つばきファクトリー、先輩から照らされる健気な雰囲気も健在な、演劇女子部 公開記念トークショー@ハロショ その2

佐紀ちゃんと つばきファクトリー

そんなわけで、2019年6月2日の日曜日に、秋葉原のハロー!プロジェクト オフィシャルショップ(以下「ハロショ」)で開催されたトークショーに遊びに行ってきました。つばきファクトリーが主演する演劇女子部『遙かなる時空の中で6 外伝』の公演記念トークショーで、今回が2回目となります。

投稿者が参加したのは、清水佐紀さん司会で、山岸理子ちゃん、小片リサさん、小野瑞歩さん、秋山眞緒ちゃんが登壇する19時スタートの一回目公演のみ(いや、ほら、バスツアーとか、いろいろあるからさ)。

参加人数は前回のトークショーと同じくらいでした。そう、今回のトークショーが2回目なんですよね。大阪公演の前にも追加でトークショーが開催されることも告知され、併せて、ハロプロの各グループから客演も追加で公表されて、どうしても、何というか、ある種の “テコ入れ” 感が否めないところです。

実際、2018年から今年のデビュー記念日の新木場ライブまで、ほとんど飛ぶ鳥を落とすが如き勢いを示しつつあった つばきファクトリーが、今現在、置かれた状況は、いろんなアクシデントも重なって必ずしも順風とばかりも言えないと、それは、ファンも微妙に感じ取っているところではありました。

そうした中での “テコ入れ” 感が感じられるトークショーということで、私たちファン以上に、登壇してくるメンバーの表情も固くなっちゃうのではないかと、どこか恐る恐る参加したところがないわけではなかったのです。けれども、繰り返し、参加人数にも大きな変化は見られず、イベント自体も、司会を勤めてくれた佐紀ちゃんのおかげもあって、とても楽しいものになったのでした。

ただ楽しいだけじゃなく、順風ならざる状況に、我知らず、いつの間にか固い皮膜が出来つつあったファンの心も、懐かしい雰囲気に、思いっきりほぐれる次第となりました。

佐紀ちゃんと つばきファクトリーの関係については、今更、言うまでもありませんよね。
Berryz工房が無期限活動停止に入ってから、一時期ハロプロアドバイザーとして後進の指導にあたっていた佐紀ちゃん。応援企画と銘打たれた つばきファクトリーのファンクラブイベントが開催される都度、イベント会場で「後ろを振り向いたら関係者席に佐紀ちゃんが居るよ」とか、「佐紀ちゃんが迷子になっていたから、案内したよ」といった報告が相次ぎ、いわば “裏方” としての清水佐紀は、多くのファンにとって、馴染んだ風景ともなっていました。それに、つばきファクトリーについては、結成時のサプライズだけでなく、メジャーデビューの一報をもたらしてくれたのも佐紀ちゃんでしたよね。

そして今また、こんなにも “先輩から愛される後輩たち” といった構図を鮮明にすることで、ファンも(もしかしたら)忘れかけていた、あの初々しかった頃の つばきファクトリーのイメージを鮮明に心に蘇らせることができました。これは、現状にあって思った以上に大きい効果があったと思う次第です。
(投稿者の参加回が佐紀ちゃんMCの回だったからこう言ってるまでで、きっと須藤茉麻さんの回も、同じような効果があったものと思われ中)

と、そんな2回目となるハロショでのトークショーの模様は次ページ以降にて。

エンタメアライブでは、皆様からの投稿を募集しています。
詳しくはこちらを御覧ください『寄稿について

コメント

名前*必須