と、ちょっとショックな舞美ちゃん
「なわとび」にチャレンジ
10秒間飛び続けられればクリア
結果、クリアなるも、ちょっとヒラヒラの衣装が引っかかったりして、ややドキドキ
「空き缶積み」にチャレンジ
10秒間で5個の空き缶を積み上げたものを2柱つくればクリア
余裕のクリアでニッコニコな舞美ちゃん
「物干し」にチャレンジ
10秒間でタオル(過去の℃-uteグッズ)を物干しに綺麗に干せればクリアだけど、結果はNG
「もう一枚目の段階でダメだって思ったよね、わたし、けっこうトロいんですよ」と舞美ちゃん
「さいばし」にチャレンジ
10秒間で落ちてくる紙を菜箸でキャッチできればクリア
舞美ちゃんは「キャーキャー」と悲鳴をあげながらゲームに挑むも、なんとか一枚だけキャッチしてクリア!
「記憶」にチャレンジ
イラストの画像を10秒間見続け、見終わってからのクイズに正解できればクリア
鳥は何羽いましたか?という問題に「5羽」と答え、客席からまたも「エーイング」を食らいながら、自分を信じて「5羽」を押すも、正解は7羽でNG
「漢字」にチャレンジ

「くのうさん」を漢字で書いたら画数は?と言う問題
結果は不正解!

そんな方はいないと思うけど、どうして久能山が問題として出題されたかについて不案内な方がいらっしゃった時のために、矢島舞美さんというタレントの、ちょっと信じがたいほどの気持ちの清らかさが明らかとなった伝説のDVDのジャケ写を掲載しておくテストってことで。
このDVD(未公開映像満載)は、矢島舞美や℃-uteに限らず、私見では、全ハロプロの映像作品中でも、5指に入る名作かと。

「四字熟語」にチャレンジ
漢数字を含む四字熟語を10秒で2つ書ければOKというルールで
「一石二鳥」と「一期一会」を書いてクリア。それにしても舞美ちゃんの字の綺麗なこと

といった次第で、辛くも5勝で罰ゲームは回避することになります、
罰ゲームはイナゴの佃煮実食だったようですが、そこで川田さんが代わりに実食。「やさしい~」と喜ぶ舞美ちゃんでしたが、客席からは、やはりエーイングが飛びます。

それを受けて矢島さん曰く「みんな、わたしが苦しんでる姿をみて楽しいのか!!

結局、出された佃煮の全部を川田さんが実食しちゃって、舞美ちゃんは完全に罰ゲームを回避しますが、若干強張った目線で客席を睥睨しながら「みんなが意地悪だって、わかったから」とご立腹な矢島舞美さんでした。

負けたら居残り それっぽい人に因んだそれっぽいクイズ

続いての企画コーナーは、「負けたら居残り それっぽい人に因んだそれっぽいクイズ」というもの。
これは、参加者さんと舞美ちゃんによるクイズ対決なんですが、舞美ちゃんと対決する参加者さんを、特定のテーマで「それっぽい」と思われる方を客席から舞美ちゃんが直にスカウトしてくるという趣向。

上に述べてきたオープニングから最初の企画コーナーまで、ほんとに今回のイベントでは、舞美ちゃんが客席と直接の会話をしちゃってる場面が多かったんですけど、ついに企画趣旨そのものから、客席との触れ合いを仕様に組み込む形になってるといったわけで、このあたりに矢島舞美さんの意図がどの程度反映されていたものか、興味深いですよね。

クイズ対決で、舞美ちゃんに勝てばオリジナルの缶バッチをもらって自分の席に帰れるけれど、クイズに正解できなかったら、そのままステージ上に居残りになって、コーナーの終わりで舞美ちゃんと一緒に罰ゲーム抽選という流れ。
って、そんなもん、ずっと舞美ちゃんの近くに居られるんだから、クイズには間違えるのが正しい対処法かと思えば、けっこうみなさん真面目にクイズに挑んでいたりして。

その、舞美ちゃんがスカウトしてくる「それっぽい」方のお題とクイズ対決の顛末は以下。このうち「関西人っぽい人」のスカウトにあたり、オープニングで客席降臨した際に、舞美ちゃんと「神戸から来た」と会話していた人が(ほんまに伏線が回収されたかのように)選ばれて、まだ舞美ちゃんがキッズだったころからのファン歴を(当の舞美ちゃんに向って)語る機会に恵まれていたのは、実にファンとして羨ましい場面でした。

社長っぽい人 社長を英語でいうと?
答えは「President」で、正解は舞美ちゃん
料理が得意そうな人 映像に出てきた料理器具の名前は?
答えはピーラーで、正解はスカウトされたファンの人
2月7日産まれっぽい人 2月7日に矢島舞美がアップしたブログのタイトルは?
答えは「私たちの妹が…♡」で、正解はスカウトされたファンの人
関西人っぽい人 キッズツアーで「なんばハッチ」で出会ってから、ずっとファンだったというファン歴を語る
℃-uteライブツアー2007秋「放課後のエッセンス」、初日の会場は?
答えは「Zepp大阪」で、正解はスカウトされたファンの人
℃-uteのことに
詳しそうな人
℃-uteコンサートツアー 2008夏「忘れたくない夏」の13曲目は『忘れたくない夏』ですが、その直前のMCでの小芝居で、矢島と中島が所属していた部活動は何部?
答えはソフトボール部で、正解は舞美ちゃん

結果、社長っぽい人と、詳しそうな人と、そして舞美ちゃんに罰ゲームということになり、クエン酸ですっぱい飲料を飲むことに。
3つのコップに、罰ゲーム用にすっぱい飲料が入っているのは2つ。
最初は「さっきの回では、先に手を出して痛いめにあったから、今回は残り物には福があるってことで、私は最後にするよ」と言っていた舞美ちゃんですが、社長っぽい人も詳しそうな人も、お互いに牽制しあっていたのか、単にステージ上で緊張していたのか、なんだか固まっちゃって動きがありません。と見るや、「私は最後」って言っていたのに、「じゃあ、じゃんけんで。さーいしょはグー!」とか、率先して場面の硬直を崩しに出て、嬉しそうで楽しげな印象はそのままに、しっかりステージを進行させていたのは、矢島舞美さん、さすがの場面でした。

次のライブに備えて、息を整えるためか水分を補給するためか、一瞬だけ舞美ちゃんは中座して、場を川田さんが繋ぎますが「上々軍団と同じ高校の1コ上」とか自己紹介するのが、なんとイベント終盤のこのタイミングだったりして(申し遅れすぎ)。

「みんな声出したかったでしょ」なミニライブ

なんだか舞美ちゃんが直接客席に語りかける場面が多めでお送りされていた今般のソロイベント、お待ちかねのミニライブは、こんな具合です。(↓)

01.Midnight temptation
02.FOREVER LOVE
03.元気を出して(竹内まりや)
04.我武者LIFE
05.JUMP

いきなりの『Midnight temptation』に加え、『FOREVER LOVE』での「まいだ~りん」や「あいら~びゅ~」といったコールは客席担当。そんなミニライブ前半を終えて矢島舞美さん曰く「やっぱり、みんな、ひさしぶりに声出したいかなって」と。

そんな懐かしいコールも往時と違わず響く山野ホールにあって、投稿者が観測できただけでも、数人のファンが目元をぬぐっていたりして。

ミニライブ終わりの『JUMP』では、最後に客席に「みなさんもいっしょに!」的に語りかけるところ、℃-ute のライブステージでは基本的に中島早貴さんが担当していたわけですが、これを舞美ちゃんは、そのまんま自分でやろうとして、若干フライング気味になってしまって曲のリズムとズレちゃったんですけど、客席はそのままちゃんと舞美ちゃんの煽りに応答していて、ミニライブを終えて矢島舞美さん、ほんとに嬉しそうに曰く「みんなに助けられたー」と。

ステージが赤のTシャツや赤のペンライト一色で、とっても幸せだったと、久しぶりに、こんな赤ばっかりの光景を見ることができたと述べてくれた矢島舞美さんは、名残惜しげにステージを去るときに曰く「お見送りするからねー」と。

*****

そしてお見送りでは、舞美ちゃんの前で足を止めてはいけない仕様から、ほんとに1秒もないくらいのスレ違うレベルでの邂逅の、その狭間で、ファンが語りかける一言一言に、しっかり耳を傾け、場合によっては、ちゃんと応答していた矢島舞美さんでした。(← 本当)

その登場の場面(映像越しの会話から、いきなりの降臨まで)から、コーナー企画に客席との対話が仕様として組み込まれていたことまで、一貫してファンと直接向き合うことに拘ったかのような今回のソロイベント。その場面場面で、嬉しそうにしている舞美ちゃんの笑顔が実に可愛く、かくも美しいのに、どこか幼く愛らしいのは言うまでもないとして、ファンと向き合う一瞬一瞬に、矢島舞美という女性の、目には見えないはずの “心のやさしさ” や “気持ちの清らかさ” までもが、わたしたちに伝わってきたことが実に不思議なイベントともなりました。

℃-ute のファンならば当然のこととして舞美ちゃんの心が清らかなことは “あたりまえのように知っている” 既知の情報なのだから、改めて今回のイベントで確かめられたからって、何も不思議なことはないだろって?

いや、いや。
ちょっとした表情や仕草の端々から、言葉にされたわけでもないのに、その “知っているはずのこと” が、知っている以上のレベルで、ちゃんと “確かめられた” ということですから。
℃-ute が解散しちゃって、ソロになって、それでも矢島舞美は、どこまでも矢島舞美だったということですから。
そんな抽象的なことが、言葉にされないままに伝わってきたことが山野ホール全体で共有されていたんですから。
やっぱり、この久しぶりのソロイベントはどこか不思議なイベントでしたよ。
それも、ファンにとって嬉しい方向で。

だって、この『Maimi’s SQUALL』は、今回がその第一回ってことで、第二回、第三回と続けて行ければ良いですねって、当の矢島の舞美ちゃんが言ってましたから。

(文=kogonil)

エンタメアライブでは、皆様からの投稿を募集しています。
詳しくはこちらを御覧ください『寄稿について

No comments yet.

Leave a comment

名前*必須