More from: アンジュルム

アンジュルム船木結 および Juice=Juice 宮本佳林、12月の武道館をもって卒業 とうとう正式告知

もう、すっかり “卒業宣言” は無かったことになっていたんだと思っていたファンも多かったのではないだろうか。 2020年の春に所属グループとハロプロからの卒業が告知されていた、アンジュルムの船木結、Juice=Juice の宮本佳林が、2021年の幕開けを待たずに、やはり告知通り、ハロプロから卒…

続きを読む


攻撃特化型ユニット アンジュルム、可憐ではかなげな3名の新メンバーをお披露目!

まるっと10ヶ月を要したことになる。アンジュルムが新メンバーのオーディションを開催すると告知したのは2020年の1月初旬。その報を受けて、「まずはオーディションの続報を待ちたい」と身構えてから、まるっと10ヶ月が経過した。 途中、一次審査が終わったとか、審査が進捗しているらしきことが伝えられはしたが、やはり新型コロナウ…

続きを読む


ハロプロから新しい配信番組が!! 最前列シートのプレミアム感満載のライブ番組がスタート

ハロプロの配信番組があるからと、とりあえずお試し期間中だけと思って仮契約した各種のチャンネルが、結果的に有料期間に突入してしまっても解約できずに脂汗を流しているファンが多いのだという。 新型コロナウイルス感染防止対策のため、従来とは大きく異なった形での興行を続けることになった2020年のハロプロだが、ここへきて、新たな…

続きを読む


謹慎中のアンジュルム 太田遥香、ハロプロ残留もアンジュルムは卒業? 新たな再起を目指すか

ハロー!プロジェクトのルールに反する事案が発覚した結果、一時的にアンジュルムから離脱して芸能活動を自粛していた太田遥香だが、2020年の春先からの半年以上にわたる謹慎を経て、その去就が明らかになった。 今年3月より活動を休止しているメンバーの太田遥香ですが、アンジュルムでの活動は終了し、 今後、ハロー!プロジェクトで再…

続きを読む


秋のハロコン延長戦に、会場「日本武道館」が大追加!

メンバーが3チームに分かれて変則的な形(J-POPのバラード曲をカバーするソロステージの競演)でお送りされていた2020年の夏のハロコンだが、その形式を踏襲しつつメンバーがさらに細分化され、秋に70公演という大規模な延長戦が展開されることは、すでにアナウンスされていた。 「J-POPバラード中心」「声援控えて」ハロコン…

続きを読む


J-POPバラードのカバーで魅せるハロコン Hello! Project 2020 Summer COVERS 〜The Ballad〜、王道のステージで思わぬ魅力も鮮明に

はじめに 浅倉樹々の圧倒的な歌唱に腰を抜かした8.23中野サンプラザ それは、2020年8月23日の日曜日、中野サンプラザで行われた午前11時開演のCチームによるライブのトリでのことです。つばきファクトリー浅倉樹々ちゃんが登場してきて、その歌唱を始めようと、最初の母音(「お」)を発した途端、中野サンプラザの空気が変わり…

続きを読む


怒涛の52曲全ステージレビュー!『ソロフェス』で示されたハロプロがハロプロたる理由

はじめに 思い出されるエピソード ソロフェスだから「ソロ」かと思えば、52曲のソロを連ねて示されたのは、まさに圧巻のハロプロだったという次第。52曲の連続で示されたもの、それは「ハロプロの実力」といった、個々の分析的な要素ではなくて、まさに「ハロプロそのもの」といった総合であったかと。 2020年7月4日に、テレ朝チャ…

続きを読む


ハロプロのスペシャル番組配信続々 在宅向けコンテンツも充実中

怒濤の自粛の波を乗り越えたかのように、徐々に個別系のイベントやバースデーイベントなどを再開しつつあるアップフロントだが、新型コロナウイルスへの新たな感染者数が東京を中心に増加しており、告知され始めた新しいイベント類も、今後、予定通りに開催出来るか、予断を許さぬ状況が続いている。 そんな中、なかなか現場へ出向くことができ…

続きを読む


ハロプロ、延期中のコンサート開催断念 入場数の調整できず中止・払い戻しへ

コロナウイルス感染拡大防止のためライブやイベントなどの自粛によって、延期や中止となった公演が相次いでいたアップフロントだが、一部は延期のお知らせが出たまま、続報がないものがあった。それらについても、このほど、残念ながら中止と払い戻しのお知らせが出ている。 下記の公演につきましては振替公演を検討しておりましたが (中略)…

続きを読む


出演メンバーも超重要! ビジュアル・コメンタリー番組『ハロプロ・ライブ実況!』の配信が決定!

ライブやイベントの自粛が続いていたハロプロだが、新型コロナウイルス感染拡大防止のための施策で従来とは異なる制限があるとはいえ、徐々にライブやイベントなども再開しつつある。しかし、ファンの中には、ライブやイベントの会場といった人々が密集する現場へ足を向けることに様々な理由から躊躇する向きも多く、その意味で「おうち時間」は…

続きを読む