須藤茉麻 & 熊井友理奈、切なさ混じりの4年前の旅を笑顔でたどり直した “くまぁず ファンクラブツアー in 沖縄” の3日間

■ 事前募集の宴会芸 SHOW TIME(くまぁず参戦あり)

一部で話題にもなっていたように、今般の夕食イベントでは、参加するファンからも宴会芸の披露が求められておりました。

そして、けっこう皆さん応募していたようで、なんと “落選” まで出ていたのだとか(宴会芸披露に応募したけど、ということね)。

まずは、その応募してくれたファンによる宴会芸の披露となります。ファンによる宴会芸は次のとおり。

お歳暮のハムを上腕で表現
  • 女性ファン1名による
  • 20分前から準備して腕に紐をまいてた 血流が!
  • なんと、こちらの女性、『王様のブランチ』で熊井ちゃんのことが好きになったのだとか
ベリヲタあるある漫才
  • 2人組での漫才
  • 握手会あるある(事前にネタを仕込んでおいても、いざメンバーの前に出ると「がんばってください」しか言えない)が、心から “あるある” だと
  • 漫才を披露する2人に、ネタでウケるのではなく「がんばれ~」とエールを送る熊井ちゃん。それは別の意味になるから…
カズー演奏
  • 7人組でのカズー演奏
  • 演奏するのは『ヒロインになろうか!
  • 演奏もすばらしかったけれど、ファンとして嬉しかったのは、ファンのカズー演奏の『ヒロイン』に沿って、そばでダンスしてくれていた茉麻と熊井ちゃんが見れたこと
  • その意味でも、この7人組さんたちには大感謝

■ そして茉麻と熊井ちゃんの宴会芸

続いて「ファンの皆さんばかりにやらせるわけにはいかない」と、 “くまぁず” も宴会芸を披露することに。

ここで披露されたのは、DVD Magazine Vol.40 で初披露されてから何度かネタ的に回顧されてきた、かの “全力 cha cha SING” 。しかも、ところどころ倍速で。実は、これは同じネタを申し出ていたファングループがあったとかで、そのグループが呼び込まれて、 “くまぁず” と一緒にダンスします。

メンバーに近くで接することができる嬉しさを含め、こうしたレポにあっては文字で伝えられないことが多くて虚しさを覚えることもないではありませんが、これこそ “文字では伝えられない” 筆頭でありまして、嬉しそうにクシャクシャに笑いながらテンション高めに前に出てくる熊井ちゃんの全力反復横跳びを見ることができたのは、ほんとに冥利に尽きるかと。

■ ゲームコーナー 須藤VS熊井 勝つのはどっち? 

続けて “くまぁず” のゲーム対決。どんな対決か発表されてから、対決前にテーブル毎にどちらが勝つか予想して、夕食テーブルごとにポイントが加算されるという仕様です。ちなみに7つの対戦のうち、熊井ちゃんが勝ったのは、ひとつだけ。

ね、もう、この段階で、すでにめっちゃ盛り沢山でしょ?

対決第一弾 けん玉対決
  • 制限時間なしで、お皿でもなんでも、一回でも先に成功した方が勝ち
  • 茉麻一撃で勝利
  • 熊井「まあさん、できないって言ったのに!」
対決第二弾 方言当て対決
  • ホテルスタッフさんによる琉球語での対話の内容を当てる
  • 最初は全面的に琉球語だったので、まるでわからず、徐々に核心のところ以外を共通語に変えてくれる
  • “忘れて来ちゃったもの” というヒントで “後日返すから貸してくれ” 的な会話の中で使用される
  • 正解は「お金」で茉麻が勝利
  • 熊井ちゃん「鍵」は貸せないでしょ!
対決第三弾 かり人対決
  • 制限時間内に、お題にぴったりの人を会場から選んでくる
  • 茉麻/眼鏡をかけた優しそうな人
  • 熊井/腕立て伏せ20回連続で出来そうな人
  • 茉麻勝利
  • 熊井ちゃん、茉麻勝利を予想してるテーブルから、腕立て伏せができそうな人をチョイス
  • 勝利予想による駆け引きだとか、そういうことに頓着せずガチでお題に沿った人を選ぶ熊井ちゃんも、熊井ちゃんのチョイスがハズレにならぬよう、本気で腕立て伏せをする参加者さんも、めっちゃ素直で心が洗われるようでした
  • 茉麻チョイスによる「優しいおじさん」が爆誕
    彼は今後、ベリ関連現場では本名を呼ばれることはなく、あくまで「優しいおじさん」として扱われることに
対決第四弾 沖縄言葉を探しましょう対決
  • 文字が一文字だけ記されたフリップをランダムに選んで沖縄にちなんだ言葉を作る対決
  • 茉麻が勝利
  • 「しーさー」を作ろうとして「さ」を見つけられず、「しーー」という謎の言葉を作って「海だ」と強弁し、正解にしてもらってる熊井ちゃん
  • しかし負け
対決第五弾 縄跳び対決
  • 制限時間内に多く飛べた方が勝ち
  • 8対68(二重跳び二倍の点数)で熊井ちゃん圧勝
  • 唯一熊井ちゃんが勝った対決
対決第六弾 叩いてかぶってジャンケンポン
  • 説明するまでもないゲーム
  • 茉麻が勝利
  • しかし、なんだか熊井ちゃん、めっちゃ楽しそう
対決第七弾 腕相撲対決
  • 握力測定から
  • 茉麻が圧勝
  • 熊井「私も弱い方じゃないのに」

■ アンケートから質問に答えるコーナー

続いて(もう、ぶっちゃけ “くまぁず対決” でお腹いっぱいなんですけども)事前にバスの移動中に書いたアンケートより、 “くまぁず” への質問に答えるコーナーが開催されちゃいます。

次回のFCツアーはどこが良い?
  • 中野サンプラザ!
  • ハロショから始まるBerryz聖地巡りのバスツアーってどう?
  • オーディションのビックサイトから武道館まで
美しさの秘訣は?
  • 茉麻「ないな」
    熊「わたしもないな」
  • パックするようになったら肌の調子が良くなった
  • 茉麻「加湿器を部屋に備え付けるようになった」
    熊「嘘でしょ!現役の時、やってなかったの!?
社会人としてのコミュニケーションの秘訣
  • 熊 → 茉麻へ「舞台って、初めましての人が多いから、どうやってコミュニケートしてるの?」
  • 茉麻「ぬるっと入っていくのが大事」
  • 熊井「私も威圧感があるみたいで、周囲の人から話しかけられることは少ない。肩の力を抜いて、やっぱり、ぬるっと入っていくのが大事」
  • 「優しいおじさん」に続き「ぬるっと入る」爆誕
茉麻と熊井 どっちが天然?
  • 茉麻が天然なんだと主張する熊井ちゃんだけど、その茉麻の天然エピソードを忘れちゃう熊井ちゃん
  • なんだっけ、忘れた!
  • 熊井「私は、細かくいっぱい天然なことをしちゃうんだけど、まあさんは、普段しっかりしてる分だけ、ひとつの天然の “天然力” が違う」
  • どうしても茉麻も天然なんだとファンの皆さんにわかってもらいたい熊井ちゃん
  • しかしエピソードが出てこない
  • この一切を、「ふふん♪」って感じで、上から見下ろす風に(風にね、熊井ちゃんを見下ろせないから)余裕でいなす茉麻
しおりに描かれたシーサーは、どっちがどっちのシーサーを書いたの? 
  • 熊井ちゃんが描いたのは右のポンデリングみたいなシーサー
  • 熊井ちゃん「ライオン丸」発言
  • 茉麻が熊井ちゃんの言いたいことを翻訳・通訳してくれて、熊井ちゃん「そう!」ってニコニコしてるのが安定の癒し

きっと上手に伝わっていないと思うけど、 本気で声を出して笑うほど、笑いすぎてお腹が痛いほどの濃くて楽しいイベントでした。って、お腹が痛くなるので、”食事” のときのイベントには相応しくないのではないかと思うほど。

*****

夕食イベント終わりには、夕食会場からのお見送りで全員プレゼントの特性団扇を手渡しプレゼントです。

手渡しのタイミングで「めっちゃ楽しかったよ」と伝えると、熊井ちゃんは目の奥でクスクス笑っているようなイタズラっ子な表情を、茉麻は「ふふん♪」って感じで、上から見下ろす風の余裕な表情を見せてくれて、これまた極上のファン体験かと。

これにて1日目は終了…かと思ったら、もうひとイベントあったりして。
この夜のイベントと2日目の模様は、次のページにて


エンタメアライブでは、皆様からの投稿を募集しています。
詳しくはこちらを御覧ください『寄稿について

コメント

名前*必須