つばきファクトリー 福田真琳、バースデーイベント2023 で示したのは自分の成長だけでなく…

ヘッパブーンの衣装で

この日の真琳ちゃんの衣装(各種 SNS でも飽和してるけど、とりあえず当記事アイキャッチ参照)は、オードリー・ヘプバーンを意識したんだとか。イベント中、岸本さんから「『ローマの休日』風だね」といった発言もあったりして。この衣装それ自体、非常に魅力的で、岸本さんから「背中が空いてる」といった発言もあったりして真琳ちゃんは恥ずかしがっていたんですけど、何度もイベント中にバレエ風に回転してくれて、背中も見せてくれます。

いえ、楽曲のセレクトといい、アンコールで(本人「自己満足ですけど」と言いつつ)ヴァイオリン演奏をしてくれたりと、何かと千夜一夜での伏線回収が多めだったようにも思いつつ(→ 真琳ちゃんの千夜一夜レポ)、その千夜一夜で、昔の怪獣映画が好きで、司会のエライ方の探りに対して、ちゃんとザ・ピーナッツも知ってた真琳ちゃんですが、オードリー・ヘプバーンだなんて、ほんとに、いろんなことを(まだ19歳だっていうのに)知ってますよね。真琳ちゃんが、いろいろ知ってることに、ビックリです。

で、”ヘッパブーン” ってのは、この日の真琳ちゃんの衣装に対して、リーダーの理子ちゃんが言い間違えたフレーズなんだとか(岸本さんによる暴露)。

*****

そんなシックで魅力的な衣装で登場した真琳ちゃん、まずはモーニング娘。と松浦さんの楽曲から『Do it! Now』と『100回のKISS』を披露してくれます。楽曲セレクトについては1公演めとは、ずいぶん違いがあったようではありますけど、それこそ “よく真琳ちゃん知ってるよね” ってことでは、この『100回のKISS』なんて、ほんとによく知ってるよね。

続けて、SATOYAMA SATOUMI movement ユニットのダイヤレディー(なんと Berryz の菅谷梨沙子さんと℃-ute の鈴木愛理さんのユニットだったんですよ、奥さん!|→ こちらを参照)楽曲から、岸本さんとペアで『レディーマーメイド』を歌ってくれます。

真琳ちゃんって、ほんとに小っちゃくて可愛いんですけど、ダイヤレディーの振り付けを再現していて(腰も低くて)非常に見応えがありました。お叱りを受けるかもしれませんが、時折、真琳ちゃんが愛理さんに見えたり見えなかったり。

岸本さんが一緒に歌ってくれて、そのままステージに残って、ここでご挨拶のトーク。先に述べた、男前な岸本さんによる真琳ちゃんエスコートだったり、八木ちゃんのスプーン間違え事件の暴露などは、このタイミングでございます。

さらには、19歳の抱負ってことで、パクチーを食べられるようになりたいと述べる真琳ちゃん。岸本さんが、パクチー食べられるようになったら「一緒にタイ料理に行こな」とお誘いして、そのためにも、日々、食べられるようになったかどうかをマメに連絡するようにと、真琳ちゃんは先輩に言いつけられております。

何より、岸本先輩に促されるまで「こんばんワラビー」のご挨拶を忘れていたことは、お伝えしないわけにはいかないってことで。

と、こんな辺りでイベントは企画コーナーへ。

コーナー:真琳の好きなものの話~ 2023

最初は昨年に引き続き、”好きなもの” についてのトークを。ひとつのお題については40秒程度の時間で語ること、というレギュレーションにて。

トークする “好きなもの” のお題はBOXから籤引きの要領で引くんですけど、オードリー風の衣装で、貴婦人チックな手袋をしている真琳ちゃん、なかなかスッとBOXからお題を引けません。この、手袋との戦いは、イベント中、ずっと継続して戦われていた次第。

  • 好きなボードゲーム
    • チェス!
      海外への移動中の飛行機でずっとやっていた
    • 実は、ルールわからないでやってた
      隣の豫風瑠乃ちゃんと「こうなんじゃない?」と会話しながら、テキトーに♪
    • だけど、私、けど得意かも
      ぜ~~んぶ取られても、最後に王様だけで、どこまでも逃げるから♪
    • 岸本さんより「ローマの休日っぽい♪」とのお言葉が
      それは、チェスっていうセレクトがそうなのか、知らなくても自由に遊んでるマイルールっぽさが、貴族めいてるって意味なのか
  • 好きなリトキャメ
    • 年齢差はあるのに、4人とも同級生みたい
    • 河西結心ちゃんは、可愛いマジで
    • 八木(← 「やぎ」と呼び捨て)は不思議ちゃん
    • ここで時間切れで、瑠乃ちゃんについて言及できず、「るのーーーーーーっ!」と叫ぶ真琳ちゃん
    • 延長してもらって瑠乃ちゃんについて「ぶっ飛んでるしセンスが良い」と語ります
    • 語り終わってから、岸本さんから「自分についてはどうなの?」と問われ、応じて述べるには「自分は雑なところが良い 生きるの楽ですよ」と真琳ちゃん
      いやまあ、先日の公開収録イベントの際も、いろいろ垣間見えていたけれども!
  • 台湾
    • 3~4歳のとき、住んでました
      幼稚園に通ってました… って、あたりまえか!
    • バレエを始めた場所でもあるんです♪
    • 「大好きで~す」とか、けっこう困ってる真琳ちゃん
  • 好きなヘアアレンジ
    • お団子ヘア
    • 新沼さんが2つ結びの位置で2つのお団子だけど、私は、頭の上にひとつポンっと
    • 小籠包ヘアと名付けます
    • 「是非みなさんもやってみてね」と無茶なことを言い出して、岸本さんから突っ込まれ、2人して客席に向けて「出来ない方も多い」とか言ってます
    • これは、もしや道重さゆみさん以来の、見事なハ〇いじり??
  • 好きな つばきとの時間
    • 基本、全部好きです
    • 移動のバスの中で急に始まるクイズとか合唱が好き
    • なんで、そんなものが面白いんだ?っていうようなクイズとか合唱が、秋山眞緒さんとか小野瑞歩さんとかが騒ぐと、ほんとに面白くなる
    • 岸本「私が卒業したら、ツッコミは真琳がやるんやで。まかしたで。

コーナー:真琳のお絵描きプレゼント抽選会

続いて、客席などからもらったお題に沿って、基本、お馴染みのワラビーのイラストとサインをベースに、大きな色紙に真琳ちゃんがイラストを描いて、それを客席の座席で抽選してプレゼントという企画へ。

手袋による抽選BOXとの戦いは継続しつつ、ちゃんと真琳ちゃんの後ろからのカメラが設営されて、真琳ちゃんが描いてるところがリアルタイムでスクリーンに映し出されます。さらには、従来からのアングルのカメラもちゃんとワイプで、イベントのスクリーンに正面からの真琳ちゃんの表情も表示されていたりして、意外にもファンクラブイベントで比較的丁寧な設定だと思ったり思わなかったり。

  • 小籠包
    • 小籠包ヘアの真琳ちゃん自画像的なイラストを
    • 漢字で「小籠包」が書けないと悲鳴を上げる真琳ちゃん、ひらがなで「しょうろんぽう」と書いてます
  • 岸本&八木
    • 八木ちゃんに角をつけて、山羊にしちゃう真琳ちゃん
    • 「かーけた♪」とか、細かいフレーズが、非常に可愛らしい
    • 岸本さんのイラストは右肩を強調して、”右肩の急成長” のギャグを絵に盛り込まれてしまって、何かと困ってる岸本さん
  • パクチー
    • パクチーを片手に持ってる「苦笑いワラビー」が爆誕
  • 自画像
    • 一生懸命にイラスト描いてる真琳ちゃんに、岸本さんが理子ちゃんから仕入れてきた質問を
      「今日は何時に起きましたか?」
      真琳ちゃんのお応えは「9時半くらい?」
    • 「ヘッパブーン」についての暴露はこのタイミング
      (1公演めでも、いろいろあったらしく)
      しかし、この時、理子ちゃん、上から見てたんだよね(笑)
  • 豚キムチ
    • 最後に「あと1つ」って促されて、岸本先輩から飛び出したお題
    • こんなお題にしてしまってごめんなさいと謝る岸本
      「逆にレアだと思ってください」

上のお題イラストの他、岸本さんと真琳ちゃんのポラ写真に直筆サインってところを3枚ほど追加で抽選しております。

客席の座席番号で抽選するんですけども、たとえば “7列5番” を引いて、真琳ちゃん「ひち ご さんじゅう(7×5=30)」とか口走って、横で岸本さんが「真琳は、こういうところがあるんだよねえ」とか(見逃さずに)突っ込んでいたりなど。

客席降臨とミニライブ後半と、そしてアンコール

コーナー企画を終えて、岸本さんも引っ込んで、ミニライブの後半戦。

なんと元Juice=Juice の宮本佳林ちゃんさんのオリジナルから『氷点下』を。このセレクトにはビックリでしたが、この『氷点下』で、真琳ちゃんは客席降臨してくれて、ぐるぐると山野ホールを巡回します。ええ、超近くで、それこそ手を伸ばせば触れてしまうくらいの距離で見た福田真琳さん、ほんまに小っちゃくて可愛かった。

続けて、なんとカントリー・ガールズから『ブギウギLOVE』です。
Berryz工房からの『あなたなしでは生きていけない』については、先日の25周年記念ライブで、Berryz姐さんたちと共演したリトキャメですから、なんとなく流れがわからないではないんですけど、カントリー・ガールズからのセレクトは驚きましたよね。上に真琳ちゃんの千夜一夜に言及したことを踏まえるなら、ハロプロのファン(佐藤まーちゃん推し)だというお姉ちゃんの推薦でオーディションを受けるまではハロプロに無知だったと真琳ちゃんは言ってますが、それで2回めのバースデーイベントで、カントリー・ガールズからの楽曲をチョイスしちゃうんだ。

なんだか、ほんとに、ファンとしての時間の流れ方と若きメンバーの時間の流れ方の違いが、いかにも明瞭ですよね。そして『雨の降らない星では愛せないだろう?』については、記事の冒頭で述べた通りです。

*****

一通り歌い終えて、(記事冒頭で述べた)岸本さんの感動的なご挨拶もあって、真琳ちゃんもご挨拶して引っ込んで… でも、客席は誰も帰る様子を見せません。

このとき、ステージ下手から、ひょこっと顔だけ出して(← これ、どうやって伝えれば良いんだろう!ほんとに「ひょこっと」顔だけで客席をうかがってる様子の可愛らしさ!)客席に動きがないことを確認して、真琳ちゃん、「みんな、どうして知ってるんですか!誰か(1公演めのことを)バラした?」とか言ってます。

ここでなんと、アンコールとして、ご本人が「自己満足なんですけど」と言いつつ、ヴァイオリン演奏です。真琳ちゃん当人が「あれ?まちがえた!」などと細かく自分で突っ込みながら、バッヘンバルのカノンから、ハッピーバースデーを、ヴァイオリンで。ハッピーバースデー については、客席に伴唱を半ば強要しつつ。

これが、オードリーな貴婦人衣装もあってのことか、意外なほど、雰囲気があって素晴らしかったんですけど、この(真琳ちゃん的にはサプライズのつもりもあった)アンコールでの最後のご挨拶で、それまで普通にニコニコしていたのに、急に涙を見せて固まったのは、繰り返し、記事の冒頭でも述べた通りです。

以上、報告者が参加できた限りでの福田真琳さん19歳のバースデーイベントの模様は以上の通りですが、ここで岸本ゆめのさんへ伝言です。「これからも真琳をよろしくお願いします」って、そう岸本さんは言いましたけどもね、それについては、わたしたち皆、「ご安心ください」ってお応えすると思いますよ

(文=kogonil)

エンタメアライブでは、皆様からの投稿を募集しています。
詳しくはこちらを御覧ください『寄稿について

コメント

名前*必須