つばきファクトリー『今夜だけ浮かれたかった』はなぜ名曲か?

2018年9月24日、つばきファクトリー ライブツアー 2018秋-微熱- 横浜ベイホール公演。これさえ聞ければ、と中毒気味だった『今夜だけ浮かれたかった/つばきファクトリー』抜きで迎えたアンコール明けの一幕。  つばきファクトリーのメンバーが登場し、披露されたのは『ENDLESS YOUTH/メロン記念日』。「まさか…

続きを読む



2018年夏のハロコン、よみがえる20年と今に生きる伝説

2018年の夏ハローには、20周年ということで、多くのOGメンバーが参加して懐かしい楽曲を、オリジナルの迫力満点で蘇らせてくれました。それどころか、二度と再び逢うことがないだろうと思っていたOGと再会できたことも大きな話題となりました。 参考記事 夏のハロコンに市井紗耶香、加護亜依らゲストOGが大量出演決定!あまりに話…

続きを読む


Juice=Juice 5人時代の最高到達点として 『銀色のテレパシー』

銀テレ、ギンテレ、ぎんてれ・・・。 もうすっかり耳馴染みの言葉ですよね。正式な楽曲名はご存じ、「銀色のテレパシー」。作詞家 児玉雨子×宮本佳林 の黄金タッグのコピンク*的世界観をそのままJuice=Juice全体に移植したような人気曲である。ライブでしか聞くことのできなかったこの曲の愛称は、ファン間では当然のようにすっ…

続きを読む


つばきファクトリー『春恋歌』が奏でる “春を迎える切なさ” は、つばきファクトリーそのものでもある

2018年2月21日にリリースを予定している つばきファクトリー3rd シングルの一角である『春恋歌』、これ、ものすごい名曲だと思いませんか。 もちろん、どこか控えめで落ち着いた旋律が過度にポップではない一方で、聴いていて微笑ましい印象を与えてくれることも、メンバーの衣装も、MV も、すべてが、上品に愛らしいということ…

続きを読む


ISEKI『街 feat.矢島舞美』ミュージックビデオが名作だと話題

元キマグレン ISEKI のアルバム『AOR FLAVA -silky red-』(10/25 リリース)に収録されている新曲『街 feat.矢島舞美』のMVに、その曲名のとおり元℃-ute の矢島舞美が出演し、話題になっている。あまりにも名作であると、コアで気難しいアイドルファンにも大評判なのだ。 このアルバムに収録…

続きを読む


つばきファクトリーがデビューイベントの『シリアス寸劇』に託した健気な覚悟とは

2017年5月6日、横浜 Bay Hall にて、つばきファクトリーのメジャーデビューシングル発売記念のシリアルイベントが開催されました。シリアルイベントなんだけど、メンバーたちはブログで盛んに『シリアス』イベントであると申告していたイベントです。 シングル発売記念『シリアス』イベント in 横浜 Bay Hall メ…

続きを読む


【楽曲レビュー】『次々続々』~和田彩花は「守る」ために「壊す」~

アンジュルムのリーダー和田彩花は、2016年のカウントダウンコンサートの場で、矢島舞美からハロー!プロジェクトのリーダーのバトンを受け取った。 「私は……、私ですよ?こんな私が、ハロー!プロジェクトのリーダーだなんて、もう、なんか、考えられないっていうか、私は普段あの、変な人たちを連れているんです。この人たちのリーダー…

続きを読む


【楽曲レビュー】Hello! Project 2016 Winter セトリ全曲レビュー ~ハロプロ楽曲遺産の試み~

はじめに ダンス部のパフォーマンスについては、下手にアングルやフォーカスを工夫しないで、もう「そのまんま」を見せてくれよ!としか思えない日々を過ごしている投稿者です。こんにちは。みなさまお元気ですか。 そんなダンス部のパフォーマンスも眩しい2016年の冬ハローのブルーレイ映像作品が、先般、発売されました。 夏冬のハロコ…

続きを読む


アップフロントの音楽の力/『ハレルヤ』 (Bitter & Sweet ミニアルバム『#ビタスイ』より)に託して ~少しでも明るい明日へ~

前口上 みなさま、こんばんは。 「報われなかったとしても、私が待ちたいから、だから、道重さゆみさんを待つ」だとか、「Berryz工房は不世出にして唯一無二の空前絶後のグループだった」だとか、さんざん大げさなことを言いながら、モーニングのツアーに通い、℃-ute のツアーに通い、カウントダウンライブからハロコンにも参加す…

続きを読む


モーニング娘’15新曲「One and Only」楽曲レビュー つんく♂がニューヨークから持ち帰ってきたもの

モーニング娘’15の新曲「One and Only」が早くも話題沸騰中だ。作詞作曲はつんく♂で、何とその歌詞はモーニング娘。史上初の全編英語だというから驚きだ。つんく♂らしいノリの良い曲調が心地よく、フワッと聴き流してしまいそうな英語の歌詞に注目してみると、二つの論点が浮かび上がる。この曲に込められたメッセージは何か、…

続きを読む