夏焼雅、カラッと明るい笑顔の深層をミニライブの選曲に滲ませた バースデーイベント2022

はじめに 今だからこそ際立つ雅ちゃんの魅力

イベントの MC は、上場軍団から鈴木啓太さんが出張ってくれます。ぶっちゃけ、メンバーのファンクラブイベントに上場軍団が MC で参加することについては様々な意見があろうかと思いますが、こと夏焼雅さんについてだけは、ソロで客席に対峙するよりも、ステージ上で突っ込み担当(どちらが突っ込みなのかは不問として)が居てくれる方が、雅ちゃんが輝きます。特にコロナ禍の現在は公式なお達しとしても客席からの発声は(コールも声援も)封じられているわけですから、ステージ上で雅ちゃんと対話してくれる誰かがいてくれることは重要かと。

やっぱり夏焼さん、一人でスッとステージに佇んでいても、もうビックリするほど美人です。大事なことなので繰り返しますと、夏焼雅さん、ビックリするほど美人です。今般、明るい髪色ながら短いボブで決めてきた髪形から、大きなパッチリとした眼が微妙に垂れ目がちながら全体として非常にキリっとしてることも、もう、ほんまに見惚れる美しさです。報告者がベリヲタであることを差し引いても、本気で美人です。

でも、やっぱり雅ちゃんの魅力は、そのケラケラとした笑い方に如実な、あっけらかんとした姐御っぷりってわけで、その意味で、ステージ上で雅ちゃんと、いろいろと掛け合いを演じてくれる役割の誰かが居てくれると、夏焼さんの魅力は倍増するってわけです。

今般のイベントで個人的に印象的だったことは、ミニライブが Buono! 曲に切り替わるや、あるいは M-line 公式の30色ペンライトを、あるいは懐かしのベリーズハンマーを、シダックスホールに集ったファンがそれぞれに携帯する光り物を紫から赤に一斉に切り替える様。言うまでもなく、紫は Berryz工房での雅ちゃんのメンバーカラーですし、赤は Buono! でのメンバーカラーです。このミニライブで楽曲の切り替りと同時に、客席の色合いが一斉にチェンジしたのは(報告者もベリーズハンマーを振っていた当事者でありながら)とっても印象的でした。

ええ、この日、ついにレベルの二桁目を変更することになった夏焼雅さん、Berryz工房のメンバーでもあり、Buono! のメンバーでもありました。そして、もちろん PINK CRES. としても活躍してくれていて、イベント会場に入場するとBGMでハロプロの楽曲が流れてるんですけども、それに PINK CRES. も混ぜ込まれていたりして、PINK CRES. の楽曲の完成度の高さに今更ながら驚いたりして。

そう、雅ちゃんは、Berryz工房でも、Buono! でも、PINK CRES. でも、一貫した魅力を示してくれていました。上でも述べたように、そのルックスが、あまりにもゴージャスに美しいもんだから、うっかりすると、その目鼻立ちの美しさに隠れて目立たなくなるんですけど、どんなグループにあっても、明るくカラっとした雰囲気でステージを進行させる飾らぬコミュニケーションこそが、その魅力でした。とりわけ Berryz工房 やら Buono! ってところでは嗣永桃子さんとのやり取りを脳裏に思い浮かべることになる次第ですが、Berryz工房でも、Buono! でも、PINK CRES. でも、そうした夏焼さんの魅力を堪能するにあたっては、雅ちゃんとやり取りしているもう一方の側のメンバーにも、どうしても(一方の側のメンバーだって十二分に魅力的であることから)注意力を奪われてしまうので、繰り返し、そのルックスの輝かしいばかりのゴージャスっぷりとも相俟って、夏焼雅さんのコミュニケーションの飾らぬカラッとした明るさが際立つことは、意外にも少なかったりしたというわけです。

というわけで、いろいろとご意見はあるところかと思いますが、上述の意味で、鈴木啓太さんが居てくれることによってこそ、今だからこそ、雅ちゃんのコミュニケーションの固有の魅力(コミュニケーション能力が高いってことじゃなくて、雅ちゃんのコミュニケーションの仕方がカラッと明るいという魅力)が際立つのかな、と。ええ、夏焼さん、誰かと一緒にいると、その魅力が増します。

夏焼雅 バースデーイベント2022 〜えっ!気づいたら30歳だって!〜

そんなわけで、お誕生日当日から2日後となる 2022年8月27日の「土曜日に、渋谷シダックスカルチャーホールにて、夏焼雅さんのファンクラブ バースデーイベントが開催されました。当日は3回まわしながら、投稿者は非常に切ない事由で[開場17:30/開演18:00]の3公演めにのみ、ようやく、かろうじて参加です。…せ、切ない…

3公演めだけのレポって、いろいろ不足ありすぎでしょ!などと自分でも突っ込みつつ、ようやく参加できた雅ちゃんのイベントについて可能な限りお伝えしようと思う次第ですが、冒頭で、楽曲の切り替りと同時に客席のペンライトが一斉に切り替わったことに感動したことをお伝えしたので、順番を無視して、まずは3公演めのミニライブのセトリをご紹介。

夏焼雅バースデーイベント2022 〜えっ!気づいたら30歳だって!〜
2022年8月27日(土) 渋谷シダックスカルチャーホール 3公演め
01・『ダーリン I LOVE YOU』(Berryz工房)
02・『』(Berryz工房)
03・『大人なのよ!』(Berryz工房)
04・『君がいれば』(Buono!)

お誕生日イベントでの『大人なのよ!』は、雅ちゃん個人が、かなり好きな楽曲なのでチョイスしたんだとか。

一方、『』については、「みんなも久しぶりなんじゃない?」とおっしゃいます。
ぶっちゃけ、熊井ちゃんのディナーショーやなんかで、比較的『蝉』はよく耳にしていて、そんなに「久しぶり」ってわけじゃないんですけど、確かに “雅ちゃんが歌ってくれる『蝉』” は久しぶりで、かえって熊井ちゃんの『蝉』に親しんでいたからこそ、雅ちゃんの歌の伸びやかさが鮮明で、素晴らしかったです。

そして Buono! の『君がいれば』。
「確かなものなんてないけど」というフレーズがありながら、しかし同時に、一緒に歩む仲間を信じ、人生を信じるような歌詞であることから、まさに、今現在、眼に見えない「絆」が、Berryz工房の、Buono! の、PINK CRES. のメンバーとの(その場に臨在しているという意味では不在ながら)しかし明確に感じられる繋がりが歌われているようで(客席のファンが見事にペンライトのチューニングを変更したこともあって)実に感動的であったことをお伝えです。

公演前の会場のBGMには、PINK CRES. の楽曲が混じっていたことに再度言及して、来年は是非、PINK の楽曲も、って期待したいところ。

*****

さて、いろいろ先走っちゃいましたが、ようやく参加できた3公演めについて、ページを切り替えて。

エンタメアライブでは、皆様からの投稿を募集しています。
詳しくはこちらを御覧ください『寄稿について

コメント

名前*必須