More from: アンジュルム

ひなフェス2021 ソロ&シャッフルユニット抽選動画はスクショタイム多めの見所満載バージョン!

ハロー!プロジェクトの春の祭典である『ひなフェス』は、毎公演ごとに、ユニットの枠を超えて、その公演限りのシャッフルメンバーでの楽曲披露やソロでの楽曲披露があることでも知られている。コロナ禍に襲われた結果、無観客での配信となった2020年の『ひなフェス』も、このシャッフルとソロの趣向は、しっかり踏襲された。 そうしたシャ…

続きを読む


Hello! Project 2021 春 のライブは、全グループ再編成で「花鳥風月」ツアーを開催

いくらなんでも告知が遅すぎるから、やっぱりコロナ禍で、今年は”ひなフェス”も、各グループの春ツアーもないのかなあ… …と、多くのファンが半ば諦めにも似た観測を始めていた2021年のハロプロのライブスケジュールについて、2月も初旬が過ぎようとしている頃、公式のお知らせが飛び込んできた。 2021年…

続きを読む


2021年冬のハロコン、再度の緊急事態宣言を受け開演時間の変更へ

2021年を迎えてもコロナ禍は依然として収まらず、感染者が増加傾向にある中、首都圏の1都3県を含む各地に緊急事態宣言が発令されている。多くの産業がこの再度の緊急事態宣言に対応を迫られる中、アップフロントもまた、冬のハロコンの開催仕様に変更を余儀なくされている。 東京・神奈川・千葉・埼玉の一都三県をはじめとして、また各地…

続きを読む


まさに一騎当千、制約を乗り越え明日を眼差す正しいエンタメ Hello! Project 2021 Winter 〜STEP BY STEP〜

とりあえず嫌なことは忘れて楽しもうと思って向った年末の中野で、「この場所で待っているから」とか、つばきファクトリーの秋山眞緒さんに歌われて、「うおおおおおおん、おがたさあああん、この場所で待っているからねええええ!」と、すっかり忘れるはずだったことに真っ正面から向き合うことになってしまった2020年の暮れでありました。…

続きを読む


意図せぬ「ハロプロらしさ」を示しながら、不本意だった2020年を締め括るHello!Project Year-End Party 2020 第二部

はじめに 正直、足が重かったけれど 今年も恒例のハロプロカウントダウン… とは言いつつ、コロナ禍の影響で、今年は年越しのライブではなく簡易版ハロコンのような形の3部構成でお送りされることになるとは、申し込みの段階でお知らせされてました。コロナ禍ってことなら、会場の入場制限もあって当選確率がめっちゃ悪化した2020年の傾…

続きを読む


アンジュルム船木結 および Juice=Juice 宮本佳林、12月の武道館をもって卒業 とうとう正式告知

もう、すっかり “卒業宣言” は無かったことになっていたんだと思っていたファンも多かったのではないだろうか。 2020年の春に所属グループとハロプロからの卒業が告知されていた、アンジュルムの船木結、Juice=Juice の宮本佳林が、2021年の幕開けを待たずに、やはり告知通り、ハロプロから卒…

続きを読む


攻撃特化型ユニット アンジュルム、可憐ではかなげな3名の新メンバーをお披露目!

まるっと10ヶ月を要したことになる。アンジュルムが新メンバーのオーディションを開催すると告知したのは2020年の1月初旬。その報を受けて、「まずはオーディションの続報を待ちたい」と身構えてから、まるっと10ヶ月が経過した。 途中、一次審査が終わったとか、審査が進捗しているらしきことが伝えられはしたが、やはり新型コロナウ…

続きを読む


ハロプロから新しい配信番組が!! 最前列シートのプレミアム感満載のライブ番組がスタート

ハロプロの配信番組があるからと、とりあえずお試し期間中だけと思って仮契約した各種のチャンネルが、結果的に有料期間に突入してしまっても解約できずに脂汗を流しているファンが多いのだという。 新型コロナウイルス感染防止対策のため、従来とは大きく異なった形での興行を続けることになった2020年のハロプロだが、ここへきて、新たな…

続きを読む


謹慎中のアンジュルム 太田遥香、ハロプロ残留もアンジュルムは卒業? 新たな再起を目指すか

ハロー!プロジェクトのルールに反する事案が発覚した結果、一時的にアンジュルムから離脱して芸能活動を自粛していた太田遥香だが、2020年の春先からの半年以上にわたる謹慎を経て、その去就が明らかになった。 今年3月より活動を休止しているメンバーの太田遥香ですが、アンジュルムでの活動は終了し、 今後、ハロー!プロジェクトで再…

続きを読む


秋のハロコン延長戦に、会場「日本武道館」が大追加!

メンバーが3チームに分かれて変則的な形(J-POPのバラード曲をカバーするソロステージの競演)でお送りされていた2020年の夏のハロコンだが、その形式を踏襲しつつメンバーがさらに細分化され、秋に70公演という大規模な延長戦が展開されることは、すでにアナウンスされていた。 「J-POPバラード中心」「声援控えて」ハロコン…

続きを読む