Juice=Juice 新体制、新メンバー工藤由愛(北海道)、松永里愛(大阪)の2名が加入!

公式のWeb配信番組『ハロ!ステ』で予告された通り、Juice=Juice に研修生からの新メンバーが加入した。(参考:「Juice=Juice、リーダー宮崎由加卒業後の体制発表…の予告が公開!その行方に注目が集まる。」)

Juice=Juiceに、新メンバー2名の加入が決定しました!

公式サイト ニュース詳細 Juice=Juice 新メンバー決定!


今般、新たにリーダーの宮崎由加卒業後の新体制を担っていく新メンバーとして、ハロプロ研修生北海道から工藤由愛、ハロプロ研修生から松永里愛の2名が加入した。これで、2019年6月17日の宮崎卒業以降は、Juice=Juice は8名体制ということになる。

工藤由愛 松永里愛
 
生年月日:2004年9月28日 (14歳 中学3年生)
出身地:北海道
血液型:A型
趣味:ピアノ、タコグッズ整備
※2016年7月から「ハロプロ研修生北海道」に所属。
  生年月日:2005年7月7日 (13歳 中学2年生)
出身地:大阪府
血液型:不明
趣味:動物と遊ぶこと
※2017年3月から「ハロプロ研修生」に所属。

今般の新メンバー加入の予告を受けて、一部のファンからは、Juice=Juice を深く愛するあまり、現在の形で完成しているという趣旨で、”Juice に新メンバーなんか必要なのか?” といった声が聞こえないではなかった。しかし、2019年6月14日になって Juice=Juice 公式 YouTube チャンネルにて公開された動画によって、すでに大方の傾向は “暖かく迎え入れる” 方向に流れているようだ。というのも、研修生実力診断テストの際の画像を振り返るコーナーと見せかけた Juice=Juice 加入のサプライズに、驚いているそのリアクションが、あまりにも愛らしく、正式なメンバーとしてグループに迎え入れられることの喜びが、あまりにもストレートに表現されていたからだ。

それぞれ研修生として、2年ないし3年の経験を持つが、すっかり大人になって、文字通り “10年一日の如き” 日々を送る我々に比べて、年齢の若い子たちにとっての2年ないし3年が、いかに永い時間であるかを思えば、加入のサプライズに驚く姿に、ハロプロのファンであれば、いろんな過去の場面を思い出して、思わず(新メンバーを良く知らなくとも、あるいは、直前まで新メンバー加入を好意的には受け止めていなかったとしても)目頭が熱くなるところでもあろう。

実際、新メンバーの加入を受けて、リーダー宮崎由加と次期リーダーの金澤朋子が、”若いのにしっかりしている” と、”佳林ちゃんの14歳の頃よりしっかりしている” と、”何なら18歳や19歳の頃の私たちよりしっかりしている” と、そう言って戸惑いと喜びを交えて語り合っている場面については、新メンバーを迎えるモーニング娘。のメンバーたちも、後輩が増え始めて戸惑っていたベリキューたちも、まったく同じような述懐を(その都度)残していたことを覚えているファンにしてみれば、この宮崎と金澤の戸惑いこそが愛らしいとも言えよう。

さらには、こうした後輩メンバーを迎えることで、既存のお姉さんメンバーも(かいがいしく後輩の世話を焼いたりと)これまで知られていなかった(当人も自覚していなかった)新たな魅力が発現することも、新メンバー加入の大きな効果でもある。新メンバーは北海道と大阪出身ということで、それぞれ既存のメンバーに、同郷の稲場愛香植村あかりを擁する Juice=Juice であれば、新たな化学反応も期待できよう。すでにファンの中からは “Vol.21 まで DVD Magazine をコンプしてる、俺、勝ち組” といった声も聞こえてくるほどだ。

そう、それぞれ北海道と大阪出身であるからには、当人へのサプライズに先だって、事務所は保護者側と入念に話し合いをしていたはずであり、そう思えば、サプライズの当日まで秘密にしていた保護者側の心境すら慮って、一層、新メンバーが愛らしく思えるのは、見ているこちらが、そちらの年齢に近いからだろうか。

新メンバーが、正式にグループに所属して、おそらくは内面的な自覚も影響してか、ステージに立つ者として見違えるように変貌することは、過去のハロプロで何度も見られたことだ。ごく一部に、初々しさや拙さが失われることを嘆く “研修生専門” のファンもあるが、にょきにょきとばかりに成長していくであろう新メンバーの魅力に期待したい。

新たに Juice=Juice に加入した工藤由愛松永里愛のお披露目は、17日の宮崎卒業ライブとなる武道館にて。本格的な合流は9月からになるという。

(文=椿道茂高)

エンタメアライブでは、皆様からの投稿を募集しています。
詳しくはこちらを御覧ください『寄稿について

コメント

名前*必須