熊井友理奈、終始ニコやかにコミカルに、しかし最後はリアル菩薩様でお見送り 熊旅 in 北海道 二泊三日の一部始終

2日目 昼食会場 ~ ライブ会場へ

昼食会場へ移動中に、車内限定DVD第五弾が流され、昼食会場からスッペシャルライブの会場までの移動中に、第六弾が公開されました。

車内限定DVD第五弾は、北海道の美味しいモノ紹介。「登別地獄おかき」に「辛い、辛い」と言いつつ2個3個とパクパク口に放り込んでる様子も愛らしく、「ヒグマの鼻くそ」というチョコのお菓子について紹介する段では、アイドルにしてトップモデルなのに「鼻くそ」と頻繁に発言します。野菜ごろごろスープカレーの紹介にあっては、「スープカレーって食べ方に迷うよね」とボヤきながら、結果、ご飯を汚さないように、先にご飯をスプーンでよそって、それからカレーをよそう方式に落ち着いたり。

そして、この第五弾も、ラストは、やはり、何やら接近してくる影に怯えて大きな悲鳴をあげて逃げ出すところで幕。

お昼ご飯会場からライブ会場への移動中に公開された車内限定DVD第六弾にて、ようやく第四弾~第五弾で熊井ちゃんが逃げた理由が明かされます。

熊井ちゃんが悲鳴を上げて逃げていたのは熊(着ぐるみ熊)がやってきていたから。

着ぐるみ熊さんは「がお」としか発言せず、DVD第六弾のメインの内容である “照る照る坊主作り” に際してようやく「レッツ、がお! 」と言うのみ。

この着ぐるみ熊井ちゃんの可愛さ、そして「がお」としか言わず、”わたし、今、おもしろいことやってますよ” とでも言わんばかりの笑い出すのを懸命に耐えてるかのような表情や、しかし目の奥がクスクス笑っちゃってるメタに徹しきれない熊井ちゃんの全体の雰囲気ってものは、とてものことに文章では表現しきれないので、窮余の一策として事前にファクラブサイトサイトで公開されていたグッズ紹介写真を掲載しておきます。いや、ほんまに可愛んですって!

で、お昼ご飯に何を食べたか(釜飯と石狩風の味噌鍋?)とか、そういうのは必要ないですよね。ひとつ大事なことは、このように、イベント合間の移動中も、ツアー参加者の主観としては、ずーーっと熊井ちゃんが一緒に遊んでくれていたってことが言いたかったのでした。

2日目 ツアー限定スッペシャルライブ

毎回、限定ライブの衣装があまりにも素敵なので、是非、販促グッズの写真に、この限定ライブの衣装版を含めて欲しいですよね。というわけで ライブ会場 に到着して、事前に抽選していた席次に従って、開演を待ちます。

登場してきた熊井ちゃんに対して(その直前の車内限定DVDで、熊の着ぐるみを着て「がお」とか言ってたもんだから)我々は客席から「がお~♪」というコールでお迎えするわけですが、DVD撮影時のことを(自分が着ぐるみで「がお」とか言ってたことを)すっかり忘れていてキョトンとしてる熊井ちゃんが、あまりにも熊井ちゃんらしくて。我々も熊旅の常連であるからには、自分でやったり言ったりしたことを覚えてない熊井ちゃん、ってことには慣れっこであるはずなんですが、スッペシャルライブ前に盛大に大コケしたという次第。

そんなお馴染みの良いシーンもありつつ、披露されたツアー限定スッペシャルライブのセットリストは、こんなところ(↓)です。

ツアー限定スッペシャルライブ セトリ
01.愛のスキスキ指数 上昇中
02.ハピネス~幸福歓迎!~
03.さぼり
04.Loving you Too much
05.勇気をください!
06.恋の呪縛
07.cha cha SING
↓↓↓アンコール↓↓↓
08.安心感
09.ガールズタイムズ

自分でも意外だったんですが、『ハピネス~幸福歓迎!~』が実に響きます。サビの「We welcome this Happiness Tonight」の前後移動するステップだったりエンディングの揺れてる振り付けだったりが、どうしてだかわかりませんが、めっちゃ響きます。さらに、『さぼり』が泣けるのは定番としても、その『さぼり』から続けての『Loving you Too much』って流れが、個人的には厳しくて、ライブの序盤で響いちゃったもんだから、いろんな体液が漏れた次第です。

やっぱりね。
熊井ちゃんが歌ってくれる Berryz曲って、どこか格別なものがありますよね。
ここで、レポの文章の流れを断ち切って、記録のために “熊井ちゃんの声が好き!” って大きく記載してみたりして。

ディナーショーとかイベントとかで歌うことはあるけど、み(ん)なさんも、踊りたいだろうなって思ったから、これまでのファンクラブツアーと違って、日程中盤の2日目の午後にスッペシャルライブを持ってきたんだから、み(ん)なさん、まだパワー有り余ってるでしょ!というわけで、こんなセトリを組みましたと、そう熊井ちゃんは伝えてくれたけど、メンバーが厳選した踊れるセトリが、どうしてこうも胸に迫るんでしょうね。ベリヲタで良かったと思える(いくつもある点のうち)ひとつです。

*****

ライブを終えて2日目の宿泊施設に向かう移動中に、車内限定DVD第七弾が公開されます。内容は、ツアー中のどこかでやる抽選会用として、いろんなものに、いろいろぶつくさとボヤキながらサインをしていく熊井ちゃんってところ。

そんな車内限定DVDを鑑賞し終えて、宿泊施設に到着するまでの間、参加者さんが好意で持ち込んでくれた Berryz工房の2012年のライブ(Berryz工房コンサートツアー2012春 〜ベリーズステーション〜)DVDが流されまして。スッペシャルライブでいろいろ胸に迫っていたもんだから、この2012年のライブ映像は、個人的にずいぶん厳しいものになりました。

そんなわけで、スッペシャルライブを終えても、まだまだ続く熊旅です。2日目の夕食イベント以降の記述は次のページにて。

エンタメアライブでは、皆様からの投稿を募集しています。
詳しくはこちらを御覧ください『寄稿について

コメント

名前*必須