道重さゆみ、歌詞に託してファンを許し「いてくれてありがとう」と感謝した バースデーイベント2021

はじめに いてくれて、ありがとう

いえね、実を申しますと、『Happy大作戦』で泣いちゃって。
ついこのあいだ、Berryz工房の清水佐紀さんと℃-ute の矢島舞美さんのイベントで『白いTOKYO』で泣かされたっていうのに、ちょっと自分が心配になるくらい、最近脆くなったなと。いや、でも、『Happy大作戦』のイントロからもうヤバくて、道重さんが記念日のイベントでこの曲をチョイスしてくれたってこともヤバくて、あの「♪切磋琢磨するしかない」って前後の楽曲メインの個所で、道重さんのフリに合わせて会場の1階席のみなさんが左右に揺れてるのが見えるのもヤバくて。
それに、道重さんが休業する前のソロバスツアーのことなど、いろいろ思い出されて、恥ずかしい醜態をさらした次第です。

…というのは、イベント終盤のミニライブでの話ですが、ここまで話してしまったので、イベントの流れに関係なく先にセトリを。

道重さゆみバースデーイベント2021 ミニライブ 2公演め
01. 『ラララのピピピ
02. 『sayutopia
03. 『Happy大作戦
04. 『OK!生きまくっちゃえ

ミニライブの3曲目が『Happy大作戦』だったわけですが、それを歌い終えてから、照明が暗くなって、道重さんがステージすみっこのテーブルに駆け寄って水分補給して、それからステージの中央に戻って立ち位置を定め、照明が明るくなって、少しトークをしてからラストの『OK!生きまくっちゃえ』に進む…って流れだったんですけども、その照明が明るくなる間際、水分補給を終えてステージのセンターに戻って立ち位置を定めるときに、道重さん、幼い子供がやるように、ピョンと小さくジャンプして立ち位置を定めていて、なんだか、そんな様子を見ていて、すっかり眼から汗を流してきました。いや、あんまり言わないようにって思ってたんだけど、可愛くて泣けるって、ちょっと自分でもビックリです。

いえね、ほんとに楽しいイベントだったんですよ。
トークコーナーなどでも、道重さんの発言ひとつとっても声を出して笑っちゃうくらい面白くて(後述)。それも、わたしだけじゃなくて、周囲の客席のみなさんも、感染防止の観点から客席での発声を禁止されてるっていうのに、“思わず” って感じで「あはは」と声がでちゃうくらい、実に “面白い” 場面が連続したイベントだったんですけどね。

でも、なんだか『Happy大作戦』にやられちゃって。

そのうえ、これは後述しますけれども、ラストの『OK!生きまくっちゃえ』を歌い終わった後に、その曲の歌詞に託して道重さんが、これまた、あまりにも響くトークをしてくれたもんだから。しかも、そのトーク、なんだか当の道重さんご本人も、どことなくウルウルしてるような、泣きそうな雰囲気もあったりして、エモーショナルな空気に一層拍車がかかったりして。

後述もしますけど、上記のトーク、ミニライブ終わりのご挨拶では、道重さんは、客席に向かって、「いてくれて、ありがとう」って。もちろん、「(こんなご時世なのに)足を運んでくれて、ありがとう」とも「今でも集まってくれて、ありがとう」とも言ってくれましたけど、いろいろ総括して、ファンのみんなに、「いてくれて、ありがとう」って。
わたしたちファンの側も、イベント開催してくれてありがとうって想いの他にも、道重さゆみさんには、今でも応援させてくれて、ありがとう、って思ってるわけですから。

なんだか、自分でもよくわからないんですけど、あんなに楽しかったのに何故だか涙を流してきたという次第です。

道重さゆみバースデーイベント2021

というわけで、モーニング娘。伝説のOG、道重さゆみさんの32歳をお祝いするバースデーイベントが、道重さんのお誕生日当日の7月13日の火曜日、2年前に驚異のソロライブを敢行した Zepp DiverCity (TOKYO) にて開催されました。

当日のイベントは2回まわしですが、ようやく万障繰り合わせて参加できた「開場17:50/開演18:40」の2回目の公演にギリギリ滑り込みです。って “りんかい線東京テレポート駅から徒歩3分” って嘘だよね。

プロフィール画像を刷新したツイッターのアカウントで、道重さんは、前日からこんな嬉しいお知らせをしてくれていたというのに、(1) ギリギリで駆け込んで開演までにほとんど時間の余裕がなかったことに加え、(2) 遠い2階席というビハインド、って2つの理由のため、スクリーンに映し出されたビジョンの紹介は断念する次第です。申し訳ない。

https://twitter.com/tubuyakisayumin/status/1414589687033782272

その代わりというわけじゃないでしょうけど、入場時にフェイスガードの配布と同時に、こんな可愛い全員プレゼントがあったりして。って、こういうのを見るたびに、2回まわしの2公演めだけにしか参加できないことが悔やまれますよね。

さて、前置きがずいぶん長くなりました。
イベントの具体的な詳細はページを切り替えて次ページからってことにして、ここでは休業明けして再生以降のお誕生日イベントのレポ記事リストなどを。

エンタメアライブでは、皆様からの投稿を募集しています。
詳しくはこちらを御覧ください『寄稿について

コメント

名前*必須