ハロー!キッチンのコーナーがリニューアルして「呼ばれたからやって来た」あの男とは!?

ハロプロの公式動画チャンネル『ハロ!ステ』のページで、こんな具合(↓)に「ハロー!キッチンがリニューアル」などと予告された段階で、多くのファンは正しく、あの男の復活を予測していた。

言うまでもなく『ハロ!ステ』とは、幾たびもリニューアルを繰り返してきたハロプロの公式動画チャンネルだが、このところ現役ハロプロメンバーが2人でMCを担当して、ライブ映像などをお届けする形に落ち着いていた。

それは、2021年6月2日の水曜日に配信された「【ハロ!ステ#378​​​​】MC:笠原桃奈&江口紗耶」でのこと。問題の「ハロー!キッチン」のコーナーが始まり、先にメンバーであるモーニング娘。’21 から15期の岡村ほまれが登場して、その後におもむろに、あの男が登場する。

そう、それは旧『京寿々』の黒木料理長だ。
黒木元料理長は、かつてハロ!ステでコーナーを持つ以前から、ハロプロの配信動画に登場して、 “くろっき” の愛称で親しまれていた。

ハロプロメンバーに料理を教えるという体裁のコーナーであるにも関わらず、「ケガさせちゃ、ならねぇ」とばかりに自分でサクサク料理をしてしまって、ハロメンを優しく大切に取り扱ってくれたことで、そのようにハロメンに(仕事として)接しながら、どこか照れたような嬉しいような恥ずかしいような表情を見せてくれていたことで、そんな態度をハロメンに面白がられて、親ほどの年齢差がある大人なのに、どこか楽し気にイジられていたことで、ファンに敬愛され親しまれた黒木元料理長が、ハロ!ステに帰ってきたのだ。「呼んでいただいたんで、のこのこ来ちゃいました。」と言いながら。

黒木元料理長は、『京寿々』が閉店してから、その去就がファンにも心配されており、ハロメンと親しんでいる様子から、ライブツアーのケータリング担当部長としてアップフロントが雇用すべきではないかとすら言われていた。現在、黒木元料理長がどこかのお店にいるのかどうかは不明で、テロップでも「元 麻布十番・京寿々」とあるのみ。また途中、「半年ぶりに包丁握った」とも呟いており、料理の仕事から離れていた可能性もある。しかし、その元気そうな姿に多くのハロプロファンが喜んでいる。

やはりどこか恥ずかし気に「お久しぶりです」と言う黒木元料理長は、相変わらず(すっかり大人びて背が伸びていて、こちらもファンをビックリさせた)岡村に、やっぱりほとんど作業をさせず、出汁を取るところからスタート。”あんまりニンニク好きじゃない” といったプチくろっき情報を小出しにしながら、昆布を取り出す前に鰹節を入れようとしたりと、そのハロプロのメンバーを恥ずかしそうに、しかし大事に大切に扱ってくれるキャラクターのままに、懐かしい姿を見せてくれた。

この「呼んでいただいたんで、のこのこ来ちゃ」った くろっき の復活は、公式チャンネルの活性化にとどまらず、改めて広くファンに喜ばれている。来週は “キャベツの千切りに挑戦” ということで、どうやらこのコーナーリニューアルに伴って、しばらくは黒木元料理長も続けての登場となりそうだ。

(文=椿道茂高)

エンタメアライブでは、皆様からの投稿を募集しています。
詳しくはこちらを御覧ください『寄稿について

コメント

名前*必須