More from: ℃-ute

元℃-ute 萩原舞、夫婦で一緒に YouTube チャンネルを開設。あどけない妻の姿にファンも驚き?

元℃-ute メンバーで、℃-ute 解散後にはオリジナルブランドを立ち上げて経営者として活躍していた 萩原舞 が先だって結婚をファンに報告してくれたことは記憶に新しい。 そんな萩原が夫婦で YouTube チャンネルを開設した。2021年10月16日の土曜日になって、萩原の SNS アカウントに告知され、生配信も企画…

続きを読む


中島早貴、より広い世界を知るために、留学準備で芸能活動休止へ

キッズとしてオーディションに合格し(同期のみんなと仲良くなるための “あめちゃん” を親御さんに持たされて事務所まで通っていたり、ロケバスから落ちて、たまたま持っていたアイスモナカに救われたりしながら)活動して19年、人見知りだった可愛らしい女の子は、より広い世界が見たいと留学を志した。 元℃-…

続きを読む


元℃-ute 萩原舞、SNS上で結婚をファンに報告

元℃-ute の最年少(2021年現在25歳)の萩原舞が、婚姻届けを提出して結婚したことをSNS上で報告している。 萩原は、自ら設立したファッションブランドの経営者でもあり、基本的に芸能活動からは引退している(記事末 参考記事参照)。それでも、これまでお世話になったファンの方へこうして “結婚を報告した理由…

続きを読む


清水佐紀・矢島舞美ファンクラブイベント2021 ~これまでの来歴があってこそ刺さる魅力に加え、今さら(!)新たな魅力が加わって最高のイベントに~

いきなり『白いTOKYO』で泣いちゃって もともと『白いTOKYO』って楽曲の旋律は好きだったんですよ。でも、2015年の有明で、超幸いなことに2Days ともセンターステージ近くのアリーナ席を入手できたわたくし、当時にあって、すっかり綺麗なお姉さんになっていた清水佐紀さん、嗣永桃子さん、矢島舞美さんが、文字通りコケテ…

続きを読む


元℃-ute中島早貴、大魔神佐々木と共に3.8キロのハタを釣り上げる

2017年に解散したハロプログループ・℃-uteの元メンバー中島早貴が、16日、3.8kgの巨大なハタを釣り上げた。 外房勝浦 興津港の釣り船「庄之助丸」にて出港した中島は、沖合で初めて挑戦したイワシ泳がせ釣りで、見事大物をゲットしたという。 自慢しょっと! イワシ泳がせ初挑戦で3.8kgのハタ 4月16日、勝浦興津港…

続きを読む


元℃-ute 中島早貴、新米ソムリエなかじまさん、なかじま(さき)農園初めてみました

2020年の春先からコロナ禍で活動の自粛を強いられたハロプロおよびOGたち。その自粛の “お家時間” の間にいろんな活動を試みていたが、夏に開催されたファンクラブイベントで Berryz工房の清水佐紀が語ったところでは、「食育アドバイザー」の資格を取得したのだとか。 その際に清水は、いっしょに勉…

続きを読む


元℃-ute 岡井千聖、芸能界を引退し、所属事務所JPルームとの契約も終了

元℃-ute の岡井千聖が芸能界を引退した。それに伴い所属事務所との契約も終了する。 昨年4月より芸能活動を休止しておりました弊社所属の岡井千聖より、芸能界を引退したいとの申し出を受け、2020年4月30日をもちまして、岡井千聖と弊社の契約が終了したことをご報告させていただきます。 FANCLUB NEWS ファンクラ…

続きを読む


清水佐紀(Berryz工房)と矢島舞美(℃-ute)、17年の記念日に、そろって感謝のブログをアップ

無期限活動停止中 Berryz工房キャプテン清水佐紀と、元℃-ute リーダー矢島舞美が、6月30日のお昼過ぎに、そろって同じような時間に、同じく感謝を綴ったブログをアップしている。 ハロー!プロジェクトキッズ に選ばれた日から 今日で丸17年。 Saki Shimizu Official Blog 17年 今日6月3…

続きを読む


矢島舞美、「いっぱい笑う一年にしたい」と極上の笑顔 バースデーイベント Maimi’s Squall vol.2

もっぱら女優として活躍している元℃-ute リーダー矢島舞美さん、イベント終わりには、かの著名作家の大きな舞台に “主演” することも告知してくれます。(参考:舞台 春のつかこうへい復活祭2019 VOL.2『銀幕の果てに』) 著名なアーティストのMVにフィーチャーされたり地上波のドラマにも出演…

続きを読む


中島早貴、2月5日で25歳の、2525(ニコニコ)テンション高めで距離も近めなバースデーイベント2019

上々軍団の鈴木啓太さんとあまりに仲良し過ぎて、さすがに嫉妬というかモヤっとした印象を持つファンも出始める頃合ではないのかと、これが「親戚のおじさん目線」なのかと自問自答しながら、自分がいったい誰のために何を心配しているのかまったく不明な謎の焦燥感に囚われるほど。ポイントは、それほど中島早貴さんが自然体であったということ…

続きを読む