清水佐紀、現役時代に数倍する小動物感あふれるファンクラブイベント2020 〜清水佐紀とともに夏を感じよう!!〜

2公演目 けん玉検定チャレンジからエンディングへ

続いてはブログでその練習動画をずっと公開してくれている「けん玉」にチャレンジします。けん玉検定で6級までクリアしているという佐紀ちゃん、それ以上のレベルの技に挑みます。

1公演目では5級の技「飛行機」にチャレンジしてNGだったとかで、この公演では4級の技である「ふりけん」にチャレンジ。これに正式な検定仕様(10回トライして1回でも成功できれば級認定)で挑むもクリアならず。なんでも、ここ最近は、ずっと上級の技に挑んでいて、それより下のレベルの技は、もうすっかり出来る前提でいたので、あまり練習していなかったことが敗因であると、そのように申し立てる清水の佐紀さんでした。

で、ステージ上で技をミスるたんびに、「できないじゃん、はずかしい!」と大騒ぎして、10回チャレンジして最終的に失敗でしたとなった段階で、改めておすましして、客席に向き直って、しっかり正式に「できませんでした」とご挨拶して、んで、一歩後ろに下がって、またモードが切り替わって「あ~~ん!」とか言ってるのが、異様に愛らしかった次第です。プライベートな清水の佐紀ちゃんモードと、しっかりおしゃまなキャプテン清水モードとが、くるくる切り替わるようで、ほんとに愛らしかったですよ。

むしろ Berryz工房の現役時には、これほど愛らしい顔を見せてくれていただろうかって思うくらい。

*****

イベントそのものは上記までで終了です。

最後に少し今後のスケジュールやグッズなどの告知をして、一旦、佐紀ちゃんは裏に引っ込みます。スタッフさんからお見送りの注意事項(声は出さないで下さいね)などがアナウンスされて、ステージ上にビニールカーテンが設置されて、改めて佐紀ちゃん登場です。ビニールの向こうの佐紀ちゃんに手を振って、お見送り終了ってところで、イベントも終了。

3公演目 オープニング

この日のお天気は、かなり激しめに雨が降ったり晴れ間が広がったり。イベントの合間だったり終了後の帰宅時には晴れていたので、この辺りの天候操作力は、さすがに Berryz工房の呪力って感じなんですけども、3公演目のオープニングでは、佐紀ちゃん自ら、このお天気の話題にも触れます。

曰く「晴れたり止んだり」とおっしゃる佐紀ちゃんですが、それだと晴れっぱなしですよね。

接する者すべて、触れるもの皆、天然化させずにはおかぬ、恐るべき天然の癒しパワーといえば 熊井友理奈 さんですが、その熊井ちゃんは「まあさんの方がずっと天然なんだからあ」と、何かあるたびにおっしゃいます。でも、もしかして、Berryz工房って、みんな天然だったのではないかと。

この自粛期間中に、時間を有効に使うために勉強を始めて「食育アドバイザー」の資格を獲得した話は前の公演でも話してくれましたが、℃-ute の なっきぃ が野菜ソムリエになったというのを話してくれたのは、この公演でのこと。
さらに、なんと “ウクレレ” も始めたんだとか。いつか Berryz工房の楽曲も皆さんの前で披露したいけど、でもコードがわからないので、誰かにレクチャーしてもらわないとダメなんだと甘えてみたり。

3公演目 『できるかな』コーナー

輪投げ
  • 5回投げて10ポイント取れるかどうか(場所によってポイントがちがう)を予測。
  • このタイミングでようやくステージの装飾が「夏祭り風」というコンセプトだと明かされる。もう3公演目ですけども。
  • 5回投げるというレギュレーションのうち、4回投げた段階でまだゼロポイントな佐紀ちゃん、最後の投擲にあたって、「どれ狙おう?」とか言ってます。いや、”5回投げて10ポイントとれるかどうか” で予測させたんだから、10ポイントを狙ってくださいよっていう会場からのブーイングがあったりして。
  • 3回チャレンジして、結局NGに終わる佐紀ちゃんでしたが、この輪投げチャレンジで大騒ぎしてイエローカードを食らいます。
紙コップにバトミントンのシャトルを入れられるか
  • 5個の紙コップにバトミントンのシャトルを投げて入れられるかどうかのチャレンジ。
  • 素手で投げる/バトミントンのラケットを使って/卓球のラケットを使ってと、3回チャレンジするも、結局NGでした。
  • 意外と卓球は得意という新しい佐紀ちゃん知識をゲットする我々
黒髭危機一髪
  • 前公演の反省で、剣を刺す回数を10回以上ってところに設定して〇✖を予測してもらいます。
  • せっかく回数を多めに設定したのに、一回目のチャレンジでは最後まで飛ばないし、二回目のチャレンジでは最初の1本目で飛んじゃうし、三回目は4本目の剣で黒髭さんが飛んじゃいます。
  • さっきのチャレンジでイエローカードをもらってるので、いろいろと悲鳴を抑制する佐紀ちゃんでした。叫ぶのを我慢してるのって、こんなに可愛いのかと。
クイズにチャレンジ
  • 【一般常識】 キャビアは何の卵?
    「すいません知りません」とか「キャビアなんて、食べたことない」とか、相変わらずドタバタ。
    “あわびの卵” と答えてNGで、「チョウザメなんて知りません」とのことでした。
  • 【計算】 27-12=?
    当然のクリアだったんですが、この問題にあたって、清水佐紀さん曰く「夏焼雅じゃないんだから、答えられるってーの!」と。
  • 【漢字】 カンジン
    「肝心」が正解ですけど、佐紀ちゃんは「感人」と書いてNG
  • 【一般常識】 日本でもっとも長い川は?
    清水さん、「最上川と信濃川が浮かんでるけど、最上川は何処にあるかわからない」とおっしゃいますが、そうやって最上川と信濃川が浮かんでるのに「あと他に川、なんだっけ?」とか、選択肢を増やそうと模索しています。そこは選択肢を増やすと正答率が下がるだけなんじゃないかと。
    信濃川を正解して「やったーーー!」と叫ぶも、これでイエローカードをもらってしまい、累計で強制フェイスシールド装着となりました。
    しかし、フェイスシールドを装着してるのが、また(以下略)
  • 【一般常識】 中トロは何の魚?
    「まぐろ」で正解。
    そういうルールだっけ?と思いつつ、すぐにフェイスシールドを外す佐紀ちゃんでした。可愛かったのに、もったいない。

3公演目 けん玉検定チャレンジ

3級の技である「日本一周」にチャレンジするも、結局、成功ならず。本当は、ちゃんと出来るところを見せたいと、さらに上級の「世界一周」に挑んで、こっちはサクッと2回目で成功させる清水さんでした。

*****

軽く告知をして、終わりのご挨拶をして、そしてお見送りでイベントは終了です。お見送りの仕様は、2公演目と同様で。

さて、もちろん楽しくて嬉しいイベントだったことは言うまでもないですけど、わたくし、ずっとベリヲタを自認して、Berryz工房が現役の頃から清水さんのことは追っかけていたつもりだったんですけど、それでも、現役時代に、こんなに愛らしく可愛らしいキャラだったっけ?と思うことが(上述の通り)多々ありまして、驚いております。

そう思ってみれば、Berryz工房が活動停止するにあたって、たとえば「熊井ちゃんは、やっぱりモデルをやりたかったんだろうな」とか勝手に推測してたりしたわけですが、活動停止後のディナーショーだったりファンクラブツアーなんかの熊井ちゃんの様子を見ていると、こちらがそんなことを思ったのが失礼だと思えるほど、熊井ちゃんがアイドルとしての自分や Berryz工房としての自分を愛していたことが(活動停止になってから)わかるって場面も多かったりします。

見てるつもりで見えてなかったのか、ある程度の活動の枠が外れて、それまで表に出ていなかったところが表に出るようになったのか。むしろ、活動停止して以降に、どんどん魅力を増しているかのような Berryz工房メンバーだったのでした。

そういえば、千奈美ちゃんも帰ってきましたね。なんだか、いろいろ楽しみです。そうじゃありませんか?ご同輩!

(文=kogonil)

エンタメアライブでは、皆様からの投稿を募集しています。
詳しくはこちらを御覧ください『寄稿について

コメント

名前*必須