Juice=Juice 金澤朋子、井上玲音のBDイベントから 歌姫 小田さくら『さくらのしらべ』や つばきリリイベまで、コットンクラブが大変なことに!

コットンクラブが大変なことになっている。人によっては、この7月の後半は、丸の内の東京ビルTOKIAに日参することになるのではないだろうか。

2020年上半期のコロナ禍にあってライブやイベントが開催できないでいたアップフロントだが、徐々に平常運転に戻りつつある、ないし、再始動させつつあることは見て取れていたが、ここへきて、いくつかのイベントが告知された。

Juice=Juice リーダーの金澤朋子、Juice=Juice として活動を再開させる井上玲音のバースデーイベント、モーニング娘。’20 の歌姫にして、ハロプロの歴史を通覧しても屈指の歌唱力を誇る小田さくらのバースデーイベントにして冠イベントである「さくらのしらべ9」、そして先だって公式チャンネルにて「重大発表」を行った つばきファクトリーが新曲のリリースイベントの一環として「トーク&サイン会イベント」を開催することが公式にお知らせされたが、これらが軒並み、7月後半にコットンクラブにて開催されることになった。

「Juice=Juice 金澤朋子バースデーイベント2020」の開催が決定いたしました。

ファンクラブニュース FANCLUB NEWS ★ファンクラブ会員限定イベント★「Juice=Juice 金澤朋子バースデーイベント2020」開催決定!

「Juice=Juice 井上玲音バースデーイベント2020」の開催が決定いたしました。

ファンクラブニュース FANCLUB NEWS ★ファンクラブ会員限定イベント★「Juice=Juice 井上玲音バースデーイベント2020」開催決定!

モーニング娘。’20 小田さくらバースデーイベント ~さくらのしらべ9~」の開催が決定いたしました。

ファンクラブニュース FANCLUB NEWS ★ファンクラブ会員限定イベント★「モーニング娘。’20 小田さくらバースデーイベント ~さくらのしらべ9~」開催決定!

つばきファクトリー 2020/9/30発売 7thシングル『断捨ISM/イマナンジ?』(曲順未定)の発売を記念して各種イベントを開催いたします。

公式サイト イベント詳細 つばきファクトリー7thシングル発売記念イベントのお知らせ(一覧)
Juice=Juice 金澤朋子バースデーイベント2020
  1. 2020年7月21日 火曜日 コットンクラブ 開場16:30 開演17:00
  2. 2020年7月21日 火曜日 コットンクラブ 開場18:45 開演19:15
Juice=Juice 井上玲音バースデーイベント2020
  1. 2020年7月27日 月曜日 コットンクラブ 開場16:30 開演17:00
  2. 2020年7月27日 月曜日 コットンクラブ 開場18:45 開演19:15
モーニング娘。’20 小田さくらバースデーイベント ~さくらのしらべ9~
  1. 2020年7月28日 火曜日 コットンクラブ 開場16:30 開演17:00
  2. 2020年7月28日 火曜日 コットンクラブ 開場18:45 開演19:15
つばきファクトリー 7thシングル <トーク&サイン会イベント>
  1. 2020年7月20日 (月) COTTON CLUB (東京) ①18:00~ ②20:30~
    山岸理子・岸本ゆめの・小野田紗栞
  2. 2020年7月29日 (水) COTTON CLUB (東京) ①18:00~ ②20:30~
    小片リサ・谷本安美・小野瑞歩
  3. 2020年7月30日 (木) COTTON CLUB (東京) ①18:00~ ②20:30~
    新沼希空・浅倉樹々・秋山眞緒

徐々に通常運営に復そうとしながらも、もちろんコロナ禍が過ぎ去ったというわけでもなければ、むしろ、一部の都市・地域では感染者数増加の傾向もあって、これから冬にかけて第二波も懸念される状況であれば、イベントも基本的にマスク着用の上、着席で観覧、コールや発声はなし(その上、イベントによっては、万が一の際に追跡可能なように、住所の申請なども要求される)という条件での開催となる。

そうであれば、そうしたイベント仕様にあって、コットンクラブでの開催はむしろ相応しいと見ることもできよう。これまで主にOGのオリジナル公演やお芝居などを演目としていたコットンクラブは、通常のハロプロのイベント類に比べて、若干、一回当たりの公演のお値段が高めに設定されていたが、そちらについても、今般告知されたイベント類は、かなり良心的なものとなっている。

コットンクラブの雰囲気の中で開催されるバースデーイベントは(着席での観覧ということ以上に)その雰囲気も併せて、金澤にとっても、井上にとっても、これまでになかった新しい魅力が掘り起こされる契機となるかもしれない。すでにコットンクラブでのソロライブの経験がある金澤についても、マスク着用のうえ着席での観覧という、一種 “落ち着いた雰囲気” のなかでのイベントとなれば、その年長者としての対応力も含めて、どんなステージを見せてくれるのか楽しみだという声もある。

何より、コットンクラブでのステージということが注目されているのは、モーニング娘。の小田さくらだ。これまで、パシフィックヘブン、TOKYO FM HALL、クラブチッタ、ディファ有明、品川ステラボールで開催されてきた『さくらのしらべ』は、バースデーイベントとしての体裁を取りながらも、基本的には(その初回から)小田さくらの歌を聴かせるイベントであった。今回、コットンクラブという、いわば、ある意味で格式のある舞台を得て、小田さくらの作り出す空気の振動が、その場に集まるファンの心にどう響くか、大いに注目されている。

一般のイベントホールほどの広さがない分、その空気の振動が、細部まで余すところなくコットンクラブの会場の隅々にまで(減衰することなく)伝わるだろうと見られていることから、コットンクラブのイベント会場としての広さも、小田さくら歌謡オンステージには好適だと見る向きは多い。

一方、その好適だとするコットンクラブの容量をこそ問題視する向きもある。
マスク着用のうえ着席での観覧ということに加え、コロナ対応として、収容人数制限を受けることになるからには、それでなくとも十分とは言えないコットンクラブの座席数が、一層絞られることになる。金澤や井上のファン、そして小田さくらの声のファン、つばきファクトリーのメンバーに再会したいと願うファンにとって、コットンクラブのチケット争奪戦は、一層過酷なものになりそうだ。

(文=椿道茂高)

エンタメアライブでは、皆様からの投稿を募集しています。
詳しくはこちらを御覧ください『寄稿について

コメント

名前*必須