清水佐紀、楽しい分だけ深めにファンの心が揺れたFCイベント~令和初めてのハッピーバースディ!~

2公演目 早押しイントロクイズ

回替わりの企画コーナー、2公演目はハロプロ楽曲から出題される『早押しイントロクイズ』。

これが、問題が出されて正解にたどり着くために(曲名が出てこないから)思い出すきっかけとして(出題部分のイントロに続けて)曲を口ずさんでみたりするようにしてダンスしてくれたりするのが、非常にファンとしては嬉しく響いたってことは前述の通りです。この佐紀ちゃんの小刻みなダンスは出題時に限らず、回答が出た後に、問題だった楽曲が流れる時も、曲に合わせて、佐紀ちゃんが軽くダンスしてくれます。

というわけで、イントロクイズの出題一覧
01.ROCKエロティック(Berryz工房)
02.夢見る 15歳(スマイレージ)
03.抱きしめて 抱きしめて(Berryz工房)
04.我武者LIFE(℃-ute)
05.ドキドキベイビー(真野恵里菜)
06.世の中薔薇色(Berryz工房)
07.Escape(鈴木愛理)
08.原色GAL 派手に行くべ!(後藤真希)
09.仲間(上々軍団)
10.JUMP(℃-ute)
11.笑っちゃおうよ BOYFRIEND(Berryz工房)
12.しょうがない 夢追い人(モーニング娘。 )
13.恋をしちゃいました!(タンポポ)
14.普通、アイドル10年やってらんないでしょ!? (Berryz工房)
15.溢れちゃう…BE IN LOVE(後藤真希)
16.まっさらブルージーンズ(℃-ute)
17.桃色片想い(松浦亜弥)
18.Memory 青春の光(モーニング娘。 )

続く “参加者さんからの質問コーナー” の時間が削られるほど、なんと18曲にわたってイントロクイズが展開された次第なんですけれどもね、これらを全部(一部だけとはいえ)軽く佐紀ちゃんがダンスしてくれるんですから、ファン冥利に尽きるというもの。

しかも佐紀ちゃんのテンションが高めで、このイントロクイズにはドンキなんかで販売されてるピンポンで回答する方式だったんですけど、℃-ute の『JUMP』なんか「はいっ!」って挙手して飛び上がったりしてます。ほぼほぼ一曲まるっとダンスしちゃっていながら、ついに曲名が出てこずに、『ドキドキベイビー』と教えられて「あたし、そう歌ってたじゃん!」とか嘆いてみたり。

さらに嬉しいことには、やはり年季の入ったベリヲタが集うパシフィックヘブンならではってことで、ごく一部だけしか楽曲が流されないのに、佐紀ちゃんのダンスだけじゃなく、客席からのコールも復活してたりして。

これは、どう表現したものか報告者としても困惑する次第ですが、活動停止しているかつてのユニットのメンバーが、こうして目の前で往年の楽曲に合わせて嬉しげに軽くダンスする中、当時からのファンたちが、当時からのコールを盛大に(人数はかつてのホールコンサートの比ではありませんけど、それでもパシフィックヘブンでのものとなれば、十分に盛大に)入れている風景というものが、その当時からのファンの一人として、どれほど響くものであるか、一体全体、どうやってお伝えしたもんかと。

少なくとも、こうは言いたいところです。
今でも、こうして当時からのファンが、心の琴線を震わせることができる機会を準備してくれて、佐紀ちゃん、ほんとうにありがとう…と。

3公演目 このMVは何の曲クイズ

回替わり企画コーナーの3公演目は、『このMVは何の曲クイズ』です。MVの一部が静止画として掲示されまして、さあ何の曲でしょう?というクイズ。

こちらも2公演目のイントロクイズ同様、正解が出た後でMVの一部が(動画として)再生されてるタイミングで、佐紀ちゃんが踊ってくれるし、会場からはコールが入るという展開で…この、2公演目と3公演目の企画コーナーは、おそらくは企画した側にとってもその意図を超えて、そしてファンクラブイベントに参加した側としては予想外の内心の揺れ動きに翻弄されるものとなったのではないかと。

というわけで、MVクイズの出題一覧
01.スッペシャルジェネレ~ション(Berryz工房)
02.行け!行け!モンキーダンス(Berryz工房)
03.VERY BEAUTY(Berryz工房)
04.ももち!許してにゃん 体操(Berryz工房?)
05.ああ、夜が明ける(Berryz工房)
06.ヒロインになろうか!(Berryz工房)
07.あなたなしでは生きてゆけない(Berryz工房)

毎度、「また勝ってしまった」とか言ってるキャプテン清水佐紀さんですけど、4問目では、ゲームに参加したファンの方が、佐紀ちゃんに「ももち」の一言を言わせようと、あえて「おぱょ体操…あっ間違えちゃった」みたいなことを言い出す展開がありまして(ちゃんと佐紀ちゃんが『ももち!許してにゃん 体操』と答えました)、どことなく参加者さんが佐紀ちゃんに勝ちを譲るようなところも見え隠れしていたようにも。

もちろん、『ももち!許してにゃん 体操』と答えた佐紀ちゃんは、「さあ気を取り直しまして」と、今の瞬間は本当の私じゃなかった的な演出もしたりなんかして、やっぱり、あのお方の影響圏内に巻き込まれ続けてはいる模様です。

*****

各公演共通の質問コーナーの詳細以降は、次のページに切り替えて。

エンタメアライブでは、皆様からの投稿を募集しています。
詳しくはこちらを御覧ください『寄稿について

コメント

名前*必須