More from: 岸本ゆめの

つばきファクトリー、念願のホールコンサートを5月に東名阪で開催!

つばきファクトリーが念願のホールコンサートを実現させる。それも、東名阪のホールツアーという形で。 この、メンバーにとってもサプライズとして知らされることになった “つばきファクトリー ホールコンサート開催決定” のお知らせは、2020年1月16日に池袋はサンシャイン噴水広場前で開催されていた つ…

続きを読む


つばきファクトリー9人勢揃いで大はしゃぎ、新たな謝罪芸まで誕生しちゃった “キャメリアサンタの願い事”

はじめに 何故か全国握手会の模様から つばきファクトリーのクリスマスイベントが他のハロプロのグループに先駆けて2019年12月15日に山野ホールで開催されました…が、まずはその前日に、モーニング娘。に倣って”ミニミニ”の修飾を冠して つばきファクトリーは全国同時握手会を開催しています(参考|モー…

続きを読む


【短報】浅倉樹々パフォーマンス復帰!つばきファクトリーがいよいよ疾走する兆しを見せたミニライブ&握手会イベント@池袋サンシャインシティ

はじめに むしろファンが慌てていた復帰の現場 涙に泣き濡れちゃってご挨拶も出来ないんじゃないの?と、そう予測していたんですけどね。最後のご挨拶では自分の言いたいことを適切に言葉に出来なくて困ってる場面こそありましたけど(後述)、この日、ステージパフォーマンスに復帰した浅倉樹々ちゃんは泣くこともなく、むしろ、しっかりステ…

続きを読む


ダイナミックに魅力的に成長した つばきファクトリーそのものを示す 2019秋ライブツアー『月光』その2

はじめに メンバーたちが成長しているということの意味 はじめてのお披露目、はじめてのファンクラブイベント、はじめての握手会、はじめてのリリイベ、はじめてのワンマンライブ、はじめてのライブツアー…どころか、メンバーによっては、先輩たちのツアーに帯同していた研修生のころから知っていたので、どうかすると つばきファクトリーが…

続きを読む


つばきファクトリー 2年ぶりのイオンモールつくば での “秋の感謝祭”ミニライブ&握手会イベントは、やっぱり2年ぶりのソロ祭!

はじめに つばきの歩みはハロプロの歩み?  2020年にリリースされる第六弾の新曲お披露目はまだまだ先になりそうですけど、しかし、やっぱり つばきファクトリーのリリースイベントは、いろんな意味でファン冥利に尽きるものがありますよね。めんどくさく「ファン冥利」だなんて言わなくても、端的に、とっても楽しいですし。 2019…

続きを読む


つばきファクトリー、浅倉樹々の活動復帰と2020年の第六弾シングルリリースを動画で発表!

腰椎椎間板ヘルニアの療養のため つばきファクトリーの活動から離れていた浅倉樹々が、段階的にではあるが活動を再開する。 公式サイトのニュース欄では、これまでの療養の詳細にまで踏み込んだ活動再開宣言が、事務所代表者の記名入りで公開され、本人のブログでも、療養で活動を離れている間も信じて待ち続けてくれたファンへの感謝が力強く…

続きを読む


つばきファクトリー2019秋、愛あるコールからファンの疲労困憊まで ~ライブツアー『月光』その1~

はじめに:透明感の健在から煌びやかさの上書きまで お見送りの握手会で、小野田紗栞さんの握力が復活しているように思いませんでしたか? 握手会でのグリップの強さが話題になっていた小野田さおりん。でも、ある時期から、その強力な握力は鳴りを潜めていたように思うのです(個人の感想です)。とか書くと、“ある時期からね、ああ、はいは…

続きを読む


つばきファクトリー、メンバーもファンも初のファンクラブツアーを喜ぶ気持ちが満ち溢れる “キャメリアンジャーニー” in 長野

はじめに 最初だけ言わせてください バスツアーといえば、バスの各号車の車窓をマイクロファイバータオルで装飾する(ことによって、バスの巡回する地方にハロプロの宣伝を兼ねる?)こともよく知られていますよね。しかし今般、バスの窓を飾るマイクロファイバー不足問題が持ち上がっており、いくつかの号車ではお手製の装飾用ポスターを持ち…

続きを読む


演者の成長を体感するという新体験/レポ:つばきファクトリー演劇女子部 「遙かなる時空の中で6 外伝 ~黄昏ノ仮面~」

はじめに 積み上げてきたからこそ響く魅力 ダリウス的には梓はどうでしたか? 東京公演の千秋楽(6/16)ダブル・カーテンコール(← って言うのかな?)での小片リサさん(梓役)が岸本ゆめのさん(ダリウス役)に向けて放ったセリフです(つまり、このセリフは「きしもんとしては、私、小片リサはどうでしたか?」と翻案できるわけです…

続きを読む


キャスト変更の功罪の「功」、小片リサと岸本ゆめの/レポ:つばきファクトリー演劇女子部 「遙かなる時空の中で6 外伝」

最初に結論から。いろんなことがありましたけど、そんな “いろんなこと” を受けて、しかし、こんなにも素晴らしい舞台を創り出している つばきファクトリーは、もう愛らしいばかりのユニットではありません。明らかに、つばきファクトリーはプロフェッショナルとして、腰の座った仕事ぶりを示しています。もう、初…

続きを読む