歴史が可視化された Hello! Project 20th Anniversary!! プレミアム、ひなフェス 2019 に辻・加護・新垣・道重・鞘師が現役と競った幕張メッセ

Hello!Project 20th Anniversary!! の特別感 ~辻ちゃん・加護ちゃん~

この公演については、告知段階から界隈大騒然で、実際にファンクラブ先行段階からチケットの大落選祭りが列島各地で開催されちゃって、一部の二次流通プラットフォームでは、たいへんなプラチナチケットと化していました。もう今更言うまでもなく、ゲスト出演するメンバーに、モーニング娘。4期メンバーである辻希美さん、加護亜依さん、そして9期メンバーの鞘師里保さんの名前があったことがその理由です。

4期メンバーの辻ちゃん加護ちゃんと言えば、モーニング娘。が名実ともに “国民的” な知名度を誇っていた時期に、現在にも継承される “(当時にあっては)アイドルらしからぬ奔放さ” で多くのファンを魅了したメンバーです。それこそ、国民的な知名度であったからこそ、モーニング娘。のファンを超えて、冒頭で述べたような(望ましくない意味での)注目も集めてしまうほど。

モーニング娘。を卒業してからも W(ダブルユー)として芸能活動を継続し、投稿者の個人的な印象すぎて恐縮なんですけども、当時、まだまだ幼かった Berryz工房を引っ張って合同ライブなども開催してくれて、その初期のスタートダッシュをブーストしてくれたりもしてましたね。そんな辻ちゃん加護ちゃんを、その後の運命がどのように翻弄したか、それは詳述するまでもないでしょう(って個人的な見解ですが、当時から、加護ちゃんのことは、そのプライベートな背景もあって、同情的な意見も多かったように思うし、その意味で投稿者としても書きたくなかったりして)。

その加護ちゃんが、ハロプロ20周年イヤーの2018年夏のハロコンにゲストとして招聘されて、ファンの間には激震が走りました。おめでたいことではあるのですが、その2018年の夏の段階で、加護ちゃんの唯一無二のペアである辻ちゃんは(幸せな毎日の結果として)ステージに登壇することは叶わず、W(ダブルユー)復活はおあずけに。

その待望の…どころか、上記のとおり夏のハロコンがあったがために、治りかけの傷が改めて疼くかのように、むしろ謎の焦燥感すら感じられるほどの “待望” となった W(ダブルユー)復活が、この『ひなフェス2019』で実現することになりました。

それだけでもプレミアムだってのに、なんか最近のアップフロントって容赦ないですよね…ってわけで次のページへ。


エンタメアライブでは、皆様からの投稿を募集しています。
詳しくはこちらを御覧ください『寄稿について

コメント

名前*必須