More from: 萩原舞

元℃-ute 萩原舞、SNS上で結婚をファンに報告

元℃-ute の最年少(2021年現在25歳)の萩原舞が、婚姻届けを提出して結婚したことをSNS上で報告している。 萩原は、自ら設立したファッションブランドの経営者でもあり、基本的に芸能活動からは引退している(記事末 参考記事参照)。それでも、これまでお世話になったファンの方へこうして “結婚を報告した理由…

続きを読む


元°C-ute萩原舞、アパレルブランドの代表取締役に! アイドル以降の新しいあり方

元℃-ute の萩原舞が服飾ブランドを立ち上げることは、すでに旧聞に属する事柄で、いくつかのTシャツのデザインなども公開されていた。ただ、そのブランドにおいて、萩原の関与の仕方がどういったものになるのか、萩原がデザイナーとして新設のブランドに所属するのか、それとも萩原本人が代表としてブランドを立ち上げるのか、そのあたり…

続きを読む


元℃-ute 萩原舞、服飾ブランド設立で、なぜか焦りだす中島早貴ファンの声

元℃-ute の萩原舞が服飾ブランドを立ち上げることが明らかになった。 萩原は、先日もアイドルコラボプロジェクト『&IDOL』のデザインプロデューサーに就任したことが報じられており、そこでデザインしたコンセプトが正式に会社化されるとのこと。 今後With Mii が正式な会社としてスタートします❣️ 今、公式w…

続きを読む


元℃-ute 萩原舞、『&IDOL』プロジェクトのデザインプロデューサーに就任

元℃-ute 萩原舞が、アイドルコラボプロジェクト『&IDOL』のデザインプロデューサーに就任した。 萩原は、℃-ute の解散後、しばらく留学していたが、帰国後にインスタグラムを開設し、なにやら思わせぶりな言葉を残していことから、多くのファンが何らかの動きを予測していたところではあった。 そのインスタグラムで…

続きを読む


元℃-ute 萩原舞、留学から帰国して仲間たちと舞台のゲネプロを観覧

℃-ute 解散後、海外に留学していた萩原舞が帰国しているようだ。 個人として開設している萩原のインスタグラムで、家族が帰国をお祝いしてくれたことを自ら嬉しそうに報告している。 ℃-ute の解散後、萩原は基本的に芸能活動から引退しており、一般人として、メンバーのブログなどに写り込むにあっても、かつてのトレードマークで…

続きを読む


元℃-ute 萩原舞、インスタグラムを開設

元℃-ute の萩原舞が、22歳の誕生日となる2月7日に、個人のインスタグラムを開設した。初回投稿によると、萩原舞が現在海外で何らかの勉強をしていること、インスタグラム上で芸能ではない何かの仕事の情報を発信していこうとしているらしいことがわかり、話題を呼んでいる。 View this post on Instagram…

続きを読む


℃-ute ファイナルライブ たどり着いて駆け抜けていった さいたまスーパーアリーナ

2017年6月12日、さいたま新都心周辺には雨は降りませんでした。 いかに強力な龍神様とはいえど、さすがに緊急帰国までして駆けつけた龍神様の親友を含む伝説の晴れ女たちには敵わなかったのかもしれません。どころか、その晴れ女の呪力を継承した若き後輩たちまでがうち揃って(一名病欠)、この日ばかりはパフォーマンスに集中しろと、…

続きを読む


℃-ute 萩原舞 解散後は海外留学へ

来る2017年6月12日の埼玉スーパーアリーナ公演をもって解散することが予告されている℃-ute メンバーの萩原舞が、その先の展望を明らかにした。 なんと、解散後は「自分に自信を持つ」ことを目標に、海外留学するという。 なので、まず短期で海外に行き英語に触れてきたいなって思ってます! ℃-ute オフィシャルブログ 今…

続きを読む


℃-ute、頂点を極めた圧巻のパフォーマンスで魅せたひなフェスのラストステージ

2017年3月26日、幕張メッセ 国際展示場1ホール(千葉)で、℃-uteがハロプロメンバー全員と立つステージとしてはラストとなる『Hello! Project ひなフェス 2017 ℃-uteプレミアム』が開催されました。 やっぱり奇跡の5人 叱られ覚悟で、って書くと「ちゃんと不穏な意見であることは認識してるんだから…

続きを読む


℃-ute の前に矢島なく、しかして℃-ute の後に矢島あり 【レポ】 ℃-ute 矢島舞美&萩原舞バースデーイベント2017 in ディファ有明

はじめに いろいろと書きあぐねておりました。 レポであるからには、これでも(あんだけ主観的な描写に終始していながら)客観に資する情報を盛り込もうと、それなりに構成して文章を作っていたわけですが(それが成功しているかどうかは別として)今回に限っては、それがとっても難しくて。 こんな調子では、これから予定されている「道重さ…

続きを読む