ロージークロニクル、リーダー橋田歩果に決定!順当に最年長から

ハロプロの最新鋭グループ ロージークロニクルのリーダーが決定した。
公式サイトのニュースやハロプロの配信番組ではなく、先ごろ開設されたロージークロニクルの YouTube チャンネルにて、2024年の7月11日に決定の模様を収めた動画が公開されるという形で公表された。

マネージャーから知らされるという形式で、新規にスタートしたロージークロニクルのリーダーとなったのは、順当に最年長の橋田歩果。すでに公式サイトのプロフィール欄でもリーダーと明記されている。なお、公式のプロフィール欄によれば、サブリーダーは特に設けられていないようだ。

さすがに、いわば “ようやく” 滑り出した新グループということもあってか、橋田の就任のご挨拶も、非常にそつがなく、かえって(研修生時代の、幼い頃、むしろ、ほんの子供だった頃を知るファンにとっては)”そつがない” からこそ、健気で可愛く感じられたようで、一部には目頭を熱くした向きもあったようだ。

さらには橋田のリーダー就任についてコメントする小野田華凜が微妙に泣きそうであることや、上村麗菜の愛らしさに悶えるファンの声を拾うことが出来、その様子を見るに、ロージークロニクルには、すでにしっかり専心するファンがデビューを待ち構えているようだ。前途洋々といったところか。

ロージークロニクルは、7月13日より開催される夏のハロコンにて本格的なパフォーマンスを披露し、ハロプロのメンバーとして参戦することになる。

メンバーカラーも決まり、リーダーも決まり、いよいよデビュー曲と日程を残すのみ… といったところ、ロージークロニクルの出帆は順調ではあるが、いちグループとしては順調ではあっても、こうした情報の小出しによる盛り上がりは、グループ立ち上げのタイミングでしか使えないわけで、ハロプロ全体としては、これでグループは7つ、メンバーも過去最大の人数を抱え、この2024年の6月で4名の卒業を見送り、秋にも2名の卒業者が予告されてるだけでなく、卒業生からは、そのまま芸能活動を終了していく者も一定程度含まれており、全体の舵取りはますます難しくなってきていると言って良いだろう。全体のプロデュースにあたる者も、そしてファンとしても、今後の動向には、いろんな意味で注目することになりそうだ。

(文=椿道茂高)

エンタメアライブでは、皆様からの投稿を募集しています。
詳しくはこちらを御覧ください『寄稿について

コメント

名前*必須