More from: 嗣永桃子

一年の総決算はライブで!~℃-ute からバトンを継いだ Juice=Juice~ 【レポ】 Hello! Project COUNTDOWN PARTY 2016 ~Goodbye&Hello~

はじめに 2016年12月31日、ハロプロの聖地、中野サンプラザで、2016年を送り2017年を迎えるカウントダウンライブが2部構成で開催されました。 年をまたいで2部構成のライブ、すべてを合わせれば、およそ8時間にも及ぶという過酷なライブであるにも関わらず、ファンクラブ先行での申し込みは大落選祭りであった模様。中野サ…

続きを読む



嗣永桃子 2017年6月30日をもってハロプロと芸能界から引退を表明

2016年11月現在でカントリー・ガールズのPM(プレイング・マネージャー)である嗣永桃子が、ハロプロと芸能界からの引退を表明した。 ハロプロ公式:嗣永桃子に関するお知らせ その期日は、2017年6月30日。6月30日は、嗣永らハロプロキッズが合格した記念日でもある。℃-ute も解散を予告していることから、2017年…

続きを読む


℃-ute 矢島舞美の沈黙するブログを心配するファンの声

℃-ute リーダー矢島舞美のオフィシャルブログが沈黙していると話題を呼んでいる。 矢島のブログといえば、従来、アイドルが投稿するブログとしては異例なほど長文で、熱心なファンであってすら読み切るのに苦労するほどであり、ときに自分たちを支えてくれたスタッフへの感謝を語り、ときにワガママだった自分をサポートしてくれた家族へ…

続きを読む


象徴としての「継続」と「やさしさ」【レポ】『SATOYAMA & SATOUMI 秋キャンプ in いすみ』2016.10.10

はじめに ハロー!プロジェクトを初めとする様々なアーティストを擁するアップフロントグループが、地域の自然と産業のバランスをテーマとして、既存の価値観を再検討しながら、いろんな団体や地方自治体とのコラボを介して、人が集い暮らしていく新しいライフスタイルを模索していく「SATOYAMA & SATOUMI」企画。 かつては…

続きを読む


盛りだくさんで「愛させて!」 【レポ】カントリー・ガールズ&矢島舞美 富士登頂報告会:第3回 UTB NIGHT アイドル界の頂へ! 2016.9.22 恵比寿LIQUIDROOM

はじめに いつもの「楽しかったよ、ありがとう」という定型的で当り障りのない握手会での対応を今回に限って変化させ(← すみません、魔が差しました)、ライブ終わりの販促握手会にて「可愛かったです、とても。きれいでした」とか話しかけてしまったところ、「!!、うえぇぇ!」と大慌てしてくれたカントリー・ガールズ森戸知沙希さんでし…

続きを読む


Buono! Festa 2016 の余韻に浸る〜ロックな3人に想いを馳せて〜

いつか武道館に立つことを夢見た3人の少女が生バンドをバックに奏でるハーモニーと、それに呼応するようにヒートアップする観客のエネルギーが交わり、うねり、黄金色に光るたまねぎを下から突き上げた。Buono! Festa2016は最高であった。この熱いライブで放出されたエネルギーは、1回分のライブのエネルギーとしては、武道館…

続きを読む


聖地にBuono!が降臨したロックな夜 ~【ライブレポ】 2016.8.25 Buono! Festa 2016 in 武道館~

はじめに Buono! 降臨 素晴らしすぎた結果、心が動きすぎて、すぐには言葉が出てこない。 そんな Buono! の、待ちに待った武道館でした。 投稿者の無駄に冗長なレポなんかよりも、どばんとセトリを報告して「どうじゃ!」と投げ出しただけの方が、諸々よく伝わるかもしれません。 そう、すぐには言葉が出てこない…

続きを読む


14年目の記念日を迎え、走り続けるハロープロジェクト・キッズ 

2016年6月30日、ハロープロジェクト・キッズが誕生してから14年めの記念日を迎えた。 ハロープロジェクト・キッズは、ハロー!プロジェクト・キッズ オーディションで最終選考に残った15名全員がテレビ東京系列の番組「ハロー!モーニング。」にて合格を告げられて誕生した。それが2002年の6月30日。 ハロプロのライブで、…

続きを読む


切り取られた断片に刻まれた人生の記録 その5 ~ハロプロ DVD Magazine ご紹介『カントリー・ガールズ Vol.2、Vol.3』~

はじめに ハロプロの DVD Magazine (以下、Dマガ)から、メンバーの成長の軌跡だったり、唯一無二のその時だけの魅力だったりを感じ取るとしても(「しても」って、そりゃ感じ取っているわけですけども)、基本的には、Dマガ のコンテンツが推してくる中身を、こちらは受動的に受け取った結果であって、精々、こちらが能動的…

続きを読む