道重さゆみ、20代最後のバースデーイベント ~語り倒される些細なエピソードこそ “信頼” のバロメーター~

親戚の姪っ子だったり、ようやく言葉を話し始めた3歳児くらいの女の子だったり、一生懸命いろんなことを話してくれる幼い子って、めちゃくちゃ愛らしいですよね。その子なりに伝えたいことを十分に伝えるために、本来であれば取捨して再構成してから語られるべきエピソードなのに、その背景から自分が感じたことまで、逐一、まるごと、全部言葉にしようとして(ところどころ失敗して)る様子って、ご想像できると思うんですけども、その語る内容以上に、一生懸命伝えようとしているその姿こそが愛らしいですよね。
そして、その語る内容以上に、何事かを伝えたいと思ってくれて、こちらを(この人は私の話を聞いてくれると)信頼してくれていることこそが、一番に愛らしいです。

*****

29歳になったのに若いね、衰えないね、相変わらず可愛いね…という声が各地から聞こえてくる道重さゆみさん。衰えない可愛さはルックスだけではありません。
たとえば、29歳という20代最後の誕生日だったりするわけですから、それこそ “道重さゆみの物語に参加している感じ” を正面から味わえるような、そんな印象深いエピソードだったりトークだったりを、ファンとしては期待しちゃったりもするわけですけども、しかし、そうした点にまったく触れないわけではなくとも、後述するように、基本的には “道重さゆみの日常風景” が、饒舌に、しかし、嬉しそうに語り倒されます

大事なことは、そんな “なんてことのない さゆみん の日常を語ります” ということが、”二軍落ち” とか自ら言っちゃうくらいの些細なエピソードを語ることが、この場でならば通用すると道重さんが思っているところ(ほんとうは、道重さゆみほどの知名度ならば、どこでも通用するんだけどね)。

嬉しそうに、些細な内容を一生懸命語るところ。
楽しそうに、早口でその背景から何から細大漏らさず全部しっかり伝えようとするところ。
そして、自分の話をちゃんと聞いてくれると客席を信頼してるところ。
なんだか、29歳の道重さゆみさんに、冒頭で述べた愛らしい3歳児の姿が重なります

道重さゆみバースデーイベント in 山野ホール

はい、そんなわけで、そのルックス以外の部分の愛らしさこそ爆発していた道重さゆみさんの29歳のバースデーイベントが、お誕生日当日の2018年7月13日の金曜日、代々木は山野ホールにて開催されました。

イベントは、”開場19:30/開演20:15″ の1回目公演と “開場19:30/開演20:15” の2回目公演の2回まわし。先行の物販スタートは、15:00 から。昨年のバースデーイベントとは異なって大幅な時間延長こそなかったけれど、怒濤のように喋り倒すのは昨年同様です。とにかく道重さん、喋ること、喋ること。それも楽しそうに。

この道重さゆみさんのバースデーイベント、一番に印象的なことが、道重さんが、嬉しそうに、楽しそうに、道重さんの身辺雑記的なトピックを、その細かい背景から何から、全部伝えずにおくものかと言わんばかりに、怒濤のように喋り倒していることだったりするので、取捨してレポをまとめようとすると、実に困りますよね。

イベント概要 道重さゆみに突っ込む道重さゆみ

イベント開始までのホール内BGMは『SAYUMINGLANDOLL~宿命~』の楽曲です。

イベントは、スクリーンに映し出されるVTRと、ステージ上の道重さんとの掛け合いで進んで行きます。VTRに映し出されるのは、懐かしい “ピンキーさゆみん“。もちろん、あのハロモニに登場していたキャラクターです。

先般の “ハロモニ20周年記念番組” でも、自分が全カットされていたと、いきなり20周年番組をDISるピンキーさゆみんですが、ピンキーは心の声がダダ漏れで、ステージ上の道重さんが “自分、可愛い” 的なことを言う度にVTRの中でいろんな突っ込みを入れてくるという趣向なんですけど、これは、すべて当の本人である道重さんが自分でプロットを書いて、自分で進行台本を準備したとのことで、要するに、道重さゆみに対する辛辣な突っ込みを、道重さんが自分でやってるという微笑ましい一幕です。

ここでも印象深いことは、”無理して可愛こぶってる” 的な自分突っ込みを、客席が面白がってくれると道重さんが信じて疑っていないところ。そう自分で自分に突っ込んでも、それでも、突っ込まれた側の自分の可愛さは(客席にとって)揺るがないと、そのように道重さんが思っているところ。自分自身の立ち位置と来歴を踏まえて、その上で、このファンクラブイベントという場で強調される “面白さ” が、ちゃんと伝わるところこそ印象的な場面でした。
それこそ、自分の話をちゃんと聞いてくれると客席を信頼してるところにも通じて。

その関連で、余談を少し。
スクリーンに “ピンキーさゆみん” が登場して来るや、周囲のファンのみなさんが口々に「じゃあ、次はプリンセス・ワイワイに登場してもらって」とか話してます。
当たり前ですけど、みんな、ハロモニ見てたんですね。

この、ステージの上のメンバーが客席を信頼していること。何について信頼しているかと言えば、個々のファンがどうこうってことではなくて、メンバーが想定する文脈を客席が共有していることについて信頼しているってこと。そして、その信頼通りに、客席のほとんどが、しっかり「ハロモニ」を記憶していること…。
毎度、具体的な内容こそ異なれど、ハロプロの現場で感動することは、こうした信頼の円環がしっかり回っていることですよね。

と、今般のイベントは、VTRの中の自分との掛け合いで進んで、さわやか五郎さんなどMCヘルプは一切なく、最初っから最後まで道重さん一人で進行します。

そんなVTRとの自分突っ込みに促されてスタートしたイベントの概要は、こんな感じ。
構成やセトリは、2回まわしの2公演で違いはありません。

VTR:心の声がダダ漏れの “ピンキーさゆみん” とDISり合いのオープニング
初公開さゆみんノート
→ VTR:ピンキーの秘書、”道ノ重さゆ乃” 登場
みんなのために頑張ります さゆみんチャレンジ
みんなの質問に答えるコーナー
→ 衣装チェンジの間にVTRで「~宿命~」公演のダイジェストを
ミニライブ

  1. キラキラは1日にして成らず! (SAYUMINGLANDOLL~宿命~より)
  2. EIGAをみてよ (SAYUMINGLANDOLL~宿命~より)
  3. 弱虫 (『泣いちゃうかも』カップリング)
  4. Loveイノベーション (『ワクテカ Take a chance』カップリング)
  5. ラララのピピピ

まずはご挨拶 29歳になりました

オープニングのご挨拶トークだけでも、怒濤のお喋りはいきなりフルスロットルです。

1公演目でのご挨拶トークでは、誕生日当日のブログやインスタの更新が遅れたことの言い訳を。29歳になった瞬間にはタピオカを茹でていたという道重さんは、タピオカを茹でることに一生懸命で日付が変わったことに気づくのが遅れ、ブログやインスタの更新も遅めになったんだとか。「全部タピオカのせいだから許してね」と客席に可愛く媚びる道重さんでした。

2公演目でのご挨拶トークでは、「もう29歳」っていう言い方は後ろ向きで嫌だから、ショコタン(中川翔子)さんの “年齢をレベルで喩える” 話しを引き合いに出して、直接年齢に言及しない、なにか良い別の言い方はないか募集中とのこと。

このご挨拶トークでは、さっきも触れたような客席への信頼とも通底して、なんだか来年も再来年も、ずっとこうしたファンクラブイベントを続けてくれることが当たり前の前提であるような言い方も多くて(道重さん本人も意識してないかもしれないけど)、それも嬉しかったところです。年齢に言及する良い言い方を募集するところでも、30歳、40歳と続いていくのが当然であるような語り口だったりして。

初公開さゆみんノート こんな感じで続くけど大丈夫?

最初のコーナー企画は『初公開さゆみんノート』。
なんでも道重さんは、普段あったことを忘れないように、細かな身辺雑記をノートにまとめているんだそうで、その中からラジオやトークイベントなどで話したものには「☆」マークをつけているんだとか。

そんな『さゆみんノート』から、ラジオやトークイベントでは公開していない、いわば “二軍落ちの話” を大公開という趣向。
いや、身辺雑記からエピソードを公開と言いつつ、ノートに描いてある文字列を読むのではなくて、「あ、これ」とかエピソードを選んだら、ノートそっちのけで、やっぱり喋り倒すところが、さすがと言うか、なんと言うか。道重さん、めっちゃ楽しそうでしたよ。

その道重さんがお喋りしていた様子は、文字に落とし込むことは不可能で、いかにまとめようとも、その怒濤のトークの数%も再現できないことは明らかなんですけども、わずかなりと雰囲気を伝えたいので、記事末にまとめたりせず、このまま、こんな感じ(↓)です。

1公演目 初公開さゆみんノート
  • 去年の今日(2017.7.13)インスタを始めた。
    やり方も知らなかったので友達のアカウントを借りて練習していた。
  • インスタ続き。誕生日に開始できるように、入念に前日から練習していたけど、ちゃんとお誕生日と同時に告知したかったから、お誕生日前にこっそり(練習用)アカウントが出来ていることがばれやしないかとドキドキしていた。とはいえ、バレなきゃバレないで、注目されてないのかと不安にもなった。結局 “どうなりたかったんだよ自分!” って感じですよね。んふふふ。
    みんな、こんな感じの話が続くけど、大丈夫?
  • インスタ続き。おしゃれな写真をアップしたくて友達にも協力してもらって、原宿にある “CAROLINE DINER” というお店で写真を。そのお店のことは、スタッフさんにも自慢していた。だけど、この “CAROLINE DINER” を、ずっと “THE FLYING DINOSAUR”(USJのアトラクション)と勘違いしていて、自慢してた周囲の人々には、怪訝な顔をされていたという話。
  • じゃあ次はこれにしようかな…んふふふ(と急にケラケラっと笑う)
  • 去年の夏に行った山口の海で、子供の頃から行ってた海なのに、なんか綺麗で感動した。海の売店にはカキ氷がなかったので、別の観光地の屋台でカキ氷を食べることに。
  • 屋台のおじさんがお客さんでも平気で怒るほど、すごく恐くて。
    私も叱られないように食べ残したカキ氷をどうすれば良いか聴いたところ、「そんくらい自分で考えろ」と、結局、叱られた。モーニングで、わからないことは聴けと教わったことは何だったのか…って、大丈夫、みんな、ついてきてる?
  • 家族で行ったグアム旅行で、マジックショーを観に行った。
    ご飯を食べながら観られるマジックショーで、客席からステージに(マジックの腹切りショーの被験者として)呼び込まれたお姉ちゃん。ステージに呼ばれてスイッチ入ったお姉ちゃんは、あたかもプロの芸能人のように、出演者然としてテンション高めにマジックショーに参加するものの、いざお腹を切られる場面で横たわってから、見た目にもハッキリわかるほどテンションが下がっていく。マジックを終えて戻って来たお姉ちゃんに理由を聴くと、ずっと “パンツが見えなかったか” を気にしていたんだとか。
  • 家族で行った伊豆旅行
    バスツアーでも楽しかったので、お姉ちゃんにも見せてあげたかった「カピパラ温泉」だが、お姉ちゃんが頑なに拒否するので、そこまで嫌ならしょうがないなと諦めていた。帰り道で、なんでそんなに嫌だったのかと確認してみると、カピパラと一緒に温泉に入るものだと勘違いしていたお姉ちゃん。カピパラが温泉に入っているのを観るだけだと知って “それなら観たかった” と残念がるお姉ちゃん。
2公演目 初公開さゆみんノート
  • マイペースすぎるお兄ちゃん
    ふだん あんまりお兄ちゃんの話しないんですけど、お兄ちゃんがいるんですよ(笑)
  • お兄ちゃん話し続き。
    久しぶりの家族ランチにお兄ちゃんも参加(お父さんは山口にいて参加できず)。
    家族での食事って、食べることよりも、食べながらお喋りするのが楽しいじゃないですか。食べ終わってお喋りもしないで寝ちゃうお兄ちゃん、めっちゃマイペースだなと。
  • お兄ちゃん話し続き。
    でもまあ、お兄ちゃんがお土産にケーキを買ってきたところは評価できる。その中にモンブランもあって、ケーキを選ぶときに、お母さんがモンブラン好きだからと盛り上がってたのに、その場で私たちに一切遠慮無くモンブランを取って行っちゃうお兄ちゃん、ほんとマイペースだなと。
  • 最近ショックな話し
    コメント力のなさにショック。
    近所のお気に入りの “しゃぶしゃぶ屋さん” を友人にお薦めしようとして、昼に行っても良いし、お仕事帰りに行っても良いしと、一生懸命話してたら、「それ、”いつ行っても良い” と言えば良いのに」と返されて、大ショック!
    もしかして自分、しゃべりが下手?
  • しゃべり下手でショック話し続き
    その友達の弟が結婚するのでVTRのスピーチを引き受けて、わたしテレビでも喋ってるし、プロだし、余裕だよって思ってウキウキと引き受けたのに、全然言葉が出てこなくて、素人のその友達にも何度もリテイクを出されて大ショック!
  • 昨年のバースデーイベントでVR(バーチャル・リアリティ)のリアクションの話しをした。VRのアトラクションに遊びに行ったところ、お客さんは「わあ」とか「ひゃあ」といった驚いたリアクションを誰もしてなくて、スタッフさんも寂しそうだったので、ちゃんとしっかりリアクションした自分は良いお客さんだったなと、そういうエピソードを話した。
    んで、最近もVRに遊びに行ったけど、この時は、けっこう恥ずかしくてリアクションしなかったら、ファンに声をかけられて「道重さんですよね?」って。そこまでは良いんですけど「去年のバースデーイベントにも行きました」って言われて、ものすごく恥ずかしかった。あんだけ “良いリアクションした” って話しをしたのに、全然リアクションしてないところを見られて大ショック!
  • 山口のローカルTVに出演したとき、おばあちゃん家に泊まったら私服をDISられた
  • 恥ずかしい話。
    お母さんにネギ買って来てって言われて、スーパーでネギを買ってくる。
    スーパーの袋にネギを “ブッ刺せる” のは、いろんなものが袋に入っているからであって、ネギだけだとバランス悪くて落ちやすい(と懸命に説明)。
    その日は、スタバに行きたかった。ネギがあるなと、わたしネギを持ってるなと、ネギを買って不安定な状態でネギを持ってるなとは、わかっていたけど、スタバに行きたかったので、行った。もう気持ちがスタバだったから。
    案の定、スタバでネギを落としてしまってオシャレでもなんでもなくなる。
    さらにその後、エスカレータでもネギを落とす。また下まで戻って、片手にスタバを持ちながらネギを拾うのかと思って超落胆。(結果的に親切な人が拾ってくれた)
  • 嬉しかった話し
    小2の女の子と遊んだことが嬉しかった。
    母の友人の子供だから、ちゃんと遊ぶ経路は踏んでる(何かを気にしている道重さん
    その子に “顔が可愛い” と言われて、”大きくなったらこんな顔になれるかな” って褒められたのが超嬉しかった(一方、お姉ちゃんはその子に気を使われていた模様)。

繰り返し、どのようにまとめようとも、怒濤のトークの数%も再現できないことはお伝えしておきますけども。
個人的には、2回目公演の お兄ちゃんネタで、ケーキの “モンブラン” っていう発音が微妙にブレるのが可愛かったです(そりゃもう、全部可愛かったですけど)。

みんなのために頑張ります さゆみんチャレンジ

続いてのコーナー企画は『さゆみんチャレンジ』。
出されるお題をクリアできたら、お見送りで参加者全員に道重さんオリジナル缶バッチをプレゼントというもの。(ちなみに、これ1回目も2回目も同じかと思ったら、それぞれ別のデザインの缶バッチで、めっちゃサービス満点でした)

コーナーの仕切りは、やはりVTRに登場してきた新キャラ “道ノ重さゆ乃” さん。
なんでも、ピンキーさゆみんの秘書なんだとか。「ピンキーもエリック亀造の秘書だったはずなのに、秘書なのに秘書がいるなんて生意気ですよね」と道重さん。

そして、この「ピンキーもエリック亀造の秘書だったはずなのに、秘書なのに秘書がいるなんて生意気ですよね」ってコメントを、道重さんは2回目の公演でも、律儀に繰り返しています。いかに事前にシナリオを入念に練り込んでいようとも、こんなあたり、可愛らしいですよね、ほんとに。

1公演目 さゆみんチャレンジ 【利きまりあ】
【ルール】3人分のおめでとうメッセージを聴いて、どれが牧野真莉愛のものか当てる
道重さんの回答
Aを聴いて:小田ちゃん! 小田ちゃんの声が好き
Bを聴いて:真莉愛ちゃん!
Cを聴いて:工藤! 声がかすれちゃってるけど大丈夫?忙しくて疲れてるのかな?

このチャレンジは、【B:真莉愛ちゃん】が正解で、みんなに缶バッチを配布できることになります。なんでも、真莉愛ちゃんがお誕生日メッセージ着信第1位だったとか(2位はカントリーの山木さん:いろいろさすがですよね)。

道重さんが、てっきり工藤さんだと思って「声がかすれてるけど大丈夫?」などとコメントしていた “C” は、実は大先輩の中澤姐さんだったりして、「えーーーっ!かすれ声だなんて言っちゃった!」と大騒ぎする道重さんでした。別に中澤姐さんは全然怒らないだろうと思うけど、それでも、秘密にしてねと、みんな私の味方でしょと、大騒ぎした挙句、「みんな、ミッフィーちゃんでお願いしますね」と道重さん。ミッフィーちゃんってお口がバッテンだから “お喋りしないで” の意味になるんだそうです。勉強になりますね。

余談ながら、道重さんの「小田ちゃん」の言い方が可愛かったところと、道重さんが小田ちゃんの声が好きなところが、個人的なお気に入り。

2公演目 さゆみんチャレンジ 【暗記ゲーム】
モーニング娘。’18メンバーがスクリーンに順番に映し出されるので、その登場順を記憶する
NGでした → 代わりに “道ノ重さゆ乃” さんがケンダマにチャレンジ

2回目のチャレンジは失敗に終わって、VTRの中で “道ノ重さゆ乃” さんがケンダマに(大騒ぎしながら)チャレンジすることで、なんとかプレゼントはOKになりました。

ええ、VTRの中で、失敗した場合のリカバー版を準備していることから(先に「エリック亀造の秘書だったはず」というコメントを繰り返したように)、ちゃんと準備したものが全部披露できて良かったねとさえ思える展開。もう、イベントの展開すら可愛いですよね。

みんなの質問に答えるコーナー 恋人発覚?うさちゃんピースの秘密??

続けて、イベントのド定番、事前に募集した参加者からの質問をBOXから抽選する『みんなの質問に答えるコーナー』です。

翌日(14日)の写真集発売記念握手会の取材でも取り上げられていた「いきなりステーキが恋人」との件、初出は、こちらかと。
その他にも、大阪でのSAYUMINGLANDOLL公演で披露したエピソードの続きだったり、うさちゃんピースの弱点だったり、一見些細なようでありながら、道重さんのことを良く知るファンだからこそ垂涎のエピソードてんこ盛りで、怒濤のお喋りは一向に緩みません。

1公演目 みんなの質問に答える
  • 気になるハロメンは?
    松原ユリヤちゃん!
    ユリアちゃんのエピソードをいろんな人から聴いてまわっていて、もう忘れられない。
    でも、まだ活動して間が無いからそんなにエピソードがなくて切ない。ユリアちゃんのことを考えて過ごした夜もある。
    ユリアちゃんが描く生写真に落とし込むイラストが可愛いので注目ですよ!
  • 夏バテ予防法は?
    しっかり食べること!
    今日、イベントの準備やリハーサルで忙しくて、なんだか “くらくら” してたけど、ごはん食べたら治ったよ。
  • ステーキのこだわりの食べ方は?
    レアで、塩と暖かいソースが好き。
    いきなりステーキにハマっていて4回行った。いきなりステーキでは、肉マイレージでカードを作れるし、専用アプリでも確認できるんだけど、こんなにハマるとは思ってなくて、初回はカードを作らなかったので、肉マイレージをアプリで確認しても、900g って出てるけどホントは 1200g なのになって、ずっと後悔してる。
  • 休みの日の過ごし方
    いきなりステーキ、行っちゃうかも
    いきなりステーキが恋人です
    だから休日は恋人と過ごすかも♪
  • 最近の まーちゃん との面白エピソードは?
    おめでとLINEがさっき来た。
    みにしげさんは歳をとらない “てんねんきかんぶつ” ですか?と訊かれたけど、たぶん「天然記念物」と言いたかったのだと思う。
  • 20代最後の一年をどう過ごしますか?
    普通に過ごす…んふふふふ。
    自分でも自分のことを好きでいたいから、無理をしないで、自然にしていたい。
2公演目 みんなの質問に答える
  • ヲタ友をつくるきっかけを教えて
    物販のシールを買って、シール交換をする。物販のシールがランダムなのは、ちゃんと交換ができるようにっていう、この私の配慮ですよ!
    デコレーションがお薦めです。『SAYUMINGLANDOL』公演の楽屋でも、シールについては微妙なリアクションだったけど、デコレーションしたものを見せると共演者の食いつきが違うから。
  • 石田さんとはプライベートで何か遊びましたか
    愛理の武道館を観に行ったとき、後ろから急に髪をさわさわしてきて吃驚したので、”さわさわしないで” って約束してきました。
  • インスタでのお気に入りの写真は?
    キャップをかぶった自撮り
  • 飼っているフグに名前をつけてください
    さっき飲んだから “レッドブルちゃん” で。翼が生えるかもね、んふふふ♪
  • ヨーグルトをこぼしたバックのその後は?
    大阪での『SAYUMINGLANDOL』公演で話したエピソードらしい。
    バッグの中がヨーグルトだらけになった後、バックは洗ったけど、手帳がよれよれになってしまった。しかし、その分、紙が若干ゴワゴワした結果、めくりやすくなって、使いやすくなって、良い感じにヨレて、かえって良かった
  • ハロドラのカミコを見つめすぎた時の話題を
    カミコ(上國料萌衣)のくまもんダンスが可愛くて。
    カミコからも、おめでとうLINEが来ましたよ♪
  • シール集めてないんですけど、ポチ袋はいつ使えば?
    シール交換用にと、物販に加えられたポチ袋。
    絆創膏とか、なにを入れても良い。カバンの小さなポケットがぐちゃぐちゃになってることってあるじゃないですか、それを防げる
  • この夏、グアムや伊豆で出来なかったことをリベンジするなら?
    パラセーリングをしたんだけど、パラセーリング中もお姉ちゃんとずっと世間話しをしていて、海とか風景をちゃんと見てなかった。戻って来ると次に予約していたご家族がウミガメを見たとか話してて、それで景色を見れば良かったのかと気付いた。もう、そういうことは最初にちゃんと教えておいて欲しかった(という謎のご立腹)。
    結果、世間話しをしていて風景をちゃんと見てなかったことにリベンジしたい。
  • うさちゃんピースで可愛く写るポイントは?
    そう、意外と “うさちゃんピース” って、大きく見えちゃって案外可愛くないんですよね。どうすれば可愛く見えるか現役時代から研究してたから教えてあげるね。んふふふ。黙っていてごめんね(←!)
    まず第一に、脇を締めるのがコツ。第二に、ピースサイン自体も、頭の上でやるんじゃなくて、テンプルのあたりに親指の付け根がくるように、全体的に、小さく “うさちゃんピース” をするのがコツですよ。

繊細さと小心さと そして信頼と

続くミニライブでは『SAYUMINGLANDOLL~宿命~』公演からの楽曲や、モーニング娘。のシングルのカップリングから選曲されています。その選曲の理由は語られることはありませんでした。

それでも、道重さんは、こんな話しもしてくれます。
ラララのピピピ』で「♪ねーてーいーたーい」のパートで、寝ているフリをして、実際にステージ上でも眼を閉じているときに、道重さんはいつも不安なんだとか。「このとき、ドッキリか何かで、眼を開けてみたら客席に誰もいなかったらどうしようって、いつも思うんです。眼を開けたら “ああ、みんな居る!” って、いつも嬉しいんです」と。

*****

今般、公演毎にVTRとのやり取りの中で、定められたコメントを、律儀にきっちり繰り返したところからも、入念に事前に決めたことを、しっかり守ろうとしすぎるところも垣間見えた道重さん。後輩の武道館公演にサプライズのゲストで登場するにあたっては、緊張で、ステージが終わってから軽くアゴが外れていたとも話してくれました。

こんなにも大胆で、あんなにも自由奔放なようでありながら、こうした細かなところで、道重さんは実際には繊細で小心であることが明らかだったりします。

29歳という20代最後の年でもあるわけですし、来年は30歳を迎えるという節目でもあります。この先の活動がどうなるのかといったことも気になるタイミングです。ですから、ファンとしては、言ってみれば “道重さゆみの物語の画期” に参加していたという実感を求めて、こうしたミニライブの選曲の理由なんかも含めて、深く感じ入るような、そんな “語り” を期待しちゃうところもありました。

けれども、語られるのは、すでにご確認いただいたような些細とも言える身辺雑記的なエピソードばかり。よく “口から産まれた” って自分でも言ってますけど、ほんとに楽しそうに、そんなエピソードを道重さんは、めっちゃ喋ります。

そして、繊細な心を持つ臆病で小心な道重さんが、重々しく語られる大告白なんかじゃなくて、意を決して語られる大スピーチじゃなくて、嬉しそうに、一生懸命、些細な身辺雑記的なエピソードを、楽しそうに客席に伝えてくれるからこそ、だからこそ、ファンのみなさんは私の話しを聴いてくれると、道重さんがそう信じていることが伝わってくるという次第です。29歳になっても、可愛さの化身は、ますます可愛いようです。

繰り返し、モーニング娘。の二度目の黄金期を支えた伝説のアイドルには、この意味で、愛らしい3歳児の姿が重なります。…ってか、こんな子だからこそ、かつての伝説化が、改めて、どんだけ偉大だったのかと思ったりしますよね。

今にして思いますね。よく語られた “親戚のおじさん目線” って、かくも深いものだったとは。

…というわけで、わたくしも、本来ならば取捨して再構成されるべきレポを、一生懸命たくさん伝えようとしてみましたけども、さて、可愛かったでしょうか?

(文=kogonil)

エンタメアライブでは、皆様からの投稿を募集しています。
詳しくはこちらを御覧ください『寄稿について

No comments yet.

Leave a comment

名前*必須