小片リサ、卓越したパフォーマーであることを満天に示しながら、ちょっと恥ずかしそうな『bon voyage!』in COTTON CLUB

2022年1月24日(月)  COTTON CLUB

24日の月曜日、「開場18:20/開演19:00」となる公演では「楽屋飯」自体が鹿島推し?ってことで、22日のオリジナルドリングが明瞭にアントラーズ推しだったように、茨木県産のローズポークの煮込みです。

小片さん、ステージの途中で真っ赤な衣装に着替えるんですけども(これは22日も同様)、その都度、共演者さんに衣装をローズポークに比定されてイジられる展開となります。

開演に向けた注意事項などの影アナはビタスイのあさひちゃんかな?って感じですけど、この24日には撮影が入っていましたので、後日、映像化商品として販売されるかも知れません。ここまで述べてきたことに一行でも引っかかる方がいらっしゃったなら、実際のパフォーマンスや小片さんの佇まいなどは、この文字列の数百倍、可愛く、素晴らしいので、まさに購入必須ですよ。もちろん、わたくしも。

22日の公演では、わたくし、SS席で、いろんな椅子の置かれ方の関係上、ほとんど最前で(前の座席の方がいらっしゃらず前方を遮るものがない状態で)観覧できた次第ですが、24日は落選リベンジで A席です。しかし、少し段差があるところから観覧できたのと、ステージの真横からの視角ってことで、端正な小片リサさんの横顔を、ず~~~~っと観ていられたのでした。

小片さん、真正面から見ると、ほんとにお顔がまあるくて可愛いのに(もちろん美しいけども)一方の横顔はといえば、とってもスッキリしていて美しいですよね。

ご挨拶と表情と

24日の公演では、OCHA NORMA の後輩たちがバックダンサーを務めてくれます。米村姫良々さんと窪田七海さん。これって毎度、生のハロメンを見るたびに驚いてるんですけど、ちっちゃくて可愛いのね!

窪田さんなんて、かつて研修生を順番にフィーチャーする「ハロ!ステ」の特集で眼にしていた頃から、ほんとに可愛くなったと驚かされます。…って、目の前でメインを張ってる小片リサさんその人に対しても、つばきファクトリーのリリイベで、個別のイベントで、リアルに眼にするたびに、ちっちゃくて可愛いくて驚かされるって感想を抱いてきたわけですけども、こうしてソロのメインのステージを務めてる小片さんと引き比べて、やっぱり後輩たちの “リアルで見るとちっちゃくて可愛い” ことに改めて驚かされる不思議さを思います。
いかんな… これで OCHA NORMA の現場に通い始めたらシャレにもなりませんよね。

さて、22日のトークでは、Bitter&Sweet の二人の発言に、どんな具合にリアクションしたもんか、ちょっと戸惑ったようなところも見せていた小片さんですけど、OCHA NORMA の後輩がトークしているときには(それは「今でも緊張してます」、「参加できて嬉しいです」といった新人さん定型のものでしたけど)いかにも愛おしそうに、後輩たちを慈しみの表情で見つめてます。… なんだか、すっかり小片さんも、先輩っていうか、お姉さんになったんですねえ。

超余談ですけど、2015年の2月末から3月頭に有明コロシアムで2Days で開催された『Berryz祭』、その研修生パートで、一番に下手側で、めっちゃ元気に踊っていた見慣れぬ美人さんだった(当時はNGTという来歴も名前も知らなかった)小片さんが… こうして COTTON CLUB で後輩たちを見つめている様子を観覧できるだなんて…

いや、小片さんが届けてくれる歌声が素晴らしいのは上に繰り返してきたところですけど、毎度、わたしたちは何を見せてもらってるんでしょうね。素晴らしいです。

そんな小片さんは、24日の終わりのご挨拶では、その直前にモーニング娘。のナンバーから『ふるさと』を歌ってくれたことに絡めて、東京出身だから “ふるさと” と呼べる地方がないけれど、こうして歌える場所が、わたしの “ふるさと” だって言えるように頑張りますと言ってくれます。ほんとうに、毎度、わたしたちは何を見せてもらってるんでしょうね。

*****

というわけで遅れましたが、24日分のセトリとなります(↓)。
中盤のダンスパフォーマンスで、一瞬、小片さんが足首をひねる場面があって、大丈夫かなって思いましたけど(パフォーマンス自体は立て直したけど、足首が痛そうだったので)、その後のトークで、自ら「コケちゃった」ことに触れ、大丈夫ですと笑っていました。

小片リサ「bon voyage!」 in COTTON CLUB
2022年1月24日(月) 公演
小片さんチェックのセットアップで登場
01・『真夜中のドア ~stay with me』小片リサ
02・『SEXY』 小片リサ
続く楽曲のイントロに重ねてご挨拶
03・『ルビーの指輪』 小片リサ
楽屋メシについて軽くコメント
04・『ロマンス』(岩崎宏美) 小片リサ
05・『低温火傷』(つばきファクトリー) 小片リサ
06・『フラリ銀座』(モーニング娘。) 小片リサ、Bitter & Sweet、OCHA NORMA
07・『恋はマグネット』(カントリー・ガールズ) 小片リサ、Bitter & Sweet
08・『寒いね。』(スマイレージ)OCHA NORMA
09・『ラブストーリーは始まらない 2022 Ver.』(Bitter & Sweet)Bitter & Sweet
10・『ないものねだり』(Bitter & Sweet)Bitter & Sweet
小片さん赤い衣装で ダンスパフォーマンス with OCHA NORMA 小片さんコケる
11・『雨音はショパンの調べ』 小片リサ with OCHA NORMA
12・『愛が止まらない~Turn it Into Love~』 小片リサ、譜久村聖
13・『奏(かなで)』(スキマスイッチ)小片リサ、譜久村聖
ちょっとトーク(小片リサ、譜久村聖)コケたけど大丈夫
14・『エキストラ』(KAN)譜久村聖
15・『愛~スイートルーム~』(美勇伝)小片リサ、Bitter & Sweet
16・『』(森高千里)小片リサ
17・『歌うたいのバラッド』小片リサ
今日の感想(小片リサ、田﨑あさひ、長谷川萌美、OCHA NORMA)
18・『ふるさと』 (モーニング娘。) 小片リサ、Bitter & Sweet、OCHA NORMA
↓↓↓↓↓アンコール↓↓↓↓↓
小片さん白い衣装で ここがソロとしての私の「ふるさと」になるのかも
19・『いのちの歌』小片リサ

モーニング娘。リーダー譜久村聖さん

さて24日の公演には、モーニング娘。から、リーダーの譜久村聖さんがゲストで参加します。Wink カバーの『愛が止まらない~Turn it Into Love~』に加え、スキマスイッチから(だから、もしかしたら映像化商品からはドロップするかもしれない)『(かなで)』を、小片さんとデュエットしてくれ、そして、KANさんカバーの配信曲『エキストラ』を歌ってくれます。

譜久村さん、美しいですね。
上に小片さんについて、個々の現場では小片さん当人が可愛いっていう印象を受けていたけれど、一方で、OCHA NORMA の後輩と一緒にいると、すっかりお姉さんになっているといった趣旨のことを述べましたが、同様に、譜久村さん、モーニングのステージや、バックステージ密着のDマガなんかとは、全然違って、ほんとに素敵なお姉さんです。美しかった…

もし、遠くない将来にハロプロを卒業しても、譜久村さんが M-line のステージに参加してくれるなら、わたしは、そこに通いたいと思います。譜久村聖さん、もう10年以上知っているはずなのに、今になって、ぞっこんです。

小片リサをよろしくお願いします

いろんなことを述べてきました。
ルックスの美しさ可愛さから、あんなにも素晴らしく透明な歌声を誇りながら、どこか照れたような雰囲気を纏い続けていることや、トークでの表情に見せる、ちょっとした戸惑いや、先輩としての慈しみの視線まで。

ちょっとした些細なことが可笑しくて笑っちゃっていたり、今更ながら「明けましておめでとうございます」ってご挨拶しては「今日が初めましての方もいるからOKですよね」って言って笑っていたり(22日夜)、こうしてソロで歌えるステージが私のふるさとになりますように、って抱負を語ってくれたり(24日)。

そんな風に、やっぱり “可愛らしい” 小片さんは、透徹した歌声を朗々と響かせる、すばらしいパフォーマーであることを、改めて見せてくれて、そして、毎回、次のようにご挨拶を締めては、手を振りながらバックヤードに引き上げていきました。
曰く「これからも、小片リサをよろしくお願いします」って。

ハロプロ現役組が個々にグループ毎のホールツアーを敢行するってのに、M-line の方も、こんなに充実したメンバーと内容で攻めて来られては、まったくもって、ファンとしては嬉しい悲鳴を上げないわけには…。困ったもんですよねって、そんな具合にご同輩諸氏に共感を求めて、散漫ながら、小片さんが魅力的であったことを伝える記事を終えようかなと。

(文=kogonil)

エンタメアライブでは、皆様からの投稿を募集しています。
詳しくはこちらを御覧ください『寄稿について

コメント

名前*必須